違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

男性

その他の違い

経営理念とビジョンの違いをわかりやすく解説!正しい使い方を具体例を交え紹介

投稿日:

企業を経営する上で、とにかく重要と言われるものに、

『経営理念とビジョン』

があります。

 

どんな企業にも、同じように定められているものであり、

『企業の形を決める、重要なもの』

だと言えるでしょう。

また、就職先を探す人にとっても、

『企業が掲げる経営理念とビジョンを知ること』

は、かなり重要な要素となっています。

 

ですが、そもそも、

「経営理念とビジョンの違いは何なのか」

と考える人がいるのも確かです。

 

そこで、今回は、

『経営理念とビジョンの違い』

について解説していきます。

しっかりと意味を理解して、仕事に活かしてみてください。

スポンサーリンク

経営理念とビジョンの違いは?

経営者や企業選びをしている人にとって、最も重要になるのは、

『どんな企業なのか』

ということです。

 

これが決まっているかどうかは、

『その後の行く末に、大きく関わってくる』

ため、見逃すことは出来ません。

そして、経営理念がなければ、

『ビジョンを描くことは出来ないこと

も、よく知っておかなければならないでしょう。

経営理念は、『企業の根本的な形』を示すもの

経営者になりたい人は、

『なぜ企業を作るのか』

について、まずは考える必要があります。

 

これは、企業の存在意義を決める上で、

『最も重要なこと』

であり、これがなければ、企業という形を保てないと言っても過言ではありません。

 

そもそも、理念とは、

『個人や団体がこうあるべきという考え』

を意味しています。

この部分が欠如してしまえば、

『なぜ企業を作ったのかさえ分からなくなる』

ため、その企業は、消滅する運命を辿ることになるでしょう。

 

経営理念は、まさに同じような意味を持っています。

『なぜ経営をするのか』

を決めていなければ、動きようがなくなるのです。

 

例えば、ある人が、

「建物を作って、多くの人に住んでもらいたい」

と考えているとします。

これを実現するためには、

『企業を立ち上げ、経営していく必要がある』

でしょう。

 

そして、この理念に沿って、

『企業を立ち上げ、社員をまとめ、経営を行っていく』

のです。

これが、

『経営理念に基づいた企業の形』

となります。

 

ですが、

『なんとなく建物を作ってみたくなった』

といって起業した場合、かなり変な方向に進んでいくことになります。

実際に、起業して建物を作るとき、

『人を住ませたいのか、お店を入れたいのか』

など、一定の目的がないままでは、何も行うことが出来ません。

 

もし、建物を作ったとしても、

『何の目的で作ったのか分からない』

のであれば、無駄にお金と労力を使うだけになってしまうのです。

そんな企業に、社員も顧客も集まるわけがありません。

『必然的に、倒産してしまう』

ことでしょう。

これが、経営理念を持たない企業が辿る末路です。

 

少し極端な例になりますが、

『経営理念がない企業は、必ずなくなる』

ということを覚えておきましょう。

ビジョンは、『経営理念の先にあるもの』

次に、ビジョンについて紹介します。

ここでのビジョンとは、

『企業の未来像』

を指しています。

 

企業を立ち上げる以上、

『どういった未来像を描くか』

は、重要なポイントとなってきます。

そして、この未来像は、

『具体的であればあるほど良い』

ものとなるのです。

 

例えば、

『3年以内に、純利益1億円の企業になる』

というのは、具体的なビジョンと言えるでしょう。

厳密に言えば、

『どのような方針で、3年以内に純利益1億円を目指すか』

を定める必要がありますが、ビジョンは、未来像を描くことこそ重要なのです。

 

どんなに漠然とした未来像でも、

『描かなければ、目指すことも出来ない』

ため、ビジョンは、企業にとって重要なものとなるのです。

 

また、ビジョンを描くためには、

『経営理念を、しっかりと定める』

必要があります。

経営理念がなければ、そもそも、

『どんな未来を描けば良いかも分からなくなる』

ため、これら2つは、切っても切り離せない関係だと言えます。

 

ビジョンは、

『経営理念あってこそ』

だということを、よく覚えておきましょう。

 

経営理念とビジョンの正しい使い方

男性

経営理念とビジョンについて解説しました。

ここからは、

『経営理念とビジョンの使い方』

についても紹介します。

経営理念を上手く使うことで、有能な人材確保が可能になる

経営理念という言葉は、

『企業側が使うもの』

となります。

 

そして、この言葉をよく使う場面と言えば、

『企業説明会』

となるでしょう。

 

企業に、新たな人材を引き入れるには、

『経営理念を、しっかりと伝える』

ことが重要になるのです。

例としては、

「弊社は、『多くの人が快適に生活できる居住空間を作る』という経営理念を掲げています。」

などです。

 

他にも、

  • 経営理念に基づき、人に役立つ多くの商品を開発しています。
  • 弊社の経営理念に基づき、海外での幅広い経済活動を行っています。

などがあります。

 

このように、経営理念を説明の中に盛り込むことで、

『企業が、何を考えているのか』

を知らせることが出来るのです。

 

また、この説明を受けた人も、

「この企業が、どんな経営理念を持っているか」

を把握するための材料を得ることが出来ます。

このように、上手く経営理念を使っていくことで、

『有能な人材を確保することが出来る』

のです。

ビジョンを上手く使えば、意思統一が上手くいく

経営理念を上手く使うことは、ある意味、

『企業にとっては、当然のこと』

だと言えます。

 

そして、さらに一歩踏み込みたいなら、

『ビジョンを織り交ぜる』

ことが、有効になります。

 

企業のビジョンは、

『その先に何を求めているか』

を表すものとなります。

これは、言い換えると、

『目標』

となり、より具体的な経営を可能とする言葉になります。

 

ビジョンを使った例としては、取引先と交渉をする際、

「弊社は、ナノマシン技術を使った新しい修理装置を開発しており、もうすぐそれは完成します。」

という説明をします。

そして、

「弊社としては、この技術を共同で使うビジョンがあるのです。」

といって、交渉を有利に進める材料にするなどがあります。

 

他にも、

  • 弊社は、さらなる医療技術の発展を目指すというビジョンがあります。
  • 3年以内に、上場企業となるビジョンと具体的なプランを用意しています。
  • あなたの持っている能力は、弊社が持つビジョンと合致しています。

など、様々な場面で使うことが出来るでしょう。

 

上手く利用することで、

『企業をより大きくしていける』

ため、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『経営理念とビジョンは、企業にとって必要不可欠なもの』

ということが言えます。

 

それぞれの言葉の意味は違いますが、この2つは、

『必ずセットで使われなければならないもの』

です。

特に、経営理念に関しては、

『ビジョンを描く上で、必要になる』

ため、必ず最初に決めておくようにしましょう。

 

また、経営理念やビジョンは、

『新たな人材を呼び込むためにも必要』

となるので、経営者になりたい人は、しっかりと考えてみてください。

企業選びの基準でもあるため、

『就職活動をしている人』

も、よく見ておくようにしましょう。

関連記事
女性
理念と方針と目標の違いをわかりやすく解説!正しい使い方を具体例で紹介!

就職活動や、実際の仕事などで、よく耳にする言葉として、 『理念・方針・目標』 があります。   これらの言葉は、 『どうやって仕事をしていくのか』 を決める、とても重要なものとなっています。 ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.