違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

疲れ

違い

キューピーコーワゴールドの種類と違いをわかりやすく解説!

投稿日:

買い物の途中に、会社帰りに、今日も立ち寄るドラッグストア。

本当に具合が悪い時には、病院に行くことでしょう。

けれど、ちょっとした不調ならば、ドラッグストアで元気になれる商品を探しますよね。

「お薬たくさんありすぎ!いったいどれがいいの?!」

となること、ありませんか?

中でもビタミン剤やドリンクといった滋養強壮剤は、驚くほどの数。

『キューピーコーワゴールド』シリーズもそうですね。

 

「効きそうだし、使ってみたいなぁ……」

 

そう思ったとき、ずらりと並ぶキューピーコーワゴールドの中から、何をどうやって選べばいいのでしょう。

今回は、そんなときの手助けになるよう、それぞれの特徴をまとめてみました。

ぜひ、あなたに最適の商品を見つけるお役に立てて下さい!

スポンサーリンク

キューピーコーワゴールドには違いがあるの?

疲労

現在『キューピーコーワゴールド』シリーズには『A』『α』『αプラス』があります。

おもに、身体の疲れに効くことをうたっている商品です。

名前にゴールドのつかない『キューピーコーワiプラス』や『キューピーコーワコンドロイザー』。

こちらは、疲労回復に加え、体の痛みにも効くことを特長としています。

どちらの症状に、より効いて欲しいのかが、選ぶ際のポイント。

そして『ゴールド』シリーズの3つにも、それぞれに異なる効果があるのです。

 

キューピーコーワゴールドの種類と値段

まずは、このシリーズの基本、『キューピーコーワゴールドA』。

7種類のビタミン、オキソアミチン末(ニンニク抽出由来成分)や塩酸アルギニンなどが体の疲れを和らげてくれます。

また『A』は、『キューピーコーワ』シリーズで、ただひとつの『医薬部外品』です。

『コンビニやスーパーなど、薬剤師さんがいないところでも購入できる』

という点が大きな違い。

『キューピーコーワゴールドα』『キューピーコーワゴールドαプラス』は、どちらも『第三類医薬品』です。

『A』とは違って、薬剤師さんのいないお店では買うことができません。

医薬品とは

病気の診断・治療・予防のための薬品。

開発・生産・使用などについて、薬事法により規制を受ける。

医薬部外品とは

薬事法に基づき医薬品と区別されている。

人体に対する作用が緩やかな薬品。

『A』と『α』。

どちらも肉体疲労を和らげ、エネルギーを回復してくれる効果は同じです。

しかし『α』には、体内の疲労物質を減らすための生薬由来の成分が加わっています。

さらに『キューピーコーワゴールドαプラス』には、血液循環とエネルギー代謝の改善という、ふたつの効果が追加されました。

血液循環のためには『トウキ』、エネルギー代謝には『エゾウゴキ』という成分が、それぞれ配合されています。

尿が黄色くなることも見られるようですが、それはリボフラビンというビタミンB2の作用なので問題はありません。

 

ここで、キューピーコーワ製品の歴史を参考までに。

1954(昭和29)年:キューピーコーワ誕生

1962年~1990年の間に以下の製品が発売されています。

  • キューピーコーワ小粒/キューピーコーワキング
  • キューピーコーワジェット
  • キューピーコーワ80
  • キューピーコーワゴールド
  • 新キューピーコーワゴールド

これ以後、1996年~2015年までにA、i、α、コンドロイザー等が誕生。

◎キューピーコーワゴールドA(医薬部外品)

・キューピーコーワi(第三類医薬品)

・新キューピーコーワゴールド(第二類医薬品。上記のものとは異なる仕様)

◎キューピーコーワゴールドα(第三類医薬品)

・新キューピーコーワi

◎キューピーコーワゴールドαプラス(第三類医薬品)

◎キューピーコーワコンドロイザー(第二類医薬品)

◎キューピーコーワiプラス(第三類医薬品)

◎印の付いたものは、キューピーコーワのホームページで、おもな製品とされています。

 

次は、気になる価格(希望小売価格)をみてみましょう。

キューピーコーワゴールドA 180錠入りで3,500円

キューピーコーワゴールドα 160錠入りで3,300円

キューピーコーワゴールドαプラス 160錠入りで3,500円

(上記3種は1回1錠、1日1~2回服用)

キューピーコーワiプラス 180錠入りで5,500円(1回2~3錠、1日1回服用)

キューピーコーワコンドロイザー 160錠入りで3,300円(1回3錠、1日1回服用)

 

キューピーコーワゴールドのおすすめは?

『ゴールド』の3つの商品は、疲労の回復がおもな効能となっています。

それに対して『iプラス』と『コンドロイザー』は、体の痛みを取ることをメインとした製品です。

これらの違いの詳細を見ていきましょう。

キューピーコーワゴールドは体の疲れに効く!

価格を比べても、あまり違いのない3種類のキューピーコーワゴールド。

ただ細かく見ていくと、それぞれに個性があるんです。

キューピーコーワゴールドA

まずは、

  • 肉体疲労
  • 眠い
  • だるい
  • やる気が出ない

などを感じた時には、これから始めてみましょう。

体内の元気の元を増やすサポートをしてくれます。

7種類のビタミンと、オキソアミチン末や塩酸アルギニンなどが穏やかに優しく効く『A』。

「ちょっと疲れたなぁ」

という時は、まず休息を。

そしてこの『A』を一緒に飲んでみてください。

キューピーコーワゴールドα

休養を取り、『A』を服用してみても疲れが取れない……。

さらにストレスなども重なって、疲労が蓄積気味の時には『α』を試してみましょう。

『A』と同様の栄養補給の役割に加え、エゾウコギ乾燥エキスがエネルギーを生み出します。

そして、さらに、オウギ乾燥エキスが疲労物質を追い出してくれます。

長時間のパソコン作業などでストレスを感じたりした時にも、おすすめです。

キューピーコーワゴールドαプラス

前述の通りαプラスには血液循環を改善するトウキ、エネルギー代謝に効果のあるエゾウコギが加わりました。

そのためさらなるパワーアップと、よりいっそうの疲労の軽減が期待できます。

疲れていてもなかなか休めない、多忙な時。

肉体疲労とストレスが、またさらなる疲労を生む――。

そんな悪循環で蓄積した疲れには、この『αプラス』をお勧めします。

ポイント

つまりキューピーコーワ『ゴールド』シリーズは、

『A』→『α』→『αプラス』

の順に効果がアップしてゆくわけですね!

キューピーコーワは体の痛みに効く!

次は、製品名に『ゴールド』のつかない、2つの製品を見て行きましょう。

キューピーコーワiプラス

キューピーコーワiプラスの特長は、

肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛に効くことです。

そして目の奥の痛みである眼精疲労に、特に効果があります。

iプラスは、肩こりが楽になるビタミンB1が主な成分です。

そこに抹消血管を広げ血流量を増やすヘプロニカートが配合されました。

さらにエネルギー代謝を改善してコリをほぐす成分も加えられています。

体の痛みや眼精疲労、肩こりをなんとかしたいのならば、おすすめはこちらになります。

キューピーコーワコンドロイザー

膝などの軟骨成分に働きかける製品です。

『コンドロイザー』の名の通り、軟骨成分に効くとされているコンドロイチンが配合されているのです。

筋肉痛に効果のある『iプラス』に対し、『コンドロイザー』は関節の痛みを緩和します。

また、鎮痛作用のあるボウイ(防已)乾燥エキス、血流を促進するビタミンEも、ビタミンB1、B12などとともに効果を上げるのです。

膝への負担を軽減したい時には、この『コンドロイザー』を試してみましょう。

ポイント

肩こり・眼精疲労には『iプラス』。

関節痛には『コンドロイザー』と覚えましょう。

スポンサーリンク

おわりに

疲れや痛みと日々戦っているあなた。

病院でもらうお薬の効果にも、人それぞれ違いがありますよね。

お試し用(1日分)の2粒入りもある、『キューピーコーワ』シリーズ。

症状に合わせて、まずは緩やかな効き目の種類から試してみてはどうでしょうか?

一歩ずつステップを上がるように、疲労回復を目指しましょう!

 

薬を使わずに済むのなら、それに越したことはありません。

けど、なかなかそうはいかないもの。

いざという時のお守りのように、常備しておけば安心できますよね。

疲れた時に頼りになる味方さえあれば、気分も前向きになれることでしょう。

あなたの疲れと痛みが解消されることを、心より願っています!

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.