違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

違い

ミミズクとフクロウとコノハズクの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

猫カフェや爬虫類カフェなど、動物と触れ合うカフェは、依然人気があるようです。

そんなカフェの中に

フクロウカフェ

というのもありますよ!

 

実は、フクロウは、流行りを超えて昔から根強い人気があるのです。

 

フクロウは、漢字で『梟』と書きます。

他に、縁起物として、

『不苦労』

『福来郎』

といった当て字が用いられることもあります。

こういった当て字は、日本人のフクロウへの好意が表れている証ですね!

 

さて、フクロウといえば、

「ホーホー」

と鳴く、丸いフォルムの夜行性の鳥を思い浮かべますよね。

 

でも、あなたがフクロウだとイメージしている鳥は、

もしかしたら、

『ミミズク』

『コノハズク』

ではありませんか?

 

フクロウとミミズク、コノハズクは、とてもよく似た鳥です。

違いのポイントを知らないと、この鳥たちを区別するのが難しいでしょう。

 

そこで今日は、ミミズクとフクロウとコノハズクの違いをわかりやすく解説していきます!

スポンサーリンク

フクロウとミミズクとコノハズクの生物学上の違い

フクロウもミミズクも、コノハズクも、

『フクロウ目(もく)フクロウ科に属する鳥』

であり、生物学上では同じで、違いはありません。

 

『フクロウ』は、フクロウ目(もく)に分類される猛禽類全般を指しています。

つまり、フクロウもミミズクもコノハズクも『フクロウ』なのですね。

 

でも、呼び名に違いがあるのは、同じフクロウでありながら、それぞれに違った個性があるからです。

その違いを知れば、フクロウとミミズク、コノハズクを見分けることができますよ。

 

フクロウとミミズクの違い

フクロウとミミズクには、

はっきりわかる違い

があります。

それも、肉眼で確かめられる違いなんです。

フクロウとミミズクの羽角(うかく)の違い

フクロウ目フクロウ科の鳥の中で、

  • 羽角(うかく)のある種をミミズク
  • ミミズク以外の種をフクロウ

と呼びます。

 

羽角(うかく)とは、頭の左右にある、羽毛の一対の束のことです。

この羽毛の束が、耳のように見えることから、羽角がある種は『ミミズク』と呼ばれます。

 

ちなみに、『ツク』というのは、古語で『フクロウ』のことを指しています。

なので、耳がツクからミミヅク、それが、現代仮名遣いとなって『ミミズク』になりました。

つまり耳のあるフクロウがミミズクなのです。

 

ミミズクは英語で、

『horned owl(ホーンド アウル)』

これを訳すと

『角(つの)のあるフクロウ』

となります。

この羽角(うかく)の個性は、どこでも目を引くようですね!

 

羽角(うかく)には例外もある!?

フクロウとミミズクには、羽角(うかく)のあるなしで区別できない種もあります。

 

例えば、名前に『ズク』がついても、アオバズクには、羽角(うかく)がありません。

反対に、シマフクロウは、名前に『フクロウ』がついても羽角(うかく)があります。

 

このように例外もありますが、基本的には羽角(うかく)のあるなしで、フクロウとミミズクは区別できると考えられます。

 

ミミズクとコノハズクの違い

コノハズクは、ミミズクの一種です。

 

コノハズクの体長は、およそ20cmほどで、日本に飛来するフクロウ目では最小です。

また、コノハズクは、ミミズクの特徴でもある羽角(うかく)があります。

 

さらに、

目が黄色い

というのも特徴です。

 

この小さくて愛らしいコノハズクは、愛知県の県鳥に指定されていますよ。

 

フクロウとミミズクとコノハズクの画像で見る違い

同じフクロウ目フクロウ科でありながら、羽角(うかく)や、目の色など、違いがあることがわかりました。

では、ここで、その違いに注目しながら、画像をご覧いただきましょう。

フクロウの画像

シマフクロウ

シマフクロウ

全長66~69cm、翼開帳180cmに達する、日本最大級のフクロウです。

フクロウですが、羽角(うかく)があります。

カラフトフクロウ

カラフトフクロウ

全長61~68cm。

全体的に灰色をしています。

コキンメフクロウ

コキンメフクロウ

体長が23~27.5cmほどの、小さなフクロウです。

ミミズクの画像

ベンガルワシミミズク

ベンガルワシミミズク

大型のミミズクの中では、飼育する人が多い人気のある鳥です。

『ミナミワシミミズク』とも呼ばれています。

コミミズク

コミミズク

全長40cm前後。

羽角(うかく)が短いことが、コミミズクという名前の由来です。

コノハズクの画像

アフリカオオコノハズク

アフリカオオコノハズク

体長19~24cm。

威嚇して大きくなる時や、擬態して細くなる体の変化が大きいことで知られています。

ヨーロッパコノハズク

ヨーロッパコノハズク

体長15~20cm。

重さは60~120gで、なんと生卵一個から二個分くらい!

小さくて軽くてかわいいコノハズクです。

 

フクロウとミミズクとコノハズクの鳴き声の違い

フクロウやミミズク、コノハズクは、夜行性の鳥です。

暗闇の中から聞こえる、彼らの鳴き声を聞いたことがありますか?

いったいどのような鳴き声なのでしょうか。

フクロウとミミズクの鳴き声

暗い夜、遠くから、

「ホー、ホー」

という鳴き声が聞こえたら、この声はフクロウやミミズクの声です。

「ホッホッホッ」

と、短く連続して聞こえることもあります。

 

フクロウの雄には、喉袋があり、それを震わせて「ホーホー」と鳴くのだとか。

なんと、その鳴き声は、2キロメートル先まで届くそうです!

 

対して、雌には喉袋がありません。

なので、短く

「ホッホッホッ」

と鳴き、その鳴き声の届く範囲は、100メートルくらいだと言われています。

コノハズクの鳴き声

コノハズクは、鳴き声に特徴があって、

「ブッポウソウ」

と鳴きます。

 

この鳴き声は、長年、『ブッポウソウ』という名前の、コノハズクとは別の鳥の声だと考えられていました。

 

でも、あるラジオ番組をきっかけに、

「ブッポウソウ」と鳴くのはコノハズク

であることが確認されたのです。

実は、ブッポウソウという鳥は、「ゲッゲッゲッ」という濁った声で鳴くそうですよ。

スポンサーリンク

まとめ

フクロウとミミズク、コノハズクは、

フクロウ目フクロウ科に属する猛禽類

で、生物学的には同じです。

フクロウとミミズクの違い

基本的に、羽角(うかく)があるかないかで判断します。

羽角(うかく)とは、頭の左右にある、羽毛の一対の束のこと。

一部例外もありますが、

羽角(うかく)のある種を『ミミズク』 

ミミズク以外を『フクロウ』

と呼びます。

ミミズクとコノハズクの違い

コノハズクは、ミミズクの一種です。

コノハズクは体長20cmほどで、日本に飛来するフクロウ目では最小の鳥です。

また、鳴き方に特徴があり、

「ブッポウソウ」

と、鳴きます。

 

フクロウは、『森の賢者』といわれ、知恵の象徴とされています。

映画『ハリーポッター』に登場して、ますます人気者になったフクロウ。

その姿は哲学的で、威厳さえ感じられますね!

関連記事
鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トンビ)の違いは何?見分け方を解説!

空高く、悠々と羽を広げて飛ぶ鷲(ワシ)や鷹(タカ)、鳶(トビ/トンビ)の姿を目にしたとき、その自由なさまに心が奪われた経験がありませんか? まるで『空の王者』といっても過言ではない、その風格。 &nb ...

続きを見る

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.