違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アルファベット

英語の違い

日本語と英語の文法や発音の違いをわかりやすく解説!

投稿日:

日本人が英語を苦手とする原因の一つに、

英語と日本語は、文法が違う

ということがあります。

また、英語の単語は、読めて理解できても、

みさと
発音したら伝わらない

という経験がある人も多いと思いのではないでしょうか?

 

文法、発音と、こんなに違う日本語と英語。

難しいですよね。

 

これからは、今以上に英語を話す機会が増えていくと思います。

 

そこで今日は、

日本語と英語の文法や発音の違いをわかりやすく解説していきましょう!

スポンサーリンク

日本語と英語の文法の違い

私たちが、毎日使っている日本語。

頭で考えなくてもスラスラと口からでてきますよね。

でも、英語の文法に慣れないうちは、

一度、頭の中で日本語で考えて、それを英語に置き換えて口に出す

という、面倒な作業が必要・・・

だから

「すぐに英語の会話に反応できない…」

という悩み、ありませんか?

ここでは、日本語と英語の基本的な文法の違いをあげてみましょう!

語順が違う

日本語の語順は、SOV

英語の語順は、SVO

SVOとは?

S=主語(subject)

V=動詞(verb)

O=目的語(object)

例文

日本語:私は英語を勉強します。

英語:I sutdy English.

英語では、主語の次に動詞がきていますが、日本語では動詞は最後にきます。

この動詞の位置の違いは、日本語と英語の最も大きな違いのひとつです。

主語によって動詞が変化する

英語には、

三単現のルール

があります。

これは、

主語が三人称単数で、動詞が現在形の時、動詞に、~sや~esをつけるルール

のことです。

三単現とは?

三単現の

三は三人称:I (私)と、You(あなた)以外のこと

単は単数:主語が単数であること

現は現在形:動詞が現在形であること

この条件がそろったときに、動詞に、~s、~esをつけます。

ItやTheyも三人称ですが、

Itは、単数なので、~sや~esをつけ、Theyは複数なので~sや~esはつけません。

対して、日本語は、主語が一人称でも三人称でも動詞の変化はありません。

 

例文

日本語:私はチョコレートが好きです。→彼女はチョコレートが好きです。

英語:I like chocolate.→She likes chocolate.

英語は必ず主語が必要

基本的に、英語では主語を省略しません。

日本語→「できません」

英語→「I can't do it」

このように、英語には必ず主語が必要になるのです。

 

「Where are you from?」(あなたはどこから来たのですか?)

の『you』を省略したら

英語の文として成り立ちませんね。

対して、日本語は「どこから来たのですか?」だけで、相手に通じます。

否定疑問文の返事が違う

否定疑問文は、

否定語を使った疑問文

のことです。

この否定疑問文へに答え方が、日本語と英語では違います。

例文は、日本語と英語の、同じ内容の会話です。

日本語:「彼は今、忙しくないのですか?」「いいえ、忙しいです」

英語:「Isn't he busy now?」「Yes,he is」

否定疑問文の返事のポイント

ここでの英語のポイントは、

YesやNoの後の文が、

肯定文なら、Yes

否定文なら、No

となることです。

上記の例文では、

「Yes,he is」は、「彼は忙しい」

「No,he isn't」は、「彼は忙しくない」

になります。

れいか
これが、もっとも英語に慣れにくい違いかも・・・

英語は複数と単数を使い分ける

複数と単数について分かりやすい例をあげましょう。

I have a dog.(私は一頭の犬を飼っています)

I have dogs.(私は何頭かの犬を飼っています)

このように、英語では、複数と単数の使い分けが必要です。

日本語では、「私は犬を飼っています」を、複数、単数のどちらの場合にも使いますね

これに関連して、

『曜日』も、複数か単数かによって意味が変わってきます。

毎週日曜日:on Sundays

ある日曜日:on a Sunday

日本語と英語の発音の違い

英語

日本人は、「英語を話すのが苦手だ」とよく言われています。

それは、日本語と英語の発音の違いが大きいことが原因のひとつです。

いったい、どういうふうに発音が違うのでしょうか。

母音と子音が違う

日本語の母音は、『あいうえお』の五つです。

子音は、母音以外の音をいいます。

対して、英語の母音の数は日本語の三倍以上あります。

 

『ア』の母音を例にとってみましょう。

小さな口で発音するア 

大きく口を開けて発音するア 

エとアが混ざったようなア 

エとウが混ざったようなア

など、さまざまです。

実は、英語は、母音よりも子音のほうが発音が難しいのです。

 

日本人にとって難しいとされる子音に、

『L』と『R』

がよく挙げられますね。

LとRで始まる単語は、日本語では、どちらも『ラ~』とカタカナで書かれますが、

発音は全く違います

 

他にも、英語で、言い分けや聞き分けが難しい単語をあげてみましょう。

see、sea  she→日本語ではどちらも、シーと表す。 

sit  shit→日本語ではどちらもシットと表す。 

bath と bus→日本語ではどちらもバスと表す。

このように、

語では発音が違っても、日本語では一種類のカタカナで表される単語

は、もっとたくさんありますよ!

リズムが違う

日本語と英語では、音の繋がりの構成が違うため、リズムが違ってきます。

 

日本語は母音で終わる構成が多い。

英語は、子音で終わる構成が大半である。

 

たとえば、人(ヒト)という文字を例にとってみましょう。

は、Hという子音と、iという母音で構成されています。

は、Tという子音と、oという母音で構成されています。

このように、日本語は、子音+母音が音のベースになっています。

では、英語の、manをみてみましょう。

mという子音と、aという母音と、nという子音で成り立っています。

英語では、manという三つの音を一つのカタマリとして捉えています。

そして、このカタマリを一口でポンっと発音します。

もっと長い単語になっても、単語内で区切りは発生しますが、区切りごとに一気にポンっと発音しますよ。

日本語のように、一文字一文字をはっきり発音するのではないのですね。

スポンサーリンク

まとめ

日本語と英語の文法の違い

語順が違う。 

主語によって動詞が変化する。 

英語は必ず主語が必要。 

否定疑問文の返事が違う。 

英語は複数と単数を使い分ける。

日本語と英語の発音の違い

母音と子音が違う。 

リズムが違う。

文法の違いに慣れれば、

頭の中で日本語を英語に置き換える

という作業を省いて、会話をスムーズに進めることができますよ。

発音は、日本語との違いを意識して、繰り返し声に出してみましょう!

関連記事
ネイティブ
英語のlite/light/right/writeの発音や意味の違いをわかりやすく解説

lite light right write この四つの単語は、カタカナで書くと、どれも『ライト』になります。   でも、それぞれ言葉の意味が違います。 そして発音も、よく聞くと違っています ...

続きを見る

-英語の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.