違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

カメラ

その他の違い

【カメラ】一眼レフとデジカメとコンデジの違いをわかりやすく解説

投稿日:

あなたは写真をよく撮りますか?

撮る人も、撮らない人にとっても、写真は今までの思い出を形として、残してくれるものですよね。

その写真を撮る道具であるカメラ。

少しでもカメラに興味を持った人なら、

「カメラって種類が多すぎてよくわからない、、、」

と感じたことがあるでしょう。

技術が年々進歩するにつれて、今まではあまり有名じゃなかった機種なんかも出てきて、混乱しますよね。

そこで今回は、一般的に名の知れている

『一眼レフ』『コンデジ』『デジカメ』

の違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

一眼レフ・デジカメ・コンデジの違いを簡単にまとめると?

カメラ

デジカメは、フィルムを用いないカメラで、広い範囲のカメラを指します。

一眼レフとコンデジの違い

  • 画像センサーは、一眼レフのほうが大きいため、一眼レフのほうが画像が綺麗
  • コンデジは、レンズが交換不能、一眼レフは色々と交換可能
  • カメラの持ち運びは、コンデジのほうが優れている

 

デジカメって何?

では、最初にデジカメについて見ていきましょう。

デジカメは広い範囲を指す

日ごろ使われているデジカメという言葉は、

レンズを通った光が、光学センサーによって電気信号に変換され、最終的に画像データとなってメモリーカードに記録されるカメラ

のことを言います。

つまり、デジタルカメラは、

現在使われているカメラの大部分を指す広い概念

の言葉です。

デジタルカメラ以外のカメラとしては、フィルムカメラがあります。

こちらは、画像がメモリーカードに記録されるのではなく、フィルムに記録されるカメラです。

デジカメの種類

それではデジカメの種類を見ていきましょう。

主に、三種類に分けられます。

  • デジタル一眼レフカメラ
  • ミラーレス一眼カメラ
  • コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)

となります。

つまり、今回挙げている

コンデジと一眼レフは、デジタルカメラの一種

というわけですね。

また、他にも

  • アクションカム
  • 360度カメラ

なども、デジカメに当たります。

デジカメの正式名称

デジカメという言葉は、日常でよく使われますよね。

しかし、デジカメの正式名称は、

デジタルスチルカメラ

と言います。

そして、『デジカメ』という言葉は、

三洋電機という会社の登録商標

なのです。

つまり、勝手に『デジカメ』という名称を使うことはできません。

なお、『デジタルカメラ』という名称は使用が認められています。

 

一眼レフって何?

それでは、次にデジタルカメラの一つである『一眼レフ』について見てきましょう。

一眼レフの仕組み

一眼レフの大きな特徴は、

『レフ』と呼ばれる鏡

が内蔵されていることです。

そして、仕組みは、

  1. レンズから入った光がカメラの中にある鏡(レフと呼ぶ)に反射する
  2. ペンタプリズムという部品に光が移動する
  3. ファインダーに光が映し出される
  4. 撮影者がその光(映像)を見る

となっています。

一眼レフは構造上、本体サイズが大きくなりがちですが、

  • ボタン操作のしやすさ
  • 撮影時の安定性

には優れています。

そのことから、一眼レフは、

プロフェッショナルな撮影をしたい人

に選ばれるカメラです。

 

コンデジって何?

では、コンデジとは、どのようなカメラなのでしょうか。

コンデジの仕組み

コンデジは、構造的には、

ミラーレスカメラと非常によく似ています。

レンズから取り入れられた光がセンサーに送られ、その光が電気信号に変えられ、液晶画面に表示されるのです。

一眼レフとは異なり、レフを使わないので、比較的コンパクトです。

また、コンデジ特有の特徴としては、

レンズとカメラが一体

になっているということです。

つまり、一回カメラを買ったら、レンズを変えることができないということです。

一方で、一眼レフとミラーレスはレンズの交換が可能となっています。

 

一眼レフとコンデジの違い

次に、一眼レフとコンデジの違いを比べていきます。

画像センサーサイズ

一眼レフとコンデジには、どちらも『画像センサー』があります。

この『画像センサー』には、

レンズから入ってきた光を電気の信号に変える

という役割があります。

このセンサーは、大きいほうが光を集めやすく、暗闇でも綺麗な写真を撮ることができます。

そして、大きさは、

一眼レフの方が大きい

です。

つまり、

画像のきれいさでは、一眼レフの方が優れている

と言えるのです。

レンズの交換

コンデジは、カメラとレンズが一体になっているため、

レンズを交換することはできません

一方で、一眼レフは

多くの種類のレンズを使うこと

が可能となっています。

レンズの種類を挙げてみると、

  • 標準レンズ
  • 広角レンズ
  • 望遠レンズ
  • マクロレンズ
  • 魚眼レンズ

などがあり、様々なテイストの写真を撮影することができるのです。

持ち運びのしやすさ

一眼レフは、レフという部品を使うため、どうしても

大きく、重くなってしまいます。

一方で、コンデジはレフを使わない上に、レンズ一体化のカメラなので、軽量でコンパクトです。

なので、

持ち運ぶという点ではコンデジのほうが便利

と言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

では、最後にまとめです。

デジカメは、フィルムを用いないカメラで、広い範囲のカメラを指します。

一眼レフとコンデジの違い

  • 画像センサーは一眼のほうが大きいので、画像が綺麗
  • コンデジはレンズが交換不能、一眼レフは色々と交換可能
  • 持ち運びはコンデジのほうが優れている

総じて見てみると、

  • 一眼レフは、高精度の撮影を求めている人
  • コンデジは、スマホよりもワンランク綺麗な写真を撮りたい人

に向いているかもしれません。

一度いいカメラに巡り合えば、きっとその奥深さや魅力にどっぷりハマることになるでしょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.