違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

教室

違い

講師と教諭の先生の違いをわかりやすく解説!給料もチェック!

投稿日:

はなこ
学校の先生って、みんな同じ『先生』なんじゃないの?

『教諭』とか『講師』とかって、一体なに?

 

……はい、どっちも『先生』で間違いありません!

 

『教諭』『講師』のいずれも、

『勉強を教えてくれる人』

という意味では同じ『先生』です。

その先生に区別があるなんて、普段あんまり気にしませんよね。

呼び名の違いよりも、教え方の上手下手や、ちゃんと相談に乗ってくれる優しい『先生』か、ということのほうが、生徒たちには重要です。

 

ですが、『教諭』と『講師』には、はっきりとした違いがあります。

  • 公立と私立の違い
  • 給料の違い
  • 目指すならどっち?

などなど。

そこで、この記事では『教諭』と『講師』についての説明をしていきましょう。

メモ

塾の場合も『先生』『講師』ですが、今回は学校の先生のお話です。

スポンサーリンク

『教諭』と『講師』の違い

教師

『教諭』、『講師』とは、双方ともに、幼稚園や小・中・高校で教える『先生』と呼ばれる人たちのこと。

お医者さんや政治家、漫画家や小説家など、『先生』と呼ばれる職業は色々ありますが、ここは『学校の先生』でいきましょう。

 

『先生』になるには、大学の教職課程を履修して、教員免許をとることが必要になります。

その上で『教諭』になるには、教員採用試験を受験し、合格しなければなりません。

つまり基本的に、『教諭』と『講師』の違いとは、

教員採用試験に受かったかどうか

ということです。

 

最近は、生徒数の減少とともに教員の採用枠が減り、教員採用試験は狭き門となってきています。

公立学校の『教諭』は、終身雇用の公務員です。

『教諭』を大量に採用しておいて、あとから先生の数が余ってしまったからと、辞めてもらうわけにはいきません。

かといって先生の不足はいろいろな面で大問題です。

また、正式に採用されても病気や出産・育児、長期の研修等で、やむを得ず休む場合もあります。

 

大変です、先生が足りません!

そこで『講師』の登場です。

『講師』になるにも教員免許が必要です。

参考

非常にまれな例ですが、公立学校で教員免許なしでも『講師』として勤務できる場合もあるそうです。

休みをとる『教諭』の代わりを頼んだり、将来の生徒数の減少を見越して『講師』にも『教諭』と同じように勤務してもらう。

そうすることによって、安定した学校の運営ができるようになっているのです。

このような違いを念頭に、次はそれぞれの仕事や役割、待遇等を見ていきます。

『教諭』とは?『教師』とは違うの?

厳密には、『講師』も『教諭』の中に含まれます。

しかし、ここでは『講師以外の教諭』について話していきます。

教員免許を取得したのち、都道府県や政令指定都市の『教員採用試験』に合格すれば、公立学校の『教諭』になることができます。

私立校であれば、その学校ごとの採用試験を受験します。

 

さて、『教諭』と『教師』の違いです。

色々なことを教えてくれる人すべてが『教師』であるのに対し、『教諭』には以下の定義があります。

児童、生徒の教育、または幼児の保育にあたる学校職員のこと。

『教師』または『先生』のうち、採用試験に合格して正式に採用された教員を指すわけですね。

勤務内容は授業はもちろん、クラス担任や部活動の監督・指導、生徒の引率など。

一般に言われる『学校の先生の仕事』です。

参考

その他にも様々な『雑務』があり、それが近ごろ問題になっている超過勤務の原因にもなっているようです。

公立校の『教諭』は公務員で、終身雇用制。

月給やボーナス、有給休暇、福利厚生などもきちんとしていて、一般企業の『正社員』に近い待遇で生活も安定しています。

給料は、『公務員の中では少ない方』ですが、経験年数による昇給もあります。

新採用の初任給は20万円ほど。

自治体により違いはあります

これが勤務年数により上がっていくわけですね。

その他、年に2回のボーナスも出ます。

 

本当に、普通の会社と似たシステムです。

ただし、一般企業のような残業手当はほとんどありません。

 

また、各都道府県の定めるルールによる『異動』もあります。

3~4年ぐらいで、異動(転勤)の対象になります。

公立校で、同じ学校に長く勤務している先生もいますが、それは何らかの特別な事情があるなどの、まれな場合になります。

学校や地域に、ようやく馴染んだところで異動というのは辛いことでしょうが、色々な場所で経験を積むのも大切なのですね。

 

一方、私立校の『教諭』の場合、

学校によって月給ではなく年俸制の場合

もあるようです。

これは『講師』も同様です。

その学校ごとのルールによってさまざまです。

ただし、私立校の職員は公務員ではありません。

雇用関係は、その学校の経営者との間で成り立っているのです。

国や地方自治体は関与していないのです。

経営状態が悪化すれば、学校が潰れたり、リストラされることもあります。

 

また、私立校では、

まずは『講師』として勤めたのち『教諭』に抜擢される

といった流れになることが多いようです。

『講師』から『教諭』にステップアップしていくのですね。

採用試験も、それぞれの学校独自のものになります。

公立校は、試験に受かってから勤務地が決定します。

しかし、私立校では受験した学校に勤務することになります。

働きたい学校の採用試験を受ければいいのです。

 

公立・私立の違いはあるものの、『教諭』とは、まさしく我々の知る『先生』そのものですね。

『講師』とは?常勤・非常勤でも違いはある?

なぜ『教諭』の他に『講師』も存在するのか。

まずは出産や病気で長期間お休みする『教諭』の代わりとして、というのもの。

また生徒数の減少で将来先生が余ってしまう場合を想定し、終身雇用ではない『講師』を採用しておく、なども考えられます。

『講師』は、1年ごとの契約なのです。

 

さて『講師』とはどんな人がなるのでしょう。

  • 教員採用試験は不合格だったが、『講師』として勤務しつつ次の試験にも挑戦する。
  • 教員免許は持っていても『教諭』になるつもりはなく、採用試験は受けない。
  • 過去に『教諭』として勤務していたが、一旦退職したのち復職する。

試験の不合格者の中から選ばれたり、講師として登録をしている人に、学校側から声がかかったりするケースもあります。

『講師』には普通の教員同様に勤務する『常勤講師』と、自分の担当する授業のみ出勤する『非常勤講師』とがあります。

 

『常勤講師』であれば、正式採用ではないものの、待遇は正規の教員とあまり変わりません。

公立校の『講師』は正規の教諭と同じ『一般職地方公務員』で、副業も禁止です。

その立場は

『期限付きで採用される非正規雇用の教員』

となっていて、産休中の先生に代わって採用されても、期間はその先生が復職するまで。

戻るまでの代役なのですね。

 

代役でなくても、契約は1年ごと。

そのまま続けて雇用されたとしても、どうしても立場は不安定です。

給料は正規職員と同じ月給制で、金額も同年代の教諭とほぼ同じくらいです。

しかし、正規職員と違って年齢ごとの昇級はなく、一律であることがほとんど。

また、退職金も1年ごとになるため、教諭と同じだけ働いてもかなり差が出てしまいます。

では『非常勤講師』はどうでしょう。

 

こちらはさらに待遇に差が出ます。

まず給料は月給ではなく、働いた時間分だけの『時給』(1時間2000~3000円くらい)。

夏休み期間中など、授業がなければ収入はゼロですし、ボーナスはありません。

ただし副業はOKなので、塾の講師などもやっている人も多いようです。

契約は、ほとんどが1年間となります。

しかし学校にとっては、『常勤・非常勤』ともに、欠かせない存在でもあります。

『常勤講師』のデメリットは、

採用試験のための勉強時間が取りずらい

という点。

しかし『講師』として教育現場で経験を積むことは、必ずメリットになります。

 

なお、私立校では前述のように『講師』として勤務したのち、その学校で専任の『教諭』になる、という形が多くなります。

公立校であれば契約期間が過ぎたのち、次の学校を紹介されるということもあります。

ですが、私立校の場合、退職後の次の職場は自力で探すことになるようです。

生徒数の減少により、年々厳しくなっている『教諭』への道。

『教諭』の代役でもある『講師』ですが、生徒に色々なことを教える先生であるという点では『教諭』と変わりありません。

 

『教諭』と『講師』の違いのあれこれ!目指すならどっち?

めちゃ楽しい音楽の授業 山口知香(服部知香)

言ってみれば『教諭』は『正社員』、『講師』は『契約社員』。

だいたいの違いは分かってもらえましたか?

それでは『教諭』と『講師』の違いを、おさらいしてみましょう!

『先生』になるのに必要なものは?

大学の教育課程を修了後、『教員免許』を得ることです!

『教諭』と『講師』はどんな先生?

教諭:正規雇用の教員で、児童・生徒の教育、幼児の保育をする学校職員(高校生までが『生徒』です)。

講師:臨時、または期限付きで採用される非正規雇用の教員で、教諭の職務を補助する(産休、育休、病欠などの先生の代役)。

『教諭』と『講師』の大きな違いは?

『教員採用試験』に合格したかどうか。

教諭:公立なら都道府県、政令指定都市が行う教員採用試験、私立ではそれぞれの学校ごとの採用試験の合格者。

講師:採用試験に不合格、もしくは初めから受けていない人(一度退職した教諭が、復職して講師になることも)。

『教諭』と『講師』に勤務時間に違いはある?

教諭と常勤講師:同様に勤務し、『講師』もクラス担任になったり部活動を受け持つ場合がある。

非常勤講師:担当の授業のみ受け持つ。

『教諭』と『講師』に給料の違いはある?

教諭:月給制で初任給は20万円ほど、昇給、ボーナスあり。

常勤講師:月給制で、若いうちは正規の教諭とさほど差はありませんが、一定以上は上がらないことがほとんど。

非常勤講師:時給制(2000~3000円ほど)でボーナスはなく、学歴や経験による給与の上乗せもありません。

『教諭』と『講師』で楽なのは?

教諭:生活は安定していますが、生徒や保護者との関わり、責任等を考えると『楽』とは言いがたいかも。

常勤講師:正規雇用の教諭とほぼ同じ仕事ですが、1年ごとの契約になるため生活は安定しません。

正規採用のための勉強時間も必要なので『楽』ではないです。

ですが教員採用試験の合格を目指すなら、講師で経験を積むことは重要。

非常勤講師:授業時間のみの出勤は『楽』ですが、その分収入などでは楽ではありません。

ポイント

常勤・非常勤とも、正規採用の教員になるのが目標ならば、教員採用試験の突破が必要です。

『講師』として一生懸命働くほど、試験勉強にさける時間は少なくなります。

でも現場で得た知識や経験は必ず役立ちますので、 頑張ってください!

 

『教諭』と『講師』の『公立』と『私立』での違いは?

公立

都道府県、または政令指定都市の行う『教員採用試験』で採用される。

『教諭』『常勤講師』は公務員。

『教諭』『常勤講師』は月給、『非常勤講師』は時給が基本。

また、通常『異動(転勤)』がある。

私立

各学校ごとに独自の採用試験で採用される。

私立の『教諭』は公務員ではない。

給与形態は学校ごとに異なり、年俸制のところもある。

『非常勤・常勤講師』として採用されたのち『教諭』にステップアップ、といったシステムも公立とは異なる。

スポンサーリンク

おわりに

いつも教わっている先生が『教諭』ではなく『講師』だったら、がっかり……ということは、あるでしょうか?

採用試験に合格していない、という点が気になる人はいるかも知れません。

けれど授業や部活動に熱心な『講師』ほど試験勉強の時間がとれない、というのが現実。

また、生徒数の減少により教員の採用数が減っていることも事実です。

ベテランの講師には、いろんな学校で教えてきた経験があります。

かと言って『教諭』が頼りない、というわけでもありません。

『教諭』も『常勤講師』、『非常勤講師』も、みんな先生です。

教えてもらう生徒にとっては『教諭』か『講師』かは問題ではありません。

親身に話を聞いてくれて、授業もわかりやすく、そして楽しい『先生』が一番!です。

『教諭』を目指す人も、とりあえず『講師』でいいかな、という人も頼れる『先生』を目指してください!

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.