違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

生タラ・真ダラ・銀ダラ・甘塩タラの違い!値段や美味しさを紹介!

更新日:

魚を買うとき、

「同じ魚でも、見た目や味が違って分からない」

という人もいるのではないでしょうか。

 

また、

「料理法やよく似ている魚は、何が違うのか」

と思う人もいるでしょう。

見分けがつきにくいことが多い魚ですが、その中でも、

『タラ』

は、違いに気づきにくい魚となっています。

 

そこで、今回は、

『タラの種類と違い』

について紹介します。

しっかりと見分けるためにも、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

生ダラ・真ダラ・銀ダラ・甘塩タラの違いや値段は?

タラと言えば、

『タラ目タラ科タラ亜科』

に属する魚として、昔からよく食べられてきた魚です。

 

種類としては、

  • 真ダラ
  • スケトウダラ
  • コマイ

が、日本ではよく見られる品種なります。

 

これらのタラは、

『提供方法で呼び名が変わる』

ことが多いため、1つずつ紹介していきます。

生タラ・真ダラ

まずは、タラのうち、

『生タラ』

と呼ばれるものを紹介します。

 

生タラは、いわゆる、

『真ダラ』

を表すものであり、どちらも同じものと思って大丈夫です。

他の名前としては、

『ホンダラ』

という呼ばれ方もしています。

 

昔から、日本では食べられている魚であり、

『深海に住んでいることが多い』

ので、底引き網などで漁獲されることが多いです。

 

寒冷地に住んでいることから、漢字は、

『鱈(たら)』

と書いて、寒いときに降る雪の字が使われています。

 

食べる時は、刺身というよりも、

  • 鍋料理
  • 干物
  • 揚げ物

などにされることが多いです。

他にも、加工品の材料としても使われています。

 

また、内臓を使って、

『塩辛』

にしたものも有名であり、よく食べられていますよ。

 

生タラ・真ダラの値段は、状態にもよりますが、

500グラム1,500円

くらいが相場となっています。

旬の時期は、

10月~3月

になるので、その時に探してみることをおすすめします。

銀ダラ

次に紹介するのは、

『銀ダラ』

となります。

 

銀ダラという名前なので、

『他のタラと同じ種類と思われがち』

ですが、そうではありません。

 

銀ダラの種類は、

『カサゴ目ギンダラ科ギンダラ属』

となっています。

カサゴの仲間であり、ギンダラ属なので、

『他に銀ダラという品種はいない魚』

となっています。

 

見た目がタラに似ているのですが、

『深海魚』

という点は、タラと同じです。

主に、タラの代用品として使われることが多く、

『見た目が黒っぽい』

ことから、見分けは意外とつけやすくなっています。

 

代用品とはいえ、その味には定評があり、

1切300~600円

くらいが相場となっています。

 

昔は、まだ安かったのですが、

『需要が増えた』

ことから、値段も上がるようになっていきました。

 

調理法は、

  • 塩焼き
  • 味噌漬け
  • 煮つけ
  • 刺身
  • 揚げ物

などがおすすめです。

美味しい魚なので、食べてみてくださいね。

甘塩タラ

同じタラでも、

『甘塩タラ』

というものがあるのを知っているでしょうか。

 

よく魚を買う人は知っていると思いますが、

『生タラに少し細工をしたもの』

となります。

 

とはいっても、そこまで難しいことをするわけではなく、

『3枚におろしたタラを塩水に漬けるだけ』

となっています。

ですが、お店で販売している甘塩タラのような味は、

『素人では、なかなか再現できない』

とされているため、買った方が美味しく食べられるでしょう。

 

甘塩タラは、

500グラム700~800円

程度が相場となります。

 

料理として使う場合は、

  • 鍋料理
  • 炒め物
  • 焼き料理
  • 炊き込みご飯
  • スープ

などがあります。

どんな料理に使っても合うので、ぜひ買ってみてください。

 

タラを食べるなら、1尾丸ごと買った方が良い

タラ 丸ごと1尾 買うべき

生タラ・真ダラ・銀ダラ・甘塩タラについて紹介しました。

それぞれのタラに違いがあり、

『調理方法によって、さらに美味しく食べられる魚』

となっています。

 

ですが、タラを買う時、大抵の人が、

『切り身を買っている』

のではないでしょうか。

それでも問題はないのですが、出来るなら、

『タラを丸ごと買う』

ことをおすすめします。

 

タラは、切り身だけでなく、

『内臓系』

も美味しく食べることが出来る魚です。

特に、タラに含まれている、

  • 白子
  • 真子

などは、美味しい部位としておすすめですよ。

 

下処理方法も、比較的簡単に出来るため、

『試しに丸ごとタラを買う』

ことも、検討してみてはいかがでしょうか。

タラを1尾丸ごと買った場合の相場

タラを丸ごと買う場合、

『季節や状態によって、相場が変わってくる』

ことになります。

 

白子入りのタラは、

1~2キロ2,000~3,000円

が相場となっています。

これが、白子なしであれば、

1,000~1,500円

くらいが相場になります。

 

ですが、せっかくタラを美味しく味わうなら、

断然、白子入りを選ぶ

ほうが良いでしょう。

さばき方が、よく分からないという人もいますが、

『少し調べれば、さばき方が載っている』

ため、挑戦してみることをおすすめしますよ。

タラのさばき方を見たい人は、コチラでも紹介されているので、参考にどうぞ。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『タラは、多少の違いがあっても美味しく食べられる』

ということが言えます。

 

スーパーなどで、よく見ることが多いタラですが、

『それぞれ少しずつ違いがある』

ため、一概にどれが良いかは決めることが出来ません。

ですが、あらかじめ違いを知っておくことで、

『タラを余すことなく味わうことが出来る』

ようになるでしょう。

 

今回の記事を参考にして、

『少しでもサバを美味しく食べられる』

ようにしてみてくださいね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.