違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

ギフトとプレゼントの違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方とは?

『ギフト』と『プレゼント』は、どちらも

『贈り物』

という意味です。

 

プレゼントもギフトも、特別な日の記念や、お祝いに贈ることが多いもの。

また、時には、円滑なコミュニケーションを促すためや、社会的な付き合いのためにも使われます。

 

でも、実はそのプレゼントとギフトには、使い分けがあることを知っていますか?

相手に想いや感謝を込めて贈るものだからこそ、きちんと意味や使い方の違いを知った上で贈り物をしたいですよね!

 

そこで今日は、ギフトとプレゼントの違いと、正しい使い分け方をわかりやすく解説していきましょう!

スポンサーリンク

プレゼントとギフトの意味の違い

プレゼントと花束

プレゼントとギフトは、もともとは、英語の

『present(プレゼント)』と『gift(ギフト)』

からきている和製英語です。

すでに日本語としての地位を確立していますよね。

 

このふたつの言葉は、誰でも理解できる日本語としてすっかり浸透してます。

では、それぞれの意味の違いをみてみましょう。

プレゼントの意味

贈り物・進物・贈り物をすること。

辞書をひくと、プレゼントの意味はこうなります。

ギフトの意味

贈り物・進物

ギフトも、辞書には、プレゼントと同じ意味が載っていますね。

 

みさと
では、どちらを使ってもいい?

 

いえいえ、意味は一緒でも、いざ贈る時には違いがありますよ。

それは、感覚や、慣習の違いからくるものと考えられます。

 

プレゼントとギフトを贈る対象の違い

『贈り物』には、贈る人と受け取る人がいます。

プレゼントとギフトには、贈る相手に違いがあるのでしょうか?

プレゼントを贈る対象

プレゼントは、親しい間柄の人に対して送ります。

たとえば、恋人や友人、家族などですね。

 

感謝やお祝い、好意など、私的な感情を込めてプレゼントを贈ることが多いです。

プレゼントには、渡す人の積極的な感情があって、受け取る人もそれを感じ取ります。

 

なので、贈り物そのものではなく、それを渡す時のシチュエーションやメッセージなども、大切なプレゼントの一部です。

 

他にも、プレゼントは、同等の関係の人、または下位者から上位者に贈られるとされる考え方もあります。

でも、この考え方は、プレゼント文化の多様化で、現在では当てはまらない場合も多くあります。

例えば、親から子供へプレゼントを贈るときは、この考え方は当てはまりませんね。

このように、現在においては、下位から上位へという厳密な決まりはありません。

ギフトを贈る対象

ギフトは、プレゼントよりもフォーマルな意味合いが強くなります。

会社関係や親戚などに、社交上の慣例として贈ることが多いでしょう。

 

ギフトは、プレゼントよりも、格式ばった贈り物と考えられます。

例えば、お中元やお歳暮などのギフトは、贈る際に、失礼にならないようマナーをわきまえる必要もあります。

このようなギフトの場合、品物のブランドや値段も考えて贈られることが多いでしょう。

 

また、フォーマルなギフトは、プレゼントのように、強い特別な感情が込められているとは限りません。

なので、手渡しではなく郵送などを利用することも多いですね。

 

もともと、ギフトの語源である、英語の『gift(ギフト)』は、『天から授かった才能』という意味があります。

そう考えると、ギフトは

目上の人から目下の人へ贈るというのが本来の使い方である

といえるでしょう。

でも、お中元やお歳暮ギフトなどを考えると、目上から目下へという意味では、厳密には捉えられていないようですね。

 

プレゼントとギフトの使い分け

お歳暮ギフト

プレゼントとギフトは、同じ、贈り物という意味でありながら、それぞれ違う側面があることがわかりました。

では、いったい、どのように使い分けられているのでしょうか?

プレゼントとギフトという言葉の使い方の違いをみてみましょう。

プレゼントの使い方

誕生日プレゼント 

クリスマスプレゼント 

サプライズプレゼント

ギフトの使い方

お歳暮・お中元ギフト

ギフト券 

ギフトカタログ

 

このような言葉の使い分けから、

  • プレゼントは、私的な関係性が強いもの。
  • ギフトは、オフィシャルで格式ばったもの。

という感じが伝わってきます。

 

例えば、

「彼女にプロポーズするのに、なにかプレゼントを用意しよう」

といった時には、彼女に対する深い想いが感じ取れます。

これと比較して、

「彼女にプロポーズをするのに、なにかギフトを用意しよう」

では、どうでしょうか?

彼女に対する感情が、なにか形式ばったものに感じてしまいますね。

 

なので、プレゼントとギフトは、

渡す人と受け取る人の関係性で使い分ける

のがいいでしょう。

 

プレゼントは、私的で、親しい間柄の人に贈る場合に使う。

ギフトは、フォーマルで、社会的な慣習として贈る場合に使う。

ということを、念頭に置いておくといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

プレゼントとギフトは、どちらも『贈り物』という意味です。

でも、同じ『贈り物』でありながら、このふたつには違いがあります。

 

もっともわかりやすい違いは、プレゼントとギフトを贈る対象の違いです。

 

プレゼントは、恋人や家族など、親しい間柄の人への贈り物。 

ギフトは、会社関係や親戚など、フォーマルな関係の人への贈り物。

 

この対象の違いから、プレゼントとギフトは、シーンによって使い分けられています。

 

プレゼントは、私的な関係性が強い場合に使う。

例:クリスマスプレゼント、誕生日プレゼントなど。

ギフトは、オフィシャルな関係性が強い場合に使う。

例:お中元やお歳暮ギフト、ギフト券など

 

最近は、プレゼントとギフトの使い方が多様化され、違いが曖昧になってきています。

でも、基本的に、このような使い分けがあると知っておけば、何か贈り物をするとき役に立ちますよ!

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.