違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

レンジ

その他の違い

オーブンレンジとオーブントースターの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

調理器具の中には、

『オーブン』

と名の付くものがあります。

 

その中でも、

『オーブンレンジ・オーブントースター』

は、似ている名称ですが、性能が違う機器となっているのです。

ですが、この2つを使い分けることが出来れば、

『料理の成功率をかなり上げることが出来る』

ため、きちんと違いを知っておいて損はありません。

 

そこで、今回は、

『オーブンレンジとオーブントースターの違い』

について解説します。

しっかりと使い分けたい人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

オーブンレンジとオーブントースターの違いとは?

それでは、オーブンレンジとオーブントースターの違いについて解説していきます。

この2つは、

『どうやって火を通すか』

によって、ある程度分けることが出来るのです。

オーブンレンジは、じっくり火を通す調理に向いている

まず、オーブンレンジを解説していきますが、これは、

『じっくり火を通していく調理に適した器具』

となります。

 

名称にもあるように、

  • 温度を上げて調理するオーブン
  • 食品を温めるためのレンジ

の2つを兼ね備えた器具が、オーブンレンジとなります。

これら2つは、どちらも、

『食材を、急激に焦がすようなものではない』

ため、

『食パンを焼く』

など、短時間で調理するものとは相性が悪いのです。

 

その分、しっかりと中まで火を通すことが出来るため、

  • ハンバーク
  • ローストチキン

などを作る際は、かなり優秀な働きをしてくれます。

 

分かりやすいイメージで言うと、

『焦がさずに、温かい料理が作りやすい』

ということですね。

オーブントースターは、短時間調理向け

次に、オーブントースターについて解説します。

オーブントースターは、結論から言うと、

『短時間で調理するための器具』

ということが言えます。

 

仕組みとしては、

『上下からくる放射熱』

によって、表面をこんがり焼き上げる特徴があります。

ですが、あまり長時間、熱を当てすぎると、

『食材が、あっという間に焦げてしまう』

ため、中まで火を通すような調理には向いていません。

 

オーブントースターが良く使われるものとしては、

  • パン
  • ピザ

などが挙げられます。

とにかく、

『火が通りやすく、多少焦げても問題ない食材』

を調理するときに、オーブントースターを使うようにすれば良いでしょう。

 

オーブンレンジ・オーブントースターは、使い分けが重要

オーブンレンジとオーブントースターの違いについて、解説しました。

これら2つは、

『それぞれ得意な分野』

があり、それに合わせた使い方をしていく必要があります。

 

ですが、1度覚えてしまえば、

『迷いなく使い分けることが出来る』

ため、あまり心配する必要はありません。

オーブンレンジは、蒸すと覚える

オーブンレンジが得意とする調理は、

『蒸す』

と覚えておいてください。

 

この器具は、先程も解説したように、

『オーブンとレンジの性能を兼ね備えている』

ものとなります。

これら2つは、どちらも、

『温めながら調理する』

ことが基本なので、自然と蒸し料理などが得意分野になるのです。

 

最近のオーブンレンジは、機能が充実してきたので、

『焼く』

ことも可能になってきています。

ただ、どうしても時間が掛かってしまいます。

その為、蒸し料理を作る際は、

『オーブンレンジ』

で、調理することをおすすめします。

 

また、中には、

『オーブンとレンジを、別々に購入する』

という人もいますよね。

この理由としては、

『機能が増えた分、それぞれの機能を活かしきれていない』

ということがあります。

 

オーブン機能を使った後は、レンジ機能が使えないなどの不都合が起こったため、

『別々に持っていた方が、効率が良い』

ということから、2つ持ちの人が増えているのです。

オーブントースターは、焼くと覚える

次に、オーブントースターですが、この器具は、

『焼く』

ことが得意と覚えておきましょう。

 

オーブントースターは、元々、

『パンを焼くために作られたトースターが進化したもの』

となります。

ですが、昔のトースターでは、

『パン以外の物を調理できなかった』

ため、オーブンの仕組みが追加されたのです。

 

オーブンは、

『中の温度を一定にして、食材にまんべんなく火を通す』

ものです。

それを応用して、

『上下から熱を与える』

ように設計されたものが、オーブントースターとなります。

 

また、従来の縦型を捨て、

『オーブンのように、横から入れる』

ことが出来るため、トッピングした具材が下に落ちることもなくなりました。

後は、トースターの熱で、こんがり焼くだけなので、

『食材の表面に火が行き渡りやすくなった』

のです。

 

さらには、結局のところ、

『短時間で一気に焼く』

という、トースターのコンセプトは変わっていないため、焼き料理に最適というわけです。

 

その為、オーブントースターの使い方として、

  • 茶わん蒸し
  • スープ

などを入れたりすることは、止めておきましょう。

たまに、オーブントースターで食べ物を温めようとする人がいますが、

『危ない上に、ほぼ必ず失敗する』

ため、もし見かけたら、注意するようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『オーブンレンジとオーブントースターは、それぞれの得意分野を考えて使う』

ということが言えます。

 

同じような名称が付けられていても、

『性能や特徴には、大きな違いがある』

ため、まずは、しっかりと理解を深めておく必要があります。

それが出来れば、

『調理に合わせて、2つの器具を使い分けることが出来る』

のです。

 

うまく使い分けることで、

『料理の出来にも、かなりの違いが出てくる』

ため、どんな場面で使うかを考えておくようにしましょう。

関連記事
朝食
オーブントースターとトースターの違いをわかりやすく解説!

日常的に、よく使われている調理道具として、 『オーブントースター』 があります。   これは、食材を、 『焼いたり、温めたりする』 ことができ、非常に重宝されているため、知らない人はいないで ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.