違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

道路

その他の違い

道路使用許可と道路占用許可の違いをわかりやすく解説!その意味は?

工事やイベントなどで、車道・歩道・河川などの自治体が管理している敷地外を利用する場合、

道路使用許可

道路占用許可

の申請が必要です。

この2つは言葉は、似ていますが違いがあります。

では、

『道路使用許可』と『道路占用許可』はどのような違いがあるのか?

また、

『道路使用許可』と『道路占用許可』のそれぞれの意味は?

今回は、これらの違いをわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

『道路使用許可』と『道路占用許可』の違い

2つの違い

『道路使用許可』と『道路占用許可』の違いは、

申請する場所

申請する条件

となります。

申請する場所は、

所轄警察署

自治体

申請する条件は、

工事車両の停車

仮設物の設置

などが挙げられます。

『道路使用許可』と『道路占用許可』は、申請する場所や条件に違いがあるんですね。

では、それぞれの許可の申請場所や条件について、さらに解説していきます。

道路使用許可を申請する場所と条件

道路使用許可は

所轄警察署

に申請します。

トラックやクレーン車、高所作業車などの

工事車両を敷地外に停車させて作業する時

に必要になります。

道路占用許可を申請する場所と条件

道路占用許可は国、都道府県、市町村などの

自治体

に申請します。

足場やゴンドラ、仮囲いなどの

工事関係の仮設物を敷地外に設置するため

に必要になります。

ただし、足場やゴンドラなどの仮設物を設置する場合、道路使用許可も合わせて必要です。

 

ここで簡単な例を見てみましょう。

申請の例

クレーン車、高所作業車などの工事車両のみの場合

『道路使用許可』を所轄警察署へ申請する。

足場や仮設物の設置の場合

『道路占用許可』を自治体に申請、『道路使用許可』を所轄警察署に申請する。

 

その他、許可に必要な対象物を表にまとめてみます。

許可に必要な対象物 道路使用許可 道路占用許可
工事用の足場
アーケード
電柱やポスト
袖看板
デモ行進
映画のロケ
工事車両の停車

 

例を挙げると、以上のようになります。

この表を見ると、

道路占用許可が必要な対象物には、道路使用許可も必要になる

ことがわかりました。

では、なぜどちらも申請が必要になるのか?

続いて、『道路使用許可』と『道路占用許可』の意味について解説していきます。

 

『道路使用許可』と『道路占用許可』の意味

意味

『道路使用許可』と『道路占用許可』では、規制する目的に違いがありました。

道路使用許可の目的

道路使用許可は、

人や車の交通に支障をきたすものを規制すること

が目的です。

この目的があるため、

交通の妨げになるであろう全てのものが許可の対象です。

表にあったようなデモ行進や映画のロケなど、工事に関係しないものも対象になるのは、これが理由でした。

道路占用許可の目的

一方、道路占用許可は

自治体(道路管理者)から見て、道路を正当な理由なく占拠されることがないように規制すること

が目的になります。

そのため、工事車両の停車やデモ行進、映画のロケなど一時的なものに関しては、許可の対象になりません。

 

以上のことから道路占用許可の申請が必要なものは、道路使用許可の申請も必要ということがわかりました。

では、『道路使用許可』と『道路占用許可』の申請手続の違いについて見ていきましょう。

 

『道路使用許可』と『道路占用許可』の申請手続きの違い

書類申請

『道路使用許可』と『道路占用許可』では、申請時の必要書類が違います。

道路使用許可に必要な書類

  1. 道路使用許可申請書(2通)
  2. 道路使用許可申請書の添付書類
  • 道路使用の場所又は区間の付近の見取図
  • 道路使用の方法又は形態等を補足するために公安委員会が必要と認めて定めた書類

出典:サポート行政書士法人「申請手続」https://www.shigyo.co.jp/kyoninka/dourokyoka/shiyou_senyuu.html

閲覧日:2019年7月20日

申請期間は、中2日ほど。

申請する所轄警察署や、内容によっては必要書類も変わってきます。

道路占用許可に必要な書類

  1. 道路占用許可申請書
  2. 道路使用許可申請書の添付書類
  • 申請個所位置図
  • 申請個所案内図
  • 現況写真
  • 平面図
  • 横断図
  • 縦断図
  • 構造図
  • 交通規制図(保安施設設置図)
  • 工程図

出典:サポート行政書士法人「申請手続」https://www.shigyo.co.jp/kyoninka/dourokyoka/shiyou_senyuu.html

閲覧日:2019年7月20日

申請期間は、2~3週間。

申請する内容によっては必要書類も変わってきます。

申請費用の違いは?

道路使用許可申請は条例で、手数料が定められています。

京都では2,000円、東京では2,700円など各都道府県で異なります。

 

道路占用許可申請は手数料はかかりません。

しかし、道路占用料が必要となります。

道路占用料は、対象物の大きさや場所などをもとに算出され、一定ではありません。

スポンサーリンク

まとめ

『道路使用許可』と『道路占用許可』の違いは

申請する場所

申請する条件

でした。

申請する場所は、

『道路使用許可は所轄警察署』

『道路占用許可は自治体』

となります。

また、申請に関しては、

『道路使用許可は、人や車の交通に支障をきたすもの』

『道路占用許可は、道路を正当な理由なく占拠されるもの』

が対象になります。

『交通の妨げになるであろう全てのものが対象になる道路使用許可は、道路占用許可の申請にも必要』

ということがわかりました。

そして、申請の手続きや費用に関しても違いがあります。

一般的には、関わることは少ないかもしれません。

ただ、いざという時に、違いがわかっていれば手続きもスムーズになりますね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.