違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

保育園の認可と認証の違いをわかりやすく解説!料金を比較チェック

育児休暇中や、そろそろお仕事を始めたいと考えているママ達にとって、とても気になる事は、

れいか
子供の預け先はどうしよう??

ではないでしょうか。

どこの保育園がいいのか調べてみると、認可保育園とは別に、

『認証保育園』

という保育園がいくつかあることに気づきます。

れいか
『認可保育園』と『認証保育園』は、何が違うのかしら?

大切な我が子を預ける保育園です。

『認可』と『認証』の違いは何なのか、気になりますよね。

そこで、本記事では、

『認可保育園』と『認証保育園』の違い

について、解説していきましょう。

スポンサーリンク

認可保育園とは

認可保育園と認証保育園の違い

認可保育園とは、

国が定めた基準を全てクリアし、都道府県知事に認可された保育施設です。

国が定めた基準

  • 施設の広さ
  • 有資格者(保育士)や職員数
  • 給食の設備
  • 防災・衛生管理等

認可保育園に入園できるのは、

保育が必要とされる0歳~小学校就学前の子供。

ですが、誰でも利用できる訳ではありません。

  • 保護者の事情(仕事・病気・介護など)で、子供の保育が難しい場合
  • その市区町村に在住・在勤している人

など、その自治体の基準で認定された場合のみ利用可能です。

 

認証保育園とは

認可保育園と認証保育園の違い

認証保育園とは、

東京都独自で定めた基準にクリアした、東京都が認証した保育施設です。

国が定めた基準を全てクリアしている訳ではないため、

『認可外保育園』

という扱いになります。

れいか
東京都が独自で定めた基準って何?国と何が違うの?
みさと
認可保育園よりも良くないって事かしら?

 

『認可外』とか『無認可』というと、あまり良いイメージではないかもしれません。

ですが、実際は、そうとも限らないのです。

 

東京では、大都市ならではのニーズがあります。

東京の保護者のニーズは、必ずしも国の基準と同じではありません。

その為、東京都独自の基準を設け、保育施設を認証する制度を設けているのです。

そして、東京都の基準をクリアした保育施設を、

『認証保育園』

というのです。

メモ

東京都の認証保育園のように、独自の基準で保育施設の認証を行っている都市は他に、さいたま市・千葉市・横浜市・川崎市・浜松市・大阪市などもあります。

 

認可保育園と認証保育園の違い

保育園と認証保育園の違い

では、『認可保育園』と『認証保育園』は、何が違うのでしょうか。

それぞれの条件などを、確認してみましょう。

定員数と年齢の違い

認可保育園では、

  • 定員60人以上(小規模保育所の場合は20人以上)
  • 0歳児保育は実施していない保育園もある

0歳児の保育を実施していない保育園もあるところに驚きです。

4月から保育園に預けたくても、早生まれなどの場合だと、1歳になっていない場合は、入園できなかったりするのです。

 

そうなれば、

もう1年、育児休暇を伸ばすか、認可外の保育園に預けなくてはなりません。

早く職場に復帰したいママなどには、とても厳しいですね。

 

認証保育園の場合はどうでしょう。

  • 定員:『A型』20~120人、『B型』6~29人
  • 年齢:『A型』0~5歳児(0~2歳児を1/2以上)、『B型』0~2歳児
れいか
『A型』と『B型』って何?

 

認証保育園には、『A型』『B型』があります。

その違いは、

『A型』

  • 駅の近く(駅前)であることが基本
  • 0~5歳児(小学校就学前まで)を受け入れている

『B型』

  • 小規模で、家庭的な保育園
  • 0~2歳児向け

共働きの多い、東京ならではという感じですね。

認可保育園と明らかに違うのは、

『A型』『B型』のどちらも、0歳児の保育を行っている

というところです。

『B型』の0~2歳児というのは、

幼稚園や認可保育園までの受け皿的イメージなのでしょう。

また、『A型』の駅前というのも、電車通勤しているママには嬉しい環境ですね。

保育園の広さや環境の違い

認可保育園認証保育園『A型』認証保育園『B型』
基準面積0~1歳児ひとりあたり3.3㎡0~1歳児ひとりあたり3.3㎡(2.5㎡まで弾力化)0~1歳児ひとりあたり2.5㎡
屋外遊戯場設置付近の代替場所でもOK設置の義務なし

駅に近い保育園は、便利でとても人気です。

ですが、地価の高い東京では、

十分な広さを必要とする認可保育園は、駅から遠い場所になりがちです。

でも、認証保育園であれば、駅近のビルなどに保育園を設置することも可能です。

専用の屋外遊戯場がなくても、近くに公園などがあれば大丈夫なのですから。

保育時間の違い

認可保育園認証保育園
開所時間(保育時間)11時間が基本13時間以上を義務づけ

認証保育園の、13時間以上を義務づけている理由は、

『二重保育』の解消を目的としている

と言われています。

『二重保育』とは、認可保育園の11時間では足りず、2か所以上の保育施設に通うことです。

認証保育園は、長時間勤務する人や、急な残業などで延長保育をお願いしたい場合に安心ですね。

保育料金の違い

認可保育園と認証保育園では、保育料を決めている場所・支払先が異なります。

認可保育園認証保育園
保育料決定場所市区町村で決定(子供の年齢・人数・所得で違いあり)認証保育園で決定(上限あり)
保育料支払先市区町村に支払認証保育園に支払

認可保育園の保険料

認可保育園の保育料は、市区町村それぞれの自治体で決定しているため、

住んでいる市区町村によって、保育料が異なります。

そして、

子供の年齢・人数・世帯所得によって異なります。

世帯所得が少なければ、保育料も少なく、世帯所得が多ければ、保育料も高くなります。

また、

第2子は半額、第3子は無料になる自治体

などもあるようです。

2015年の厚生労働省の『地域児童福祉事業等調査結果』のデータによると、認可保育園の児童1人あたりの保育料の平均は、

21,138円

7割強の家庭が3万円以内となっているようです。

認証保育園の保険料

認証保育園の保育料は、それぞれの保育園で決定しているため、

その認証保育園によって、保育料は異なります。

ですが、上限金額が定められているため、

  • 3歳未満は80,000円未満
  • 3歳以上は77,000円未満

で設定されています。

れいか
認証保育園でも、やっぱり認可外保育園は高いのね

そう、ガッカリするのは、待ってください。

認可外であっても、東京都は認証保育園にも補助金を設定しています。

条件や補助金の上限金額は、自治体によって異なりますが、

『認可保育園との保育料の差額補助』

という区もいくつかあります。

認可保育園と変わらない金額で済むかもしれません。

自分が住んでいる自治体の条件はどうなのか?

HPなどで最新情報を確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

『認可保育園』と『認証保育園』の違い、分かりましたか?

認可保育園とは

  • 国が定めた基準をクリアした、都道府県知事に認可された保育施設。
  • 0歳児保育を実施していない保育園もある。
  • 開所(保育)時間は基本11時間。
  • 保育料は市区町村(各自治体)で決定・徴収(だいたい3万円以内)

認証保育園とは

  • 認可外保育園だが、東京都独自で定めた基準をクリアした、東京都が認証した保育施設。
  • 大都市である東京ならではのニーズに対応した保育施設。
  • 駅近で0~5歳児対応『A型』と、小規模0~2歳児対応の『B型』がある。
  • 開所(保育)時間は13時間以上。
  • 保育料は保育園で決定・徴収(上限7~8万円以内)

保育料は、認可保育園のほうが安いですが、認証保育園でも、各自治体からの補助があります。

補助の金額や条件は、自治体によって異なるため、最新情報はHPで確認してみてください。

また、2019年10月から、

『幼児教育・保育の無償化』

が始まります。

  • 0~2歳児は月額42,000円を上限に支援
  • 3~5歳児は月額37,000円を上限に支援

今後変更の可能性もありますので、こまめに最新情報をチェックしておきましょう。

もっともっと、子育てしやすい環境になるといいですね。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.