違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

女性

その他の違い

理念と方針と目標の違いをわかりやすく解説!正しい使い方を具体例で紹介!

投稿日:

就職活動や、実際の仕事などで、よく耳にする言葉として、

『理念・方針・目標』

があります。

 

これらの言葉は、

『どうやって仕事をしていくのか』

を決める、とても重要なものとなっています。

また、仕事以外にも、

『何かしらの活動をするときに必要となる』

ものです。

 

ですが、これらの言葉は、

「同じような意味で、違いが分からない」

と感じている人も、多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は、

『理念・方針・目標の違い』

について解説します。

意味をしっかりと理解して、仕事に活かしてみるようにしましょう。

スポンサーリンク

理念・方針・目標の違い、使い方とは?

理念・方針・目標には、それぞれ、

『何かの活動をする上で、必要な要素が含まれている』

ものです。

 

そして、これらがしっかりしていればいるほど、

『個人や団体の練度が上がる』

ことにもなります。

理念とは、『物事の根本を表すもの』

まず、理念について解説します。

よく、

『企業理念』

という言葉を耳にするでしょう。

これは、企業が活動する上での根本を表すものになるのです。

 

理念というのは、

『個人や団体が、こうあるべきだと考えるもの』

を指しています。

つまり、

理想とする姿そのもの

ということです。

 

例えば、

  • 誰よりも素早く仕事をこなす会社であるべき
  • 結果を常に出し続けるべき
  • 人にやさしくするべき
  • 強くあるべき
  • 努力を惜しまず働くべき

など、自分または団体が、こうあるべきと考える姿が、理念なのです。

大抵は、このような理念を支えにして、

『何かしらの活動をする』

ことが、一般的になっています。

 

逆に、理念がない場合は、

『宙に浮いた状態』

となりがちで、流れに身を任せることが多いです。

こうしたことも、ある意味で理念ではあるのですが、やはり、

『明確な形』

を求めたほうが、人は動きやすいものです。

理念という言葉を聞いたときは、

『人や団体があるべき姿』

という認識を持っておきましょう。

 

理念の、主な使い方としては、

  • 企業理念を大切にする
  • 経営理念が確立している
  • 理念を持って行動する

などがあります。

方針は、『大まかな方向性』

次に、方針について解説していきます。

理念が、人や団体のあるべき姿なら、方針は、

大まかな方向性

を指すものと言えるのです。

 

何かをするとき、

『どのように動いていくのか』

を決めていなければ、上手く動くことが出来ません。

これは、どんなことにも当てはまるものであり、

『何に向かって行動するのか』

ということは、とても重要になります。

 

方針が決まっているときは、

『その方向に向かって活動する』

ため、特に問題は起きません。

ですが、進むべき方向がはっきりしなければ、

『全くお門違いの方向に進んでしまう』

ことになり、これでは、何の意味もなくなってしまうのです。

 

いくら有能な人材であっても、

『方針に沿って動かなければ、いないのと同じ』

であり、それだけ、方針決めは重要だということです。

細かいことは、決めなくても良いですが、

『何を目指しているのか』

は、はっきりさせておくようにしましょう。

 

方針の主な使い方は、

  • 企業の方針を示す
  • 新しい方針を考える
  • 方針に従う

などがあります。

目標は、『時間と結果』

理念が固まり、向かうべき方針が決まった後は、

『目標』

を定めることになります。

 

目標とは、

何かを達成する際の時間と、求める結果

であり、より具体的な内容が求められるのです。

 

例えば、

『週末までに、2キロ痩せたい』

というのも、立派な目標ということが言えます。

これは、

『週末という時間と、2キロという結果』

が揃っており、こうした具体的な事を決めるからこそ、何をすべきかを考えることが出来るのです。

 

これが、

『ある程度の期間で、なるべく痩せる』

になれば、目標というより、方針になります。

 

人は、

『明確な目標を立てると、それを達成するために努力する生き物』

です。

その為、ある程度の理念と方針が決まれば、

『目標を立てるべき』

だと言えるでしょう。

 

目標の主な使い方は、

  • 目標を実現する
  • 目標を定める
  • 目標とする人物

などがあります。

 

理念・方針・目標は、セットで決めておく

男性

理念・方針・目標について、解説しました。

これらの言葉は、

『それぞれ意味があり、決して同じものではない』

ため、別々に考えることをおすすめします。

 

そして、さらに重要になるのが、

『理念・方針・目標は、常にセットで考える』

ということです。

理念・方針・目標を決めておけば、盤石の態勢を築ける

先程、

『理念・方針・目標を別々に考える』

と説明しましたが、これはあくまで、意味としてだけです。

 

これら3つの言葉は、意味を理解した上で、

『それぞれをセットで考える』

ことにより、さらなる効果を発揮するものとなります。

 

イメージとしては、

  • 理念を、行動原理
  • 方針を、目指す方向
  • 目標を、具体的な内容

と考えてください。

 

人が、何かを行うときは、必ず、

『行動原理』

が必要になります。

これが無ければ、人は行動を起こしません。

 

次に、行動原理に沿った方針を定める必要があります。

方針を決めなければ、

『行動原理が、全く違う場所に向かってしまう』

ことになるでしょう。

 

そして、最後に、

『行動原理と方針に沿った、目標』

を決めることで、何をすれば良いかを、明確に理解することが出来ます。

目標がなければ、

『何かをしたくて行動しても結果が出にくい』

ため、長い期間、さまよい続けることになるでしょう。

 

また、目標と理念があっても、方針がなければ、

『進むべき方向が分からず、結果を出せない』

という事態にも陥りかねません。

さらに、理念がなければ、

『いくら正しい方針と目標があっても、達成感がない』

ため、次第に何も出来なくなるでしょう。

 

つまり、理念・方針・目標は、

『1つも欠けてはいけないもの』

なのです。

企業や団体などが、これら3つを定めている理由は、こうしたところにあるのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『理念・方針・目標は、切っても切り離せない関係』

ということが言えます。

 

人が行動する上で、

『理念・方針・目標を決めることは、かなり重要なこと』

であり、多くの企業や団体は、それが分かっています。

ですが、それでも上手くいかないのは、

『最適な理念・方針・目標が決められていない』

からなのです。

 

逆に言えば、この3つを上手く決められれば、

『何事も上手く行く』

ということになります。

理念・方針・目標を上手く決める能力は、

『人生において、かなり重要な役割を果たす』

ものになるため、しっかりと考えてみましょう。

関連記事
男性
経営理念とビジョンの違いをわかりやすく解説!正しい使い方を具体例を交え紹介

企業を経営する上で、とにかく重要と言われるものに、 『経営理念とビジョン』 があります。   どんな企業にも、同じように定められているものであり、 『企業の形を決める、重要なもの』 だと言え ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.