違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ミッキーとミニー

その他の違い

ディズニーランドとディズニーシーの違いを分かりやすく比較解説

投稿日:

関東のテーマパークといえば、東京ディズニーリゾートです。

東京ディズニーリゾートには、東京ディズニーランドと、東京ディズニーシーの2つのパークがあります。

どちらに行こうかと、迷った経験のある人も多いですよね。

しかし、東京ディズニーランドと、東京ディズニーシーでは、何が違うのでしょうか。

今回は東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの違いを、わかりやすく解説します。

2つのパークの違いを知ることで、より楽しい時間を過ごせます。

どちらに行こうか迷った時には、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ディズニーランドとディズニーシーの5つの違い

今回はディズニーランド、ディズニーシーを5つの点で比較検証します。

  • コンセプト
  • ショー、パレード
  • ポップコーン
  • アトラクション
  • レストラン

どれも同じように思っている人も、ぜひチェックしてみてください。

ディズニーランドとディズニーシーの違い1.コンセプト

東京ディズニーランドは『夢と魔法の国』。

東京ディズニーシーは『冒険とイマジネーションの海』。

以上をそれぞれコンセプトにしています。

 

東京ディズニーランドは、アメリカのディズニーランドを元とした『夢と魔法の国』です。

ミッキーマウスを生み出したウォルトディズニーが構想した

大人も子供も楽しめる遊園地

として、ディズニーランドが誕生しました。

ディズニー映画の、魔法の世界に入り込んだようなテーマパークです。

シンデレラ城があり、ピーターパンや白雪姫のアトラクションがあるファンタジーランド。

ミッキーやミニーなどのキャラクターが住むトゥーンタウン。

古き良きアメリカをモチーフにしたウエスタンランドなど、7つのエリアがあります。

どのエリアも魔法がかかった、夢のある映画の中のような世界が広がっていますよ。

 

一方の東京ディズニーシー。

『冒険とイマジネーションの海』をコンセプトにしています。

世界各国にあるディズニーランドは、アメリカにあるディズニーランドを元につくられています。

しかし、東京ディズニーシーは、

世界で唯一ここにしかないテーマパーク

となっているのです。

日本人になじみのある海をテーマにして、テーマパークが作られています。

ヨーロッパの街並みが広がるメディテレーニアンハーバー。

未開のジャングルの秘境をめぐるロストリバーデルタ。

人魚の住む海底をイメージしたマーメイドラグーンなど、7つのエリアがあります。

どこのエリアでも海を感じることができ、日常から冒険に飛び出したような気持ちになりますよ。

ディズニーランドとディズニーシーの違い2.ショー・パレード

東京ディズニーリゾートといえば、

キャラクターやダンサーが踊る華やかなパレードやショー

があります。

ディズニーランドはパレード、ディズニーシーはショーをメインに楽しむことができるのです。

 

ディズニーランドには、パレードルートがあり、キャラクターの登場するパレードが行われています。

パレードルートをフロートに乗ったキャラクターたちが通って、パーク内を1周するパレードです。

目の前をフロートが通り、パーク内を1周していくので、たくさんの人が身近にディズニーキャラクターを楽しめるようになっていますよ。

 

ディズニーシーでは、入り口の正面にある大きな海上でショーが行われます。

そのため、他のエリアにいるとショーは楽しむことは出来ません。

海上のフロートにキャラクターも登場しますが、

陸との距離があるため、ランドほど身近には感じられません。

しかし、

海上という利点を活かし、水や花火を使ったダイナミックな演出

が楽しめます。

ディズニーランドとディズニーシーの違い3.ポップコーン

東京ディズニーリゾートの食べ歩きメニューとして、ポップコーンは有名です。

ディズニーランドとディズニーシーでは、販売しているポップコーンのフレーバーも異なるのです。

それぞれ限定ポップコーンを紹介すると、

ディズニーランド限定ポップコーン

  • しょうゆバター
  • ハニー
  • バーベキュー
  • コーンポタージュ

ディズニーシー限定ポップコーン

  • ストロベリー
  • ブラックペッパー
  • ガーリックシュリンプ
  • 麻辣(マーラー)

となります。

限定以外にも、定番のキャラメル、ミルクチョコレート、ソルト、カレー味が、共通フレーバーです。

メモ

2019年2月現在のフレーバーです。

フレーバーは随時変動します。

ディズニーランドは、子どもでも楽しめる味。

ディズニーシーは、少し刺激的な味。

このような違いが見られます。

またポップコーンを入れるポップコーンバケットも、ランドとシーでデザインが異なるものがありますよ。

ディズニーランドとディズニーシーの違い4.アトラクション

アトラクションの数に違いがあります。

ディズニーランドには、37個

ディズニーシーには、28個。

※2019年2月現在。

 

ディズニーランドのアトラクションは、子供でも楽しめるものが多いです。

くまのプーさんやダンボなど、ディズニー映画をモチーフにしたアトラクションは、子供でも楽しめます。

またビックサンダーマウンテン、スペースマウンテン、スプラッシュマウンテンの3大マウンテンのジェットコースターも人気です。

 

一方でディズニーシーのアトラクションは、スリル系のアトラクションが多いです。

落下系アトラクションのタワーオブテラー、1回転するジェットコースターのレイジングスピリッツなど。

主に大人でも楽しめるようになっています。

トイストーリーやニモなどのディズニー映画のキャラクターが登場するアトラクションはありますが、ランドに比べると少なめですね。

ディズニーランドとディズニーシーの違い5.レストラン

ディズニーランドには、キャラクターモチーフの食べ物が多くあります。

一方で、ディズニーシーでは、お酒も楽しめるオシャレなお店が多いです。

 

ディズニーランドでは、ミッキーモチーフのサンドウィッチやワッフルなどが楽しめますよ。

レストランもカジュアルで、子供も楽しめる明るい雰囲気のお店が多いです。

 

ディズニーシーでは、ランドでは販売されていないアルコールが販売されています。

アルコールと一緒に楽しめるおつまみのようなフードもあるのです。

またコース料理を提供するレストランがあり、パーク内で贅沢な時間が過ごせるようになっています。

スポンサーリンク

まとめ

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの違いを解説しました。

比較してみると、二つのテーマパークには違いがたくさんあります。

東京ディズニーランドは、

夢と魔法の国、キャラクターを身近に感じるパレードやアトラクション

が魅力です。

東京ディズニーシーは、

冒険とイマジネーションの海、スリル満点のアトラクションやアルコールも楽しめる、異国の雰囲気

が素敵です。

全く雰囲気が違う2つのパークだからこそ、子どもから大人まで、どんな世代の人も、いつでも楽しめるのかもしれませんね。

2つのパークの違いを理解して、ぜひ楽しいひと時を過ごしてみてください。

関連記事
映画
ディズニーとピクサーの違いをわかりやすく解説!見分ける方法をチェック

アメリカのアカデミー賞。 ディズニーのアニメーション作品は、長編アニメ映画賞で度々ノミネートされています。 有名どころでは、過去に『ファインディング・ニモ』や『トイ・ストーリー3』が長編アニメ映画賞を ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.