違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

スナックとパブの違いをわかりやすく解説!意味や見分け方をチェック

客にアルコールを提供する専門店

にはいろいろあります。

 

ラウンジやバー、クラブなどのちょっと敷居が高い店。

そして、それより大衆的な店になると、

  • スナック
  • パブ

ですね。

 

あなたが、仕事帰りに寄って一杯飲むとしたら、スナックとパブ、どちらでしょうか?

最近では、見ただけでは、スナックだかパブだかよくわからない店も増えましたよね。

 

でも、実はスナックとパブでは、いろいろと違いがあります。

その違いを知っておくと、一人飲みでも、人と一緒でも、シーンに合わせて店を選ぶことができます。

 

そこで今日は、スナックとパブの違いを、意味や見分け方を含めて、分かりやすく解説していきましょう!

スポンサーリンク

スナックとパブの違い!それぞれの意味は?

お酒を飲む

スナックやパブがアルコールを提供する店だということは知っています。

では、そもそも、スナックとパブの意味ってなんでしょうか?

スナックの意味

『スナック』は、『スナックバー』の略語で、バーの一種です。

スナックだけなら、英語で書くと『snack(スナック)』で、軽食という意味になります。

 

スナックの語源は、英語の、snack bar(スナックバー)。

 

そして、その名前の通り、

スナックはバーのひとつの形態

なのです。

アルコール以外に、スナック(軽食)を提供するバーというのが、このスナックバーの由来なんですね。

パブの意味

パブはもともと、イギリスで流行った酒場のことを言います。

その酒場、『Public house(パブリックハウス)』を略して、パブと呼んでいます。

 

本家イギリスでは、カウンター席に椅子を設けて、ビールを中心とした酒類を提供する店で、街のあちこちで見受けられます。

年齢を問わず親しまれ、キッズルームを備えたパブもあるほど。

 

日本でも、イングリッシュパブやアイリッシュパブなど、パブの伝統を守っている店がたくさんあります。

 

でも、本場のイギリスのような形態のパブの他に、風俗店にもパブという名前をつけているところも増えてきました。

この形態は、パブとは言っても、本来のパブとは違った意味合いと理解したほうがいいでしょう。

 

スナックとパブの見分け方

歌舞伎町

スナックとパブの意味は分かりましたね。

ただ、外から見ただけでは、スナックかパブか分かりにくい店、ありますよね。

いったい、スナックとパブの見分け方ってあるのでしょうか。

形態で見分ける

スナックの形態

カウンター越しに接客し、お酒や軽食を提供するのが、一般的なスナックの形態です。

 

店主は女性であることが多く、その女性は『ママ』と呼ばれています。

カウンターに座った客を、ママが話し相手になってもてなしたり、また時には一緒にカラオケを歌ったりすることも。

ママが中心の接客で、従業員は少なめです。

 

店内は、カウンターとテーブル席で、スペースは比較的狭いところが多いですね。

パブの形態

店内でお酒を提供する、洋風の居酒屋が、パブの形態です。

 

カウンターとテーブル席を揃えた店、カウンターはなくテーブル席のみの店など、店構えはいろいろです。

スナックよりもスペースが広く、従業員も多いですね。

 

本来のパブは、

社交の場になるような、賑やかな洋風居酒屋

のことですが、

近年では、店のコンセプトをはっきり打ち出す傾向のパブも増えてきました。

カラオケで楽しむことが主体の、カラオケパブ 

ショーを見せる、ショーパブ 

外国人のホステスさんが接客する、国名を名前に付けたパブ

などです。

客層で見分ける

スナックの客層

大部分のスナックは、客の年齢が高めです。

 

また、スナックは、常連客が多く、ママや店員さんも含めて和気あいあいとしています。

年齢層も高めなので、会話や飲み方など、なんとなく大人の雰囲気ですね。

パブの客層

スナックと比較して、パブの客層は若いです。

近年、英国パブをモデルにした正統派パブは、

20代~30代の若い客層を取り込むこと

に積極的です。

そのため、賑やかで活気のある社交の場というイメージを演出しています。

 

営業形態としてのスナックとパブ

スナックやパブは、公安委員会から、『風俗営業許可』を受けています。

客を接待して遊行または飲食をさせるスナックやパブは、『第一号許可』が必要です。

この許可の中には、客室面積や照明の明るさなど、細かい決まりがあります。

一軒一軒違った個性があるスナックやパブですが、こういった管理のもとに置かれているのですね。

スポンサーリンク

まとめ

スナックもパブも、アルコールを提供する店のことです。

 

スナックとパブの本来の意味は、次のようになります。

スナック

⇒『スナックバー』のことで、バーの一種。

パブ

⇒もともと、イギリスで流行った酒場のこと。

Public house(パブリックハウス)』を略した呼び名。

 

さらに、スナックとパブを見分けるには、店の形態と客層をチェックしましょう。

スナックの形態と客層

カウンター越しに接客し、お酒や軽食を提供する形態が、一般的なスナック。

店主は『ママ』と呼ばれて、店のスペースは狭い。

客年齢が高く、常連客が多くて大人の雰囲気。

パブの形態と客層

店内で酒を提供する、洋風居酒屋のような形態がパブ。

店のスペースはスナックより広めで、店員も多い。

客層が若く、賑やかな社交場の雰囲気。

 

外でお酒を飲みたい時、お店の選択はとても重要です。

スナックとパブの違いを知って、店に入ってから

たろう
ここじゃなかった・・・

なんてことのないようにしましょう!

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.