違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

カメラ

その他の違い

【カメラ】一眼レフとミラーレスの違いをわかりやすく解説!

あなたは普段カメラを使いますか?

「使ってないな~」

そんなあなたでも、これからカメラに興味をもつ時がくるかもしれませんよ!

筆者も初めて一眼レフで、写真を撮らせてもらったときは、興奮したものですから。

 

さて、カメラにはいろいろ種類がありますよね?

「たくさんの種類がありすぎて、よくわからないな、、、」

ということもしばしばあるでしょう。

そこで、今回は、カメラの中でも混同されやすい、

『一眼レフ』

『ミラーレス』

の二つのカメラに焦点を当てて解説していきます。

スポンサーリンク

一眼レフとミラーレスの違いを簡単にまとめると?

カメラ

中の構造が違う

一眼レフは、

鏡(レフ)

を使いますが、ミラーレスは電子部品を使います。

大きさが違う

一眼レフのほうがミラーレスよりも大きい

バッテリーの持続時間が違う

一眼レフのほうが、ミラーレスよりバッテリーが長持ちする

撮影時の快適さの違い

一眼レフのほうが、ミラーレスより快適に撮影しやすい。

 

一眼レフってどんなカメラ?

一眼レフは、知名度が高いカメラで、最初の機種は1861年に作られているそうです。

長い歴史をもっているんですね。

それでは、一眼レフがどんなカメラなのか見ていきましょう

一眼レフの仕組み

一眼レフの構造としては、

  1. レンズから入った光がカメラの中にある鏡(レフと呼ぶ)に反射する
  2. ペンタプリズムという部品に光が移動する
  3. ファインダーに光が映し出される
  4. 撮影者がその光(映像)を見る

という仕組みになっています。

一眼レフの『レフ』というのは、このカメラの大きな特徴です。

一眼レフは大きい

一眼レフは、中に『レフ(鏡)』が入っています。

そのため、どうしても

構造上サイズが大きくなってしまいます。

しかし、逆に考えれば、握る部分が大きいため、撮影時に安定します。

また、ボタンなどの操作パーツが余裕をもって配置できるので、操作もしやすいです。

バッテリーの持ちがいい

一眼レフは、その中心の仕組みが『レフ』というアナログな装置ということもあり、

バッテリーをあまり消費しません。

そのため、

長時間使用するには適している

と言えます。

例えば、Canon EOS Kiss X7という機種は、最大で約500枚近くまで撮影が可能です。

 

ミラーレスってどんなカメラ?

それでは、ミラーレスとは、どのようなカメラなのでしょうか?

 

ミラーレスは、

眼レフよりも新しいカメラの種類

で、市場も現在成長中です。

また、一眼レフとは様々な違いがあります。

ミラーレスの仕組み

ミラーレスの大きな特徴は、

『レフ』がないこと

にあります。

つまり、鏡がありません。

ミラーレスという名前の由来も、この特徴から来ているんですね。

 

ミラーレスの仕組みは、

  1. 光がレンズから入る
  2. 光がイメージセンサーに当たる
  3. 光が電子ビューファインダー内の液晶に映し出される

という感じです。

撮影前に確認できる

上記の構造のため、一眼レフと比べると、どうしても

撮影時にタイムラグ

が生じてしまいます。

しかし、液晶に撮影したい映像が映し出されるので、

撮影する前に明るさや雰囲気を確かめること

が可能となっています。

コンパクトな大きさ

レフを使うカメラだと、レフを含む部分が場所をとるので、どうしても大きくなってしまいます。

しかし、ミラーレスは、その名の通り、レフがありません。

そのため、

ミラーレスは小型でコンパクトにすることが可能

なのです。

電池を消費する

ミラーレスは、レフの代わりに、電子ビューファインダーを使います。

そのため、

ある程度のバッテリーが必要

になってきます。

つまり、液晶画面を使うという特徴は、長所であるのと同時に、短所にもなり得るわけです。

ただ、そこまで神経質になることはありません。

一つのバッテリーで、300枚は撮ることが可能だからです。

 

一眼レフとミラーレスの違い

ここまで、一眼レフとミラーレスについて、それぞれ解説してきました。

それでは両者を比較して、違いを解説していきます。

中の構造が違う

全ての違いの原点は、この

『構造の違い』

から来ていると言えるでしょう。

構造の違いを簡単に言うと、

  • 一眼レフは、『レフ』と呼ばれる鏡を使う
  • ミラーレスはレフを使わずに、電子ビューファインダーや液晶画面を使う

という感じです。

つまり、レフの有無が相違点ということです。

大きさが違う

大きさを比較した時には、一眼レフの方が大きく、ミラーレスのほうがコンパクトです。

これもレフの有無から来る違いですね。

一眼レフは、レフが組み込まれているから大きくなります。

一方で、ミラーレスはレスを使わないので、小さくすることが可能なのです。

バッテリーの持続時間が違う

バッテリーの持ちを比較すると、

一眼レフのほうが長く持ちます。

一眼レフはミラーレスに比べるとアナログな作りなので、バッテリーをあまり消費しなくても済むというわけです。

一方、ミラーレスは液晶などを使うので、電力を必要とするのです。

撮影時の快適さの違い

これは人にもよるかもしれません。

一般的には、一眼レフのほうが撮影するときには快適です。

 

この理由は二つあります。

まず一つ目は、

一眼レフのほうがファインダーをのぞきこんだ時にクリアに見えるから

です。

一眼レフは、レンズから入った光が直接撮影者の目に届くので、クリアな視界を確保できます。

一方、ミラーレスは液晶に映し出された映像を見るため、クリアさでは劣ります。

 

二つ目は、

一眼レフの方が実際に目で見ている景色と同じ写真が撮りやすいから

です。

一眼レフは、ただ光がレフに反射されているだけなので、光が瞬時にファインダーに届きます。

一方で、ミラーレスは光を一度液晶に映すために変換しなくてはならないので、タイムラグが生じるのです。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、最後に両者の違いをもう一度まとめます。

中の構造が違う

一眼レフは、鏡(レフ)を使うが、ミラーレスは電子部品を使う

大きさが違う

一眼レフのほうが、ミラーレスより大きい

バッテリーの持続時間が違う

一眼レフのほうが、ミラーレスよりバッテリーが長持ちする

撮影時の快適さの違い

一眼レフのほうが、ミラーレスより快適に撮影しやすい。

 

一眼レフには一眼レフの良さ、ミラーレスにはミラーレスの良さがあるのですね。

コンパクトで持ち運びやすいカメラを選ぶなら、ミラーレス。

性能を追求するなら、一眼レフ。

自分のスタイルにあったカメラを選んで、是非カメラの奥深さと、楽しさを感じてみてください。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.