違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

さつまいも

違い

紅芋とさつまいもと紫芋の違いをわかりやすく解説!産地や味をチェック

「色の違いではないの?」

名前で考えてみれば。紅色と紫色……。

しかし、さつま色という色は存在していません。

『さつまいも』は、焼き芋でもおなじみです。

また、地域によっては『紅芋』を『紫芋』と呼んでいます。

『紅芋』=『さつまいも』

と認識されているところもあるのです。

 

実は、これらにはちゃんとした違いがあります。

それほど複雑な話ではありません。

 

本記事では、産地や味など『紅芋』『さつまいも』『紫芋』の違いについて解説していきますよ。

思わず「なるほど!」と唸ってしまうかも!?

スポンサーリンク

『紅芋』『さつまいも』『紫芋』はどこで見分けるの?

蒸し芋

蒸し芋

外見は、ほとんど変わりません。

なので、見分けるのは至難の業……。

『さつまいも』の皮は『赤紫色(紅色)』。

『紅芋』も皮は同じく『赤紫色』。

『紫芋』は、ほかの2つより少し紫色が濃い。

しかし、3つを並べてじっくり見比べると、

なんとなくその違いがわかるかな……

という程度の差です。

 

次に断面を比べてみましょう。

『さつまいも』は白っぽい黄色。

『紅芋』は中身も赤紫色(紅色)。

『紫芋』は鮮やかな紫色。

また、『柴芋』は赤みを帯びた紫色にも見えます。

ちなみに、『紅芋』には、沖縄産の『備瀬(びせ)』という品種があります。

これは皮の色が白く、中身が赤紫色です。

中身の色は、外見より違いがあります。

とはいえ、外見も断面も違いはわかりづらいですね。

買い物では断面は見られませんし……。

 

ただ、『紅芋』と『紫芋』には決定的に違う部分があります!

『さつまいも』と比較しながら見ていきましょう。

『紅芋』と『さつまいも』の違いはココ!

『紅芋』と『さつまいも』の最大の違いは、

『さつまいも』と種類が違う

ということです。

『紅芋』は『さつまいも』ではなく、『ヤムイモ』の一種です。

『ダイジョ』など、沖縄の熱帯地方で古くから栽培されている品種があります。

これも『ヤムイモ』の一種です。

『紅芋』は、その『ダイジョ』のさらに下層に分けられます。

『ダイジョ』は、中身の色が赤紫や白いものがあります。

その中でも赤紫色の種類を『紅芋』といいます。

 

ちなみに『紅芋』という呼び方は沖縄特有のものです。

『ダイジョ』自体は沖縄県で『ウベ』というフィリピン語で呼ばれています。

また、『ダイジョ』の産地である鹿児島県の奄美では『こうしゃまん』といいます。

呼び方はなかなか複雑ですね……。

『紅芋』と『さつまいも』の味の違いは?

『紅芋』の味は、甘さがあり

『さつまいも』と変わりません。

調理法も『紅芋』は焼いたり蒸したり、お菓子作りに使ったり……。

『さつまいも』と同じですね。

『紫芋』とは?『さつまいも』とはココが違う!

『柴芋』と『さつまいも』の違いは、見た目にあります。

外見も中身も紫色をしているのが『柴芋』。

中身が白いのが『さつまいも』です。

なお、『柴芋』は『さつまいも』の一種です。

種類が違うのは、先ほどご紹介した『紅芋』だけなんですね。

『紫芋』は、主に加工用として使われています。

食品の色付けやお酒の原料、ペーストやパウダー状にして、ケーキやタルトなどのお菓子になります。

そのため、加工される前より、加工品の姿を見かけることが多いです。

『柴芋』と『さつまいも』の味の違いは?

『紫芋』は、『さつまいも』や『紅芋』に比べて、

あまり甘さはありません。

先ほど紹介したとおり、焼き芋や蒸し芋ではなく、加工品として使用されます。

見た目重視ということですね。

しかし、焼き芋や蒸し芋として、そのまま食べられるように改良された、甘い種類もあります。

これらは『パープルスイートロード』『種子島紫』などと呼ばれています。

カロリーに違いはあるの?

実は、3種類のカロリーに差はほとんどありません。

どれも

『100グラムあたり133キロカロリー前後』

とされています。

入手できる場所もさまざま

一般的なスーパーなどに多く並ぶのは『さつまいも』。

よく見かける『お芋』です。

ネットの通販サイトなどでは『紅芋』が使われた加工品が多く出ています。

お菓子や焼酎が人気です。

『柴芋』は、製菓用のパウダーやペーストとして出回っています。

輸入食品専門店や100円均一ショップでも手に入れることができます。

『紅芋』や『紫芋』はなぜ紫っぽい色をしているの?

『さつまいも』に比べ、

『アントシアニン』

という色素成分が多く含まれているからです。

きれいな紫色が出るため、お菓子などの加工に重宝されます。

しかし、それ以外の効果でも『アントシアニン』はかなり優秀なんです!

抗酸化作用

がんの原因や生活習慣病を引き起こす可能性のある『活性酸素』の発生を抑制します。

老化や病気から体を守ってくれる!

視力改善作用

目のかすみや疲れ目にも効果あり!

コラーゲンを安定させる

紫外線を吸収する働きがあります。

美肌、美白にもおすすめの食材なんです!

  • 免疫力の向上
  • 肝機能を高める効果

その他諸々、体にいい成分がたくさん含まれているんですね。

 

『紅芋』『さつまいも』『紫芋』の持ち出しに注意!

現在は、ネットなどでなんでも取り寄せることができます。

ただし、生の状態の『紅芋』『さつまいも』『紫芋』を、

沖縄や奄美大島などから持ち出すことは禁止

されています。

沖縄や奄美大島が産地の『さつまいも』などには、

本州にはいない害虫が寄生していることが多いからです。

寄生しているのは中身のため、外見では安全かどうか確認しづらいのです。

そのため、持ち込む際には『蒸熱処理』という水蒸気による消毒をする必要があります。

ネットなどで販売されているものは、すべて防疫処理済みです。

メモ

『蒸熱処理』は低温で行われるため、蒸し芋にはなりません。

みんな似ていてちょっと違う!3つの違いのまとめ

では、改めて『さつまいも』『紅芋』『紫芋』の違いをまとめてみましょう!

種類の違い

『さつまいも』

ナス目ヒルガオ科サツマイモ属。

一般にいう『さつまいも』です。

『紅芋』

ユリ目ヤマノイモ科ヤマノイモ属。

『さつまいも』の仲間ではありません。

『ヤムイモ』の一種の『ダイジョ』という品種、かつ『ダイジョ』の中でも『中身が赤紫色』のものを指します。

外見は白く、中身が赤紫色の品種もあります。

紫芋

ナス目ヒルガオ科サツマイモ属。

中身は白ではなく紫色。

味の違い

『紅芋』

『さつまいも』に似て、甘くておいしい品種のものが多いです。

ただし、品種によって甘さが異なります。

例えば

『宮農36号』(沖縄産)

甘みがかなり強い品種。

皮、断面はともに赤紫色です。

『備瀬』(沖縄産)

『宮農36号』より甘さは控えめ。

きめが細かく、クリーミーな食感。

皮が白く、断面が赤紫色です。

『紫芋』

『さつまいも』と違って甘さが控えめ。

品種は『アヤムラサキ』『ムラサキマサリ』『アケムラサキ』など。

加工用に使われることが多いです。

なお、『パープルスイートロード』『種子島紫』『種子島ゴールド』など。

『柴芋』の中でも甘い品種もあります。

スポンサーリンク

おわりに

『さつまいも』と『紅芋』と『柴芋』。

見た目はほとんど同じです。

しかし、違いは断面にありました。

ただ、断面だと、スーパーでは見分けがつかない……。

 

呼び方も地域によってさまざまです。

例えば、『紅芋』は『ダイジョ』という品種の一種です。

しかし、沖縄では『ダイジョ』=『紅芋』と認識されていることもあります。

混乱しますよね……。

ちなみに農林水産省によると

2つに違いはない。

地域による呼称の違い。

とのこと。

 

また、味にも違いがありました。

品種にもよりますが、甘さが違います。

甘さによって、調理法の違いにも繋がっています。

焼き芋、蒸し芋、お菓子や焼酎など……。

加工品にも使われ、見えないところでも大活躍しています。

見た目は同じですが、それぞれの個性があるのです。

この違いをよく知って、それぞれをおいしく食べられるといいですね。

特徴に適した食べ方で、お芋のようにほっこりしてくださいね。

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.