違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

恋人

その他の違い

恋人と友達の違いとは?関係の境界線と彼氏彼女へ発展させる方法

投稿日:

  • 気が合うし、会っていて楽しい。
  • 悩み相談も、飲みの誘いも気軽にできる。
  • 恋人になってもおかしくないけど、でも恋人じゃない。

こんな関係の異性を『友達』と呼びます。

 

いったい友達と恋人は、何がどう違って区別されるのか考えたことはありますか?

その境界線は、とっても曖昧です。

境界線がはっきりしないがゆえに、

恋人になれず、友達どまりの人

曖昧な境界線上の、中途半端な関係の人

も、多いのではないでしょうか?

 

そこで今日は、

恋人と友達の違いとなにか?

また、関係の境界線と彼氏彼女へ発展させる方法

を紹介していきましょう!

スポンサーリンク

恋人と友達の違いとは?

恋人

 

友達と恋人は、共通点も多いですが、根本的なものが大きく違います。

友達と恋人を分けるポイントをチェックしていきましょう。

相手を独占したいと思うか

あなたにとってたった一人の特別な存在である恋人。

そんな相手に対して、独占欲が湧くのは当然の心理です。

 

異性の友達には、独占欲は働きません。

「自分だけの友達でいてほしい」

と思うのであれば、それは友達ではなく

恋人になりたい

と思っているということです。

忙しくても会いたいか

仕事や勉強でクタクタに疲れているときに友達に誘われたら、

「また今度」

と言って断りますよね。

 

でも、恋人はどうでしょうか?

恋人に会いたいと言われたら、

多少の無理をしてでも相手に会おうと考えます。

またどんな状況でも、自分も会いたいと思えます。

疲れたとか、忙しいとかいう気持ちの別の次元に、恋人はいるのです。

一緒にいて安らげるか

友達といるのも、恋人といるのも、どちらも楽しいと感じていると思います。

 

では、

『安らげる』

は、どうでしょうか。

何も話をしなくても、傍にいるだけで安心する

これは相手に心を許しているからこそです。

恋人は、たとえ同じ部屋で別々のことをしていても、気づまりを感じないでいられる存在です。

もし、異性の友達といて安らげると感じたら、それは友達以上の好意を持っていると考えていいでしょう。

触れていたいと思うか

相手に触れたい

相手に触れられたら感情が大きく動く

こう思うのは、恋人なら当然のことです。

そこにはいつも、

「もっと近づいて親密になりたい」

という想いがあります。

 

もし、友達にそういう想いを抱き始めたら、相手に恋をし始めているのかもしれませんね。

相手の恋愛経験に嫉妬するか

相手が好きであれば、切り離せないのが嫉妬という感情です。

もし、恋人が過去の恋愛の思い出を語ったり、相手を褒めたりしたら、モヤモヤしませんか?

また、恋人が誰か他の異性と楽しそうに話していたら、複雑な気分になりませんか?

でも、異性の友達に対しては、こんな感情は抱かないでしょう。

 

恋人と友達の関係の境界線は?

恋人

恋人関係は、どちらか一方だけが思っていても成立しません。

男女ともに、

「恋人としてつき合ってます」

という意識を持って、はじめて恋人なのです。

では、何を境界線にして、ふたりとも『恋人』と認識するのでしょうか。

言葉で確かめ合っていること

言葉で確認することが、一番はっきりした境界線になります。

お互いに好きという気持ちを言葉で確認しないと、たとえ体の関係があっても、つきあっていると安心できないから。

お互いの気持ちを言葉で確認して、はじめて恋人関係の始まりです。

『ふたりで食事をするだけで付き合っている』

という認識の人もいますから、勘違いが生まれやすいです。

たしかに、人それぞれ、恋人と友達の境界線は違っています。

誤解を生まないためにも、はっきりと言葉にしたほうがいいですね。

周囲が認めていること

言葉と同様、境界線としてわかりやすいパターンです。

友達に、恋人として紹介してくれたとき、とても嬉しかったし安心した。

遊びに行くと、相手の家族に喜んで迎えられた。

きっと、つきあっていると話してくれているんだと思って嬉しかった。

周囲が認めてくれているのは、告白同様に心強いですね!

 

他にも、

キスをした

肉体関係を持った

などを境界線にあげる人も多いようです。

ただ、これらは人によって認識の違いが大きいところです。

これだけでは、不安な気持ちが残るかもしれませんね。

 

友達から彼氏彼女に発展させる方法

友達だと思っていた異性を、急に意識し始めることはよくあります。

そんな時、どのようにして、彼氏彼女に発展させればいいのでしょうか。

いつも一緒にいる

いつも一緒にいるというのは、漠然とした表現ですが、

一緒にご飯を食べたり、飲んだり、映画を観たり、そうした延長線上で、

気が付いたら、いつのまにか恋人になっていた

ということがよくあります。

ささいな共通の体験を積み重ねているうちに、お互いを意識することって多いですよね。

それも、いつも一緒にいるからこそです。

二人だけの秘密を持つ

悩みの相談にのってもらう時に

れいか
これ、誰にも言ったことがないんだけど・・・

というふうに、二人だけの秘密であることを示唆しましょう。

これは、心理学でいう『カリギュラ効果』を利用した方法です。

『この秘密、誰にも明かさないこと』

という禁止事項を与えることで、特別な感情が生まれます。

特別扱いをする

友達の関係から恋人へと昇格させたい

と思ったら、

相手を特別扱いするのもいい方法です。

誰でも、特別扱いされて悪い気はしませんし、好意的に受けとめます。

「あなたのことを大事に思っている」

という気持ちが、相手に伝わったら、友達から抜け出すまであと一歩です。

スポンサーリンク

 

まとめ

恋人と友達の違いとは?(恋人と友達を見分けるポイント)

相手を独占したいと思うか?

忙しくても会いたいか?

一緒にいて安らげるか?

触れていたいと思うか?

相手の恋愛経験に嫉妬するか?

恋人と友達の関係の境界線

言葉で確かめ合っていること

周囲が認めていること

彼氏彼女に発展させる方法

いつも一緒にいる

二人だけの秘密を持つ

特別扱いをする

恋人と友達には大きな隔たりがあることがわかりました。

でも、関係には発展があります。

自分の気持ちを見極めたら、言葉にして伝えてみましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.