違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

パソコン

その他の違い

個人情報保護方針とプライバシーポリシーの違いをわかりやすく解説

最近、よく話題に挙がる問題として、

『個人情報保護』

があります。

 

個人情報は、色んな場面で使われ、

『個人を特定するために必要なもの』

となっています。

ですが、これと同じようなものに、

『プライバシーポリシー』

が存在しています。

 

これも、個人情報保護方針と同じで、

『特定の個人情報を取り扱う際に使われるもの』

となります。

ですが、これら2つは、

「何が違うのか分からない」

ことが多いのです。

 

そこで、今回は、

『個人情報保護方針とプライバシーポリシーの違い』

について紹介します。

何が違うのか知りたい人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

個人情報保護方針とプライバシーポリシーの違いとは?

個人情報保護方針とプライバシーポリシーは、

『しばしば同じものとして使われる』

ことが多いものです。

 

それほど、一般的には、

『同じものという認識が強い』

ことを表しているのです。

個人情報とプライバシーで考えれば、意味は違ってくる

個人情報保護方針とプライバシーポリシーの違いは、確かにあります。

その違いは、

『個人情報とプライバシー』

という点にあるのです。

 

元々、個人情報は、

『氏名・生年月日・住所・電話番号で、特定の個人を識別できるもの』

を意味しています。

そして、プライバシーは、

『個人や家庭内の私生活・個人の秘密、外部から干渉されない権利』

のことを言います。

 

つまり、

『情報の種類が違う』

ということになります。

 

広く見れば、どちらも個人的なものですが、もう少し詳しくすると、

  • 個人情報=個人を特定できるもの
  • プライバシー=個人が持つ秘密の情報(特定の人物を指し示すとは限らない)

と分けることが出来るのです。

例えば、個人情報が漏れた場合、

『その内容で、どこの誰かを確実に把握される』

ことになります。

 

ですが、プライバシーが漏れた場合は、

『その人の情報+その人が知っている、別の人や物の情報』

などが分かるのです。

また、プライバシー情報は、

『100%正しい情報とは限らない』

ため、個人を特定できない場合も出てくるということです。

 

その点、個人情報なら、

『戸籍に載っているような、信憑性の高い情報』

となるため、ほぼ確実に、個人を特定されることになります。

 

そう考えると、個人情報とプライバシーは、

『状況によって、情報の質に差が出るもの』

という点で、違いがあると言えます。

個人情報保護方針とプライバシーポリシーになると、同じ意味になる

個人情報とプライバシーの意味について解説しました。

これら2つを比べると、

『少し意味が異なる』

ことが分かるでしょう。

 

ですが、この2つの言葉を、

『個人情報保護方針とプライバシーポリシー』

に変えると、同じ意味を持つようになるのです。

 

これは、

『2つの言葉に、明確な違いを定めていない』

ことが原因となっています。

 

個人情報保護方針は、

『個人情報保護法』

を根拠にしています。

その為、個人情報保護法に規定されている内容を含めたものとなっているのです。

そして、これは、

『プライバシーポリシーも同じ』

だと言えます。

 

また、定められる内容に関しても、

『ほとんど同じ』

であり、実際、読んでも違いは分からないことがほとんどです。

 

また、会社によっては、題名に、

『個人情報保護方針・プライバシーポリシー』

とつけられているものもあります。

このことからも、

『個人情報保護方針とプライバシーポリシーに、明確な違いはない』

ことが分かるでしょう。

 

内容が合っていれば、名称にこだわる必要はない

スマホを持つ手

個人情報保護方針とプライバシーポリシーについて解説しました。

これら2つは、細かい違いはあっても、大きな視点で見れば、

『ほとんど同じ意味』

だと言えるものなのです。

 

また、これはあまり知られていませんが、

『個人情報に関する文面を記載する際、決まった題名をつける必要はない』

ことについても、触れていきます。

個人情報保護方針やプライバシーポリシー以外の名称でも、分かれば問題ない

世間一般で、

『個人情報保護方針やプライバシーポリシーという名称が浸透している』

ため、これらを使った告知をしなければならないと考える人が多くなっています。

 

ですが、これはあくまで、

『読み手側に、確実な理解を促すため』

に使われているだけなのです。

 

つまり、

『個人情報保護法に基づく内容であれば、題名にこだわる必要はない』

ということです。

 

例えば、プライバシーポリシーという名称以外にも、

『プライバシーステートメント』

と呼ばれているものがあります。

また、プライバシーを、

『privacy』

としていることもあり、必ずしもプライバシーポリシーが使われるわけではありません。

 

このように、個人情報保護方針やプライバシーポリシーは、

『ある種の思い込み』

によって、これである必要性を求められているのです。

実際、

『最も分かりやすい言葉』

であることに、変わりはないですからね。

 

個人情報保護方針とプライバシーポリシーに関しては、

『内容がほとんど同じ』

のため、明確な違いを説明するのは、かなり難しいと言えるでしょう。

先程解説したように、

『個人情報とプライバシー』

に限定すれば、まだ違いが分かるということだけ、覚えておいてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『個人情報保護方針とプライバシーポリシーは、明確な違いを示せないもの』

ということが言えます。

 

実際、個人情報保護方針とプライバシーポリシーは、

『内容もほぼ同じで、世間の認識としても同じ』

とされるものです。

細かく見れば、少しは違いがあっても、結局は、

『同じような意味』

だと、捉えられるだけになるでしょう。

 

今後、個人情報保護方針とプライバシーポリシーに、

『明確な決まりを設ける』

ことになれば、今よりも違いが分かりやすくなるかもしれません。

その為、ひとまずは、

『細かく見れば、確かに違いはある』

という認識を持っておくようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.