違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ハイヒール

違い

パンプスとハイヒールの違いをわかりやすく解説!就活のおすすめは?

投稿日:

れいか
パンプスとハイヒールって……かかとの高さで区別してるんじゃないの?
ひろし
違う違う、パンプスは靴、ハイヒールはクオリティーの高い悪役のこと!

 

……えーと、もしかして……プロレスの悪役の『ヒール』とかけてる(ハイ・クオリティーなヒール、とか……)?

ひろし
てへ

マニアか!

冗談はともかく……かかとの高さでの区別は、ちょっと惜しい間違いです。

 

『パンプス』と『ハイヒール』。

たかが靴と侮るなかれ。

履いているうちに、足が痛くて歩けなくなったり、無理して履き続けて外反母趾にでもなったら、もう大変!

はたして、歩きやすくて疲れないのは、一体どっち?

また、就職活動の場面でも以外と足もとは見られています。

TPOをわきまえた靴の履き方を知らずにいて、笑われるぐらいでは済まないこともあるかも……。

たかが靴ごときで一生の不覚となっては、泣くに泣けませんよ。

 

場面に合わせた選び方、オシャレと快適さを両立させた選び方など、『パンプス』と『ハイヒール』の違いと合わせて解説していきましょう。

スポンサーリンク

『パンプス』と『ハイヒール』の違い

シューズショップ

『パンプス』と『ハイヒール』は、ともにヒール(かかと)の高い女性用の靴。

『サンダル』と『ブーツ』が、まるで別な靴であることはわかりますよね。

同様に、『パンプス』と『ハイヒール』も種類が違うのかと言いますと…。

実は、そうとも言い切れないのです。

???ですよね。

 

『パンプス』とは、サンダルやブーツ、スニーカーなどと同じ『靴の種類』の名前。

ですが『ハイヒール』とは、靴の種類ではないのです。

 

『ハイヒール』という名前が示しているのは、

『かかとの高い靴』

ということのみ。

文字通り『高いかかと』――そのまんま『ハイヒール』。

たとえ下駄であろうと、かかとさえ高ければ『ハイヒール下駄』で間違いではないのです。

……需要があるかどうかは、ともかく。

 

『パンプス』と『ハイヒール』の、もっとも大きな違いとは。

  • 靴の種類のことなのか。
  • かかとの高さについてのことなのか。

 

かかとの高いパンプスは『パンプス』であると同時に、『ハイヒール』でもあります。

かかとが低い『パンプス』は『ハイヒール』とは呼ばれません。

なので、必ずしもイコールではないのですね。

また『パンプス』以外、ブーツでもサンダルでも、かかとが高ければ『ハイヒール』です。

 

比べるポイントが『種類』なのか『かかと』なのか。

これが『パンプス』と『ハイヒール』の違いの基準となっているのです。

 

『パンプス』とは?

本来、『パンプス』は正装用の靴。

つま先と、かかとが露出せず、足を入れる履き口(甲の部分)が大きく開いていて、紐や留め金がない婦人靴の総称です。

何の飾り気もないシンプルな『パンプス』もあれば、きらびやかでゴージャスな『パンプス』もあります。

上記の条件を満たしていれば、すべて『パンプス』のくくりに入ります。

だから上記の条件をクリアしていて、なおかつヒールの高い靴は、『ハイヒール』でも『パンプス』でもあるわけです。

『パンプス』とはこれ!といった決まった形はありません。

つま先と、かかとが露出しない、などの条件を満たしたものを総合した呼び名なのです。

 

とはいえ、やはり一般に『ハイヒール』と呼ばれる靴と比べると、『パンプス』は若干おとなしい印象。

『ハイヒール』ではない『パンプス』には3㎝ほどのヒールのものがあり、安定した歩きやすい高さです。

5㎝ほどのヒールは仕事やプライベートに一番活躍する、女性らしさも際立つ高さ。

3㎝以下のものは『ローヒール』。

4~6㎝くらいのものは、『ミドル(ミディアム)ヒール / 中ヒール』です。

 

ではヒールの高さが何cmぐらいになると、『ハイヒール』と呼ばれるのでしょう。

次は『ハイヒール』について見ていきます。

『ハイヒール』とは?

『ハイヒール』と呼べるのは、一般的に

ヒールが7㎝以上

のもの。

これは、

『女性の足が、もっともきれいに見える高さ』

だとか。

ファッションショーなどでモデルさんが履いているのも、この高さのヒールが多いそうです。

韓国の女性アイドルグループが、こんな『ハイヒール』で歌いながら踊っていましたね。

神業です。

 

また、7㎝以上のハイヒールも存在します。

10㎝:かなりの高さです。

こうなるとヒールだけではなく、ソール部分(靴底全体)も、分厚いほうが多少楽に歩けます。

13㎝:目立ちます!

やはりソールにもそれなりの厚みがないとしんどいですね。

15㎝以上:ありえない……。

さらにその上!: 鑑賞用ですよね?

15cm以上になると、もうアートの世界ですね。

 

『パンプス』と『ハイヒール』はここまで違う

パンプス

そもそもの基準が異なる『ハイヒール』と『パンプス』。

ここからは

  • 7㎝以下のものを『パンプス』
  • 7㎝以上のものを『ハイヒール』

として話を進めていきましょう。

 

ですが、その前に、本来の『パンプス』と『ハイヒール』の違いをもう一度おさらいします。

パンプス:靴の種類。

⇒つま先と、かかとが隠れていて、甲部分が大きく開き、留め金などがない婦人靴の総称。

ハイヒール:ヒールが高い靴のこと。

⇒ヒールが7㎝以上あるものを指す(サンダルやブーツ等でもヒールが高ければ『ハイヒール』)。

歩きやすくて履きやすいのは?

当然『パンプス』のほうです。

5.5~6㎝程度のものが疲れにくいようです。

ですが、やはり試着をして、自分の足に合った靴を見つけるのが一番。

合わない靴で、歩くのは苦痛以外の何ものでもありませんからね。

 

ポイントとなるのは、『かかと』と『つま先』『指の付け根』です。

『かかと』は、無理なくスッと入るものを選びましょう。

『つま先』部分は、先端に1㎝ほどの余裕を持たせ、当たったり擦れたりしないこと。

『指の付け根』は、親指から小指までの付け根と、履き口のラインが合っているものがベストです。

履いてみたい、理想の高さの靴があるかも知れません。

しかし慣れないうちは無理をせず、ヒールの低いものから慣らしていくことも必要です。

どんな『ハイヒール』が履きやすい?

でも、やっぱり憧れる『ハイヒール』。

どうしても履いてみたいんです!

……気持ちはわかります。

 

個人差はありますが、なるべく痛くなく履ける『ハイヒール』のポイントを挙げてみます。

ストラップのあるもの。

⇒足首を支えてくれるので、安定感が出ます。

ヒールの太いものを。

⇒ピンヒールのようなものはグラグラするので、ヒール自体が太い方が楽。

ソール(靴底全体)も分厚いものを!

⇒ヒールが高くてもソール全体も分厚ければ、履き心地はパンプスに近くなります。

インソール(中敷き)を入れる。

⇒クッション性のあるインソールを敷くと、足が疲れにくくなります。

とにかく試着!

⇒足に合っていなければ、ヒールの高い低い以前の問題になってしまいますので、しっかり試着をしましょう!

就活には、こんな靴がおすすめ

就職活動用のリクルートパンプスの選ぶポイントって?(キャンパスTV)

就職活動の場で求められるのは個性的なオシャレではなく、その場に相応しい服装。

リクルートスーツに合わせた、シンプルで清潔な靴で挑みましょう。

ヒール5㎝以下の『パンプス』がベストです。

 

色は黒か紺が無難。

茶色でもOKかもしれませんが、あくまでスーツに合った色を。

エナメルのような素材はNGです!

デザインも、つま先の尖りすぎていない、シンプルなものでいきましょう。

 

そして就活期間中は、たくさん歩き回ります。

疲れにくく、痛くならない『パンプス』が最適です。

ヒール部分は太いものが安定していて歩きやすいでしょう。

歩き回ってヒール部分が削れると、カツカツッ! という大きな音の原因になるので急いで修理を。

また、スニーカーのような履き慣れた靴で移動するのもいいですね。

ちょっと荷物は増えてしまいますが、面接の時に『パンプス』に履き替えれば問題ありません。

 

人生の重大な分岐点のひとつ、就活。

自分の個性を発揮するのは就職が決まってから、という割り切りも必要です。

就活ファッションが個性的すぎるのは、マイナスポイントになってしまうことも……。

足もとにまで気を配った清潔感のある身だしなみで、頑張ってください。

履きやすく疲れにくい『パンプス』は、あなたの強い味方です!

スポンサーリンク

おわりに

就活の戦友、『パンプス』。

一方の『ハイヒール』は、女子の永遠の憧れでしょうか。

どちらを選ぶにしても、念入りなフィッティングは必須です。

納得のいくまで試着して、ピッタリの一足を見つけてください。

それと、もうひとつ。

『ハイヒール』を履く際には、ヒザを曲げず、背筋を伸ばして颯爽と歩きましょう!

 

靴に限らず、女性用の服飾品には、格好いいカタカナが多用されますよね。

格好いいのですが、実際にはちゃんとした区別が理解できないまま使っているものも多かったりします。

豊富なファッション用語を使いこなすのって、ハイヒールを履きこなすより大変そう……。

でもこれを読んでからは、『パンプス』と『ハイヒール』に関しては、自信をもって語ってもらえれば嬉しいです!

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.