違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

チャーシュー麺

違い

チャーシューと焼豚と煮豚の違いをわかりやすく解説!意味や定義を紹介

たろう
え-と、ラーメンに入ってるのが『チャーシュー』。

お酒のつまみが『焼豚』で……『煮豚』は丼に乗ってるやつ?

……一般的にはそれでほぼ正解で、間違いとは言えません。

ですが『チャーシュー、焼豚、煮豚』が、実は『ある意味』同じものだと知っていますか?

たろう
カタカナと漢字、焼くとか煮るとか、いろいろ違ってるのにどうして同じなの?

『ある意味』同じってことは完全におんなじものじゃないんだよね?

そう、問題はどこが同じでどこが違うか、です。

この3つ、本当にややこしいのです。

では今から『チャーシュー、焼豚、煮豚』の正しい見分け方や、その違いを説明いたします。

「チャーシュー麵、大盛りで!あ、煮豚のチャーシューの方ね!」

という、『ラーメン用語』としての正しい使い方をマスターしましょう!

スポンサーリンク

『チャーシュー・焼豚・煮豚』の違いと3つの関係

ラーメン店

ではまず、基本となる『叉焼』のお話から。

『叉焼』と書いてチャーシュー。

中国語の『叉焼肉(チャーシューロウ)』という料理です。

豚肉のかたまりに下味をつけ、その後タレを塗り、串に刺して窯やオーブンで焼いて作ります。

紅糀で発酵させた米や食紅を用いるため、表面が赤くなります。

横浜の中華街などで見かけますね。

日本で言う『焼豚』は、これとほぼ同じ作り方。

ブロックの豚肉に味をつけ、焼き上げます。

つまり『叉焼 = チャーシュー = 焼豚』となります。

しかし、日本人は別の作り方を考案します。

醬油や野菜と一緒に煮て作った方が味もしみるし、焼いたのより柔らかいチャーシューになる!

『煮豚』の誕生です。

柔らかく口当たりのいい『煮豚』は人気を集め、それまで『焼豚』をラーメンなどに入れていたお店も『煮豚』を使うようになりました。

『叉焼 = チャーシュー = 焼豚 = 煮豚』です。

今ではラーメン屋さんの大半で、『チャーシュー』と言えば『煮豚』のこと。

家庭で作られる自家製チャーシューも、煮豚が多いのではないでしょうか?

ですが食卓に出す際には「今日は手作り煮豚よー!」とは言いません。

『チャーシュー』あるいは『焼豚』の名前で呼ぶことが、ほとんどです。

このことが現在の『チャーシュー、焼豚、煮豚』の関係をハッキリと示していますね。

 

『チャーシュー』とは?『焼き豚』との違いは?

『チャーシュー』と言えば、やはり真っ先に思い出すのは『チャーシュー麺』ではありませんか?

前述の通り、お店で『チャーシュー麺』を注文したときに出てくるのは、ほとんど『煮豚』が乗ったラーメンです。

もともと『チャーシュー』といえば『叉焼』、『焼豚』ですが、日本ではいつの間にか『煮豚』が一般的になりました。

では、『焼豚』は、もう存在しないのでしょうか。

日本で『焼豚』は、幻の食べ物となってしまっているの?

 

――いいえ、スーパーではハムやソーセージと並んでちゃんと売っています。

 

やはりラーメン屋さんでは『煮豚』を『チャーシュー』として使っていることが多いです。

プロが選んで使用しているのですから、ラーメンに合うのは『煮豚』なのでしょう。

でも、『焼豚』という食べ物もちゃんと存在しています。

市販品の『焼豚』を買って、

「あれ? チャーシューってこんな味だっけ?」

と感じたことはありませんか?

『ラーメン屋さんのチャーシュー』に比べ、甘く感じるかもしれません。

『甘い醤油味のハム』と言われたりもします。

本物を自宅でも食べたいですか?

では、自分で作ってみましょう。

  1. 豚肉の塊を用意します(多くの場合、使われるのは肩ロースか三枚肉です)。
  2. タコ糸などで縛って形を整え、味がしみ込みやすいようにフォークや金串などで全体に穴を開けて下さい。
  3. 醤油や酒、みりんなどと一緒にショウガやニンニク、長ねぎ等の香味野菜(八角などの香辛料を入れれば、より本格的)を混ぜて漬けダレを作ります。
  4. そこへ豚肉の塊を漬け込み、2~4日、じっくりと冷蔵庫で寝かせます(ここで焦らずに、じっと我慢!)。
  5. 豚肉をとりだしてから、トロミがつくまで漬け汁を煮詰め(アクを丁寧に取り除くこと)タレを作る。
  6. 180℃に余熱したオーブンで、15分おきくらいにタレをつけながら(肉の向きも時々変えて)1時間ほど焼きます。
  7. 金串などで肉を刺し、透明な肉汁が出てくれば完成!

いい感じの焦げ目がついた、おいしそうな『焼豚』が出来上がりました……が……かなり時間がかかりますね。

時間を短縮したいなら、漬け込みの行程を省いてタレを塗りながら焼く方法もあります。

これはこれで、なかなかの手間ですが。

市販の『焼豚』が好みではない場合は、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

『焼き豚』とは?『煮豚』との関係は?

本来の『叉焼』にもっとも近い『焼豚』ですが、しかし最近では、下記のような区別もあるとか。

焼豚(焼いて作ったもの)

⇒『チャーシュー』

煮豚(煮て作ったもの)

⇒『焼豚』

こうなってくると、ひたすらややこしいばかり。

ですので、ここでは『焼豚』と言ったら『焼いたチャーシュー』、『煮豚』は『煮たチャーシュー』で話を進めていきます。

 

『焼豚』こそラーメン界の王様と思っていましたが、実はラーメン屋さんで使われているのは『煮豚』。

そして『ラーメン屋さんのチャーシュー』が身近な存在であったため、市販の『焼豚』に違和感を憶えてしまったのですね。

蛇足ながら、おつまみの『ねぎチャーシュー』も『煮豚』を使っています。

つまりは『焼豚』は焼いて調理し、『煮豚』は煮込み料理というわけです。

タレをつけながらでも、焼けば水分が飛ぶため『焼豚』は若干パサつきがち。

煮ればそこは問題ナシ。

むしろしっとりとした食感で、柔らかく仕上がります。

プロであるラーメン屋さんが『煮豚』を選択するのも納得できますね。

また、作り方が『焼豚』に比べ『煮豚』の方が楽なのも、家庭のチャーシューとして『煮豚』が定着した理由かもしれません。

さきほど『焼豚』の作り方を紹介しましたので、今度は『煮豚』の作り方を書いておきます。

チャーシューの作り方!【プロ顔負け!】豚ロース編

  1. 豚肉の塊(肩ロースや三枚肉ならジューシーに、もも肉ならばしっとりとした仕上がり)を用意。
  2. 金串で肉に穴を開け、タコ糸で縛る(ここまでの行程は焼豚と同じ)。
  3. フライパンで表面を焼き、全体に焼き色をつける(やらなくてもOK)。
  4. 鍋に水、酒、香味野菜を入れ、30分ほど肉を茹でる。
  5. そこに調味料(醤油、砂糖、みりん、あれば八角も)を入れ、2時間ほど煮込む(時々様子を見て、煮汁が減っていたら水を足す)。
  6. 火を止め、煮汁に漬けたまま冷まして味を染みこませ、完成!

『焼豚』より作り方は簡単で、しかも味はしっかりムラなく染み込みます。

茹でた豚肉をそのままタレに漬け込んで、煮込まずに作る方法もあります。

半日から1日ほど漬ければ出来上がるので、こちらのやり方がより簡単です。

 

『煮豚』とは?『チャーシュー』との違い!

これは

呼び方の違い

でしかありません。

中国の『叉焼』は『煮豚』ではなく、焼いて作ったもの。

中国では『煮たチャーシュー』は日本式のチャーシュー、『日式叉焼』と呼ばれています。

 

『チャーシュー・焼豚・煮豚』の違いと、切れない関係

ラーメン

なぜこのように混乱した状況になっているのでしょう?

『お店のチャーシュー麺がおいしいから』

なのでしょうか。

本来の『焼豚』もちゃんと存在しているのに、すっかり影が薄くなっています。

ここでもう一度、『本来の焼豚・煮豚』とはどんなものか、なぜ『チャーシュー』と混同されてしまったのか等をみてみましょう。

どんな料理?

焼豚:豚肉のブロックをタレに漬け込んだのち、窯やオーブンで焼く豚肉料理。

煮豚:豚肉のブロックを茹でてから調味液で煮込むか、または漬け込んだ豚肉料理。

どっちが『チャーシュー』?

本来の叉焼

⇒焼豚

チャーシュー(特にラーメンの具として)

⇒ほぼ煮豚を指す

名称はどうやって分けられてる?

  • 『焼豚』と書かれている市販品のほとんどは、甘い醤油味のハムのようなもので、焼いた豚肉。
  • 『チャーシュー』表記の市販品はほとんどが『煮豚』。
  • ラーメン屋さんの『チャーシュー』は、ほぼ『煮豚』。

メモ

他にもいろいろな区別の仕方が存在するようですが、地域差なのか、各家庭での呼び方の違いなのか……。

上記は、あくまでも一般的な名称になります。

日本で一番定着している呼び分けは?

ラーメンのトッピングはチャーシュー。

焼豚の通称もチャーシュー。

煮豚⇒『チャーシュー』『焼豚』があえてこの名で呼ばれることは、ほぼありません。

煮豚に似た料理で『角煮』がありますが、それは煮豚とは区別されています。

見た目で見分けることってできる?

『焦げ目』のアリナシで見分けは可能かも知れません。

焼いて作る『焼豚』は、しっかり焦げ目がついています。

『煮豚』を作る際にも初めに焼き目をつけることがありますが、煮ている段階でこんがりとした感じはなくなってしまいます。

しかし『煮豚』の仕上げに直火で炙る場合もあるため、見た目より食感の柔らかさなどで区別する方が、違いが分かるかと。

この違いって大事?

いいえ、大事ではありませんよ!

「これおいしい!」

と思ったものが『焼豚』か『煮豚』かなんて、正直どちらでもいいこと。

ただ「このおいしいお肉は何?」と思った場合には、違いを知っておくのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

おわりに

おいしさや食感の柔らかさ、調理の手軽さなどから広まった『煮豚』。

それなのに、呼び名は『チャーシュー』や『焼豚』。

『煮豚』の名はいまひとつ定着していません。

不憫なヤツ、『煮豚』……。

 

いかがでしたか?

もしかすると漢字の『焼』『煮』の文字が、話をややこしくしているのかも。

『煮豚』は『焼豚』に比べれば簡単とはいえ、それなりに手間も時間もかかります。

ラーメン屋さんでも家庭でも、感謝していただきましょう!

おいしく食べてもらえれば、作り手のテンションも上がります。

「ごちそうさま」の言葉も忘れずに!

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.