違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

違い

昼白色と昼光色の違いをわかりやすく解説!使い分け方をチェック

投稿日:

はなこ
昼白色昼光色って簡単な漢字だけどなんて読むんだろう?
意外とちゃんと読める人は少ないんじゃないかな?
たろう

 

その答えは、

『昼白色(ちゅうはくしょく)』

『昼光色(ちゅうこうしょく)』

と読みます。

LEDライトや蛍光灯の光の種類を表した言葉になります。

『照明マジック』

って聞いたことありますか?

ダメだったものがよく見える、詐欺のような言葉ですがそうではありません。

良かったものがさらに良く見える!!

ってことなんです。

そのマジックのタネは…そうです、

照明の種類

なのです。

「この光はどんなシチュエーションの時に合うの?」

「なぜ光の色が違うんだろう?」

今さら聞けない素朴な疑問を徹底解説!

ぜひお部屋の模様替えの参考にしてください。

スポンサーリンク

『昼白色』と『昼光色』の違いは?

『昼白色』と『昼光色』の違いは、

色の温度の違いに分けられたもの

になります。

明度の違いは、『W(ワット)』で表示されていますが、温度の違いは『K(ケルビン) 』で表示されています。

なので、『K(ケルビン)』は、光の色を数値化したものであり、『色温度』と呼ぶのです。

 

はなこ
なぜ温度と呼ばれるの?

 

それは、燃える炎に関係していきます。

ろうそく

炎は高温になると青っぽく見え、温度が低くなるにつれ赤系の色になるからです。

 

太陽も、1日の中でいろいろな色に変化しますよね。

実は、これも朝日や夕日の時は、約2000Kなので赤っぽく、日中は約5000Kなので白っぽく見えていたのです。

 

次に、昼白色と昼光色の温度の違いをみてみましょう。

昼白色・・・5000K

昼光色・・・6500~6700K

数字から見てわかるように、

  • 昼白色は太陽光に近い色
  • 昼光色は少し青みがかった色

となります。

 

たろう
でも照明を選ぶときに『電球色』って見かけるけど、これはなんだろう?

 

電球色の色温度は、だいたい2000~3000Kです。

なので昼白色、昼光色よりも温度が低く、温かみのあるオレンジ系の色になるのです。

以上のことを簡単にまとめると

電球色・・・温度が低いので朝日や夕日に近いオレンジ系の色

昼白色・・・昼間の太陽のような色

昼光色・・・昼間の太陽より少し青みがかった色

となります。

 

例えば

「夜の寝室なのにお日様のような光・・・」

「集中したいときなのに暖色系の夕焼けのような光・・・」

「メイクしたいのに赤っぽい光で色味が全然わからない・・・」

となってしまい、落ち着かない空間になってしまうこともありえます。

癒しの空間にしたいのか、集中して作業する部屋にしたいのかで、選ぶ照明が重要になってくることがわかりますね。

電球色、昼白色、昼光色のほかに昼白色と電球色の間に位置する光の色もあります。

白色(はくしょく)・・・4200K

温白色(おんぱくしょく)・・・3500K

昼光色とは?

昼間の太陽よりも、少し色温度の高い『昼光色』は、だいたい6500K~6700Kですね。

少し青みがかった光なので、イメージ的には、

すっきりさわやか

といった感じです。

昼光色の商品は、青系にパッケージングされているものが多いことも、なんとなく納得できます。

メーカーによっては、

『クール色』『フレッシュ色』

と表記され、その言葉通り、

クールでフレッシュな部屋にしたいときに昼光色がぴったり

というわけです。

 

はなこ
クールでフレッシュな空間ってなんだろう・・・?

 

主に読書したり、仕事や勉強をする『集中したいときに使う部屋』のことです。

なぜ昼光色が適しているかというと、昼光色の青みが重要ポイント。

昼間の太陽のような光に加え、青という光は脳を刺激し、活性化させてくれる作用があります。

脳がすっきりとし、シャキッと起きた脳ならば、

仕事や勉強も効率アップ♪

明るい光なので、手元もはっきりとみることができます。

まさしく、

職場や勉強部屋に最適な光

といえるわけです。

ですが、長い間、脳が活性化されていると人間は疲れてしまいますね。

現在では、リモコン操作で『昼光色』から『電球色』まで調節できる商品もたくさん販売されています。

シーンに合わせた使い方をしてみてください。

昼白色とは?

昼間の太陽の光に近い『昼白色』は、だいたい5000K ですね。

自然な光で、イメージ的には太陽の光が部屋の中を照らしているといった感じでしょうか。

『ナチュラル色』『マイルド色』

ともいわれ、昼白色は

疲れを感じにくい光

ともいわれています。

昼光色のように、脳に刺激を与え活性化させる作用はありません。

しかし、暗くて作業ができない!といったわけでもなく、十分に作業ができる明るさがあります。

なので、好みもありますが

  • 作業部屋などはメインの電気を『昼白色』
  • 手元などを照らすものを『昼光色』

にすることが、ベストではないでしょうか。

 

ですが、考えなければならない場所がひとつあります。

そこは、クローゼット周辺や姿見がある場所です。

『昼白色』以外の電気色では、洋服の色やコスメの色などが、実際のものと若干違く見えてしまうのです。

とくに、

オレンジ色が強い『電球色』の元では全体的に赤みが強く見えてしまい、コーディネートの邪魔をしてしまう恐れ

があります。

さらに赤みを帯びた光の元では、洋服の色あせも見逃しがちになってしまいます。

その分『昼白色』なら太陽光に近いので安心なのです。

部屋の雰囲気づくりや照明の脳に与える効果にこだわりがないのなら

『昼白色』はすべてのシーン使える便利な光

といえるでしょう。

電球色とは?

名前から想像できるように、電球の色を表し、だいたい2800K~3000K。

昼光色や昼白色に比べると、だいぶ低いことが見てわかりますね。

 

たろう
電球の色って聞くとなんだか古いイメージ・・・。

 

ひと昔前の四畳半のアパートで裸電球がポツリ・・・

なんてイメージする人もいるかもしれません。

しかし、

『電球色』は癒し効果につながる光

なのです。

まだ電気などが、まだなかった時代、夜になったら人は火を灯して生活をしていました。

夜に何かをするときはもちろんこと、暖をとったり、野生の動物から身を守ったりと、昔から火は人類から切っても切り離せないものでした。

そして火を使うスタイルは、だんだんと変化しています。

最初は焚火から始まり、火鉢や囲炉裏、あんどんやロウソクなど、

現在使われている明かりの元のすべては『火』

なのです。

『電球色』というのは、昔から伝わる『火』を連想させてくれる色。

キャンプに行って、焚火の前で火を見ながら語り合っているような、そんな雰囲気にさせてくれるのが電球色の特徴です。

 

寝室にはもちろんのこと、リビングでまったり過ごしたいときなどにも『電球色』はぴったり。

 

たちまち極上の癒しの空間に様変わりするでしょう。

しかし、リビングに対する考えは、人それぞれですね。

ホッと一息つく空間でもあり、家事などもしなければならない場所です。

なので、リビングも必ずこの色にしなければならないと考えるのではなく、

自分がリビングでどう過ごしたいかで選ぶことがポイント

になります。

 

先ほどと同様に、昼光色の間接照明を使うなどして、自分にあった部屋づくりをしていきたいですね。

電球色が与える効果は、

  • 癒し
  • リラックス
  • 落ち着き

といったところでしょうか。

さらに電球色の効果は別にもあります。

他の電気の色と違い、電球色で照らすとモノに陰影が現れます。

光の部分と影の部分で立体感が生まれるのです。

 

食べ物などは、光で飛ばされた見た目よりも、

食材一つ一つに陰影ができ立体的に見えたほうが断然おいしそう

に見えますよね!

食べ物だけでなく、食器も光によって引き立ててくれます。

食事の際テーブルの上に、電球色のライトやロウソクを置くだけで、その場の雰囲気ががらりと変わります。

いつもと同じメニューでも、照明マジックのおかげで数倍美味しく感じるかもしれません。

 

実際に、ちょっと雰囲気のあるお店のほとんどは『電球色』が使われています。

逆に回転率重視のお店などは『昼白色』が使われていることが多いです。

電球色で、リラックスされては、なかなか席が空きません。

参考

和室も『電球色』はマッチします。

陰影のおかげで、日本人のこころ『わびさび』が表現され、同じ和室でも雰囲気ある、癒し空間へと変身するのです。

『昼光色』『昼白色』『電球色』の違いのまとめ

電気の違い

これまでに分かったことをまとめてみましょう。

『色温度』の差は?

昼光色・・・約6500~6700K

昼白色・・・約5000K

白色 ・・・約4200K

温白色・・・約3500K

電球色・・・約2800~3000K

※昼間の太陽の光・・・約5500K       朝焼けや夕焼け・・・約2000K

色の違い

昼光色 少し青みがかった色 フレッシュ感のあるさわやかな色
昼白色 昼間の太陽に近い色 自然の光に近い色
電球色 オレンジがかった色 暖色系の落ち着いた色

おすすめの空間

昼光色・・・青系の光が脳を活性化させるので、職場や書斎、勉強部屋など集中して何かをする部屋におすすめ。

昼白色・・・昼間の太陽光に近い色で疲れも感じにくいので、長時間過ごす空間におすすめ。

さらに色の微妙な区別もつきやすいので、クローゼット周りや化粧台などにもおすすめ。

電球色・・・オレンジがかった暖かみのある色で癒しの空間を作り上げるので、リラックスしたい部屋や寝室におすすめ。

食事のシーンでも『電球色』の印象効果で料理がさらにおいしく見えるので、キッチンやダイニングにもおすすめ。

スポンサーリンク

さいごに

『昼光色』と『昼白色』の違いと使い分けは理解してもらえましたか?

照明の効果って、意外と大きいものなんです。

これからは何も考えず、「この色味が好きだからこの商品を買おう」ということではなく、

照明を付ける部屋の目的

を考えながら購入してみてください。

すると、今までとは違ったライフスタイルになるかもしれませんね。

最近は、LEDですべての色味を表現できる照明器具も販売されています。

LEDは電気代も安く、気分によって、すぐに光の色味を変えられるのでおすすめです。

お部屋の雰囲気を変えたい人は、家具などを変えるのではなく、まず照明を変えるだけで、まったく違った雰囲気を楽しむことができますよ。

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.