違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

日本

違い

『にほん』と『にっぽん』の違いと正しい使い分け方を解説!

れいか
『にほん』と『にっぽん』?

語呂のいい方を適当に使ってますが、なにか問題でも?

 

いや、別に……それでいいと思います。

でも、どうして2種類の読み方があるのか確かに謎です。

しかもその謎が、

国の名前である『日本』という言葉の読みについて

だなんて。

とくに、日常生活で困ることではないかも知れません。

でも、やっぱり気になりますよね。

『にほん』と『にっぽん』、正しいのはどちらなのか?

また、使い分ける基準や、その決まりとは?

このような疑問を、そのまま放置していては、どうにも気持ちが悪い。

そこで今回は、二つの『日本』の読み方について、その違いを解説していきます。

スポンサーリンク

『にほん』?『にっぽん』? どっちが正解?

にっぽん

結論を先に言ってしまいましょう。

 

どちらも正解です!

 

政府の見解も、

『にほん・にっぽん、どちらでもOK』

なのです。

でも、ハッキリしてもらわないと、困ってしまうのですが……。

 

国内には名称に、『日本』とついた企業や団体がたくさんあります。

企業名や団体名は固有名詞ですから、間違えては失礼にあたります。

なのに、その読み方は『どちらでもOK』とされています。

漢字表記では『にほん』か『にっぽん』か判別ができないのに。

こちらで事前に読み方を調べておかなくてはなりません。

混乱必至です。

なぜ統一しないのでしょう?

 

実は、

昭和9年(1934年)に『文部省臨時国語調査会』が

平成21年(2009年)に政府が

それぞれが『日本』の統一提案をしているのです。

結局、統一とはならなかったわけですが、昭和9年に提案されていたのは『にっぽん』です。

 

実は、その1週間前に、日本放送協会(NHK)が、『日本』の呼称について方針を決定していました。

その決定が下記となります。

正式な国号(国の称号・国名)として用いる場合には『にっぽん』。

そのほかの場合には『にほん』でも可。

統一提案をした『国語調査委員会』は、このNHKの影響を受けたのでは、と言われています。

あくまで『(法律等の)明確な規定』ではありません。

 

NHKの決定の1週間後、『文部省臨時国語調査会』が発表した『にっぽん』を正式な呼称とするという統一案。

これは議決(決定)されたのですが、結局法律は制定されませんでした。

 

それから75年後の平成21年、『日本国号に関する質問主意書』が民主党議員により提出されます。

「『日本』の読み方を統一する意向はあるのか?」

という内容の質問でした。

政府は、

『統一の必要なし』

と閣議決定し、そのまま現在に至ります。

 

実際『にほん』も『にっぽん』も、双方とも国内外では、すでに認知されています。

今さら統一しても……

というわけで、混在する状態がそのままとなったのです。

 

会社名等の固有名詞でなければ、まず問題はありません。

例えば、スポーツ観戦の時などは『にっぽん!』と観客が連呼。

そのほうが気合が入るからです。

『NIPPON』の『P』が、インパクトのある発音を生んでいるのです。

『にっ・ぽん』というリズムも重要。

腹から声が出ますよね。

『にほん(NIHON)頑張れ~!』では、『ほ(HO)』の発音のせいで、どこか頼りない声援になってしまいます。

ちょっと大人しい印象です。

別に『にほん頑張れ!』でも良いのですが、スポーツの声援など、大声を出す場面では『にっぽん』のほうが優位でしょう。

逆に、気合いを入れなくてもいい日常的な話し言葉としては『にほん』が選択されます。

 

れいか
え? 気合が基準なの?! 日本人って、そんなに気合好き?

そもそも、統一案はなんで『にっぽん』だったの?

 

これには『日本』という名前の歴史が関係しています。

では次は、『にっぽん』について、その名の歴史なども見て行きましょう。

『にっぽん』とは?

スポーツの応援のイメージが強い、『にっぽん』という呼び名。

古くから使われていたのも、『にっぽん』のほう――さらにその前は、日本の国名は『大和(やまと)』でした。

神武天皇が九州から奈良へ移り、そこで治めた地が国号とされ『大和』。

『おほやまと』とも呼ばれていました。

 

『魏志倭人伝』で、有名な『倭(わ)』は、中国での日本の古い呼び名。

日本でも、紀元前後から7世紀末まで、対外的には『倭』または『倭国』と名乗っていたといいます。

そして7世紀頃には遣隋使・遣唐使が中国に派遣され、大陸文化が日本に入ってきました。

中国大陸を『隋』が支配していた7世紀初頭には、日本はまだ『倭』。

『日本』の名が現れたのは大宝2年(702年)といわれています。

大宝元年には『唐』の律令を参考にした『大宝律令』が完成。

『大宝律令』とは日本初の法律で、天皇中心の中央集権国家の始まりでもあります。

そして、この時に『日本』という名が国号となったのではないか、というのが通説となっています。

メモ

『日本』の表記は、

大化の改新(645年)の頃に初登場

しているようです。

 

さて、そもそもなぜこの『日本』という名称になったのでしょうか。

この言葉の出自はどこなのか?ですね。

これは、中国から見た時の

『東の果て』

という意味の言葉が元になっています。

『本』という文字には『木の根本』の意味があり、東の本、つまり『日の本(ひのもと)』。

ただし、表記は『日本』ですが、読みは『やまと』です。

 

当時、東アジアでは中国王朝が、大きな力を持っていました。

中国から見た位置が『日本』の由来なのです。

最初の『日本』の読みは、『にほん』でも『にっぽん』ありませんでした。

はじまりは『やまと』だったのです。

 

この国号としての『日本』が、『にほん』、『にっぽん』と読まれるようになったのは、

奈良時代(694~794年)以降

のことです。

中国をはじめとする諸外国は『日本』を『にっぽん』もしくは『じっぽん』と呼んでいました。

日本人も、それに合わせて自国を『にっぽん』、『じっぽん』と発音していたのです。

その後、外交以外の普段の言葉として『にほん』という読み方が発生します。

そして次第に『じっぽん』が消えていき、結果『にっぽん』、『にほん』というふたつの読み方が残り、現在までに定着したというわけです。

 

――というのが、現在主流となっている一般的な説。

実際には『日本』という国号の成立がいつ頃なのか、はっきりとはわかっていません。

中国大陸では、王朝が代わるたびに新しい国の名が制定されてきました。

しかし日本では、天皇の代替わりによる『改元』はあっても、天皇家そのものはずっと続いています。

国号を変えて『新しい国』の誕生を海外にアピールする必要性がありません。

そのため、はっきりした成立時期が曖昧なのでは、とも言われているのです。

いずれにせよ、これらには定まった説はなく、研究者によってまちまち。

ですので、とりあえず一般的とされているひとつの説、と思っておいてください。

 

さて、『にほん』という読み方の誕生についても諸説があります。

有力とされているのは『ひらがな』との関係です。

平安時代に生まれた『ひらがな』には、促音(小さい『っ』)や半濁音(上に『゜』のつく文字)がなかったから、とする説です。

そこで『にっぽん』→『にほん』。

以上が、『にっぽん』という読み方の生まれた歴史と、その背景でした。

『にほん』とは?

次は『にほん』についてです。

意味として、『にっぽん』と違いは、ほぼありません。

ただ、かつて対外的に使われていたのが『にっぽん』だったためか、NHKでは

「正式な国号は『にっぽん』、その他の場合は『にほん』でも良い」

としているのですね。

 

ちなみに国政の長である総理大臣ですら、それぞれ違う読みを使っています。

例えば安倍首相は『にっぽん』を使うことが多く、麻生元首相はどちらも同じくらい用いているそうです。

つまり、どちらもOKなのですね。

話し言葉では圧倒的に多く使われている『にほん』。

『にっぽん』を使うのは年配が多く、若い人ほど『にほん』を使用する傾向

にあるようです。

 

現在の憲法は『日本国憲法』。

どちらでも良いとされていますが、一般的には『にほんこく』憲法と呼ばれます。

ですが戦前の『大日本帝国憲法』は『だいにっぽん』帝国憲法です。

『大日本帝国』の読みそのものが『だいにっぽんていこく』だからです。

この辺りも、高齢者が『にっぽん』を多用する理由かもしれません。

 

『にほん』と『にっぽん』、どちらを使いますか?

という内容のアンケートでは、時代によって結果に差があります。

昭和38年(1963年):『にほん』45.5% 、『にっぽん』41.8%

平成15年(2003年):『にほん』61% 、『にっぽん』37%

かつて、公の場や愛国心を語る際などでは『にっぽん』を使うイメージがありました。

何かを主張したい時などは、発音に気合の入った『にっぽん』を使用したいのでしょう。

『にほん~』ではなく『にっぽん!』という感じです。

それでも辞書などで『にっぽん』と調べると、『にほんの事』と書かれていたりします。

かつての『国号』であり、また現在もNHKが『正式な国号』としている『にっぽん』なのに……ちょっとかわいそう。

しかし最近はそんな『にっぽん』も、少しずつ盛り返して来ています。

企業の社名やテレビの番組名に『にっぽん』を冠するものが増えてきているのです。

今後、『にほん』と『にっぽん』のどちらが優勢になってくるか、注目してみるのも面白いかもしれません。

 

重要なのは『日本』という国号がしっかり定まっていること。

そうすれば、

「発音はそれほど気にしなくてもいい」

とも言われているようです。

確かに、日本語には同じ言葉を少しだけ言い換えたものがけっこうあります。

『それほど』を『さほど』、『やっぱり』を『やはり』など、どちらでも別に構いません。

好きなほうを使って大丈夫なのです。

こうなると、同じ漢字に違った読みがあっても別に問題ないかも、という気になってきますね。

 

『にほん』と『にっぽん』を比較! 使い分けは?

にほん

『にほん』が依然優勢ながら、『にっぽん』も盛り返してきているのが現在の傾向です。

では今後、どのように傾向は変動するのでしょうか?

 

さて、『にほん』『にっぽん』の名をを持つ代表的なものを、以下にいくつか挙げてみます。

『にほん』読み

固有の名称

日本大学/日本テレビ/日本共産党/日本経済新聞/ 日本橋(東京) など。

固有名詞以外のもの

日本画/日本海/日本酒/日本風/日本料理/東(西)日本 など。

『にっぽん』読み

固有の名称

日本放送協会(NHK)/日本体育大学/日本武道館/日本社会党/日本橋(大阪)/日本航空(※)/日本銀行(※) など。

固有名詞でないもの

日本/日本国民/日本賞など。

 

問題なのは固有の名称です。

『固有の名称』以外ならば、『にっぽん』でも『にほん』でも違和感はないように思えます。

そして(※)をつけた『日本航空』ですが、正式名称は『にっぽん航空』。

けれど、報道機関などには

「『にほん』でお願いします」

と会社側が言っているそうです。

 

英字では『NIPPON KOKU』と表記されるのが、どうしてなのか、当事者にも不明だからなのだとか。

また『日本銀行』も『にっぽん銀行』が正式。

お札の裏にも『NIPPON GINKO』と書いてあります。

こちらも、なぜそうなったのか謎だったのだそうです。

日本銀行自らの調査によると、

『力強い日本』のイメージを推したかった明治時代の通貨当局の意向か――

との結論を出しているみたいですね。

薩摩出身者が多かった、当時の偉い人たちによるゴリ押し。

けっこう説得力があります。

 

さて、傾向としては、使う側の感覚による部分が大きいようですね。

より無骨で硬派なイメージにしたい場合は『にっぽん』。

時代の流れ沿ったスマートさを演出したければ『にほん』。

微妙なニュアンスを使い分けるセンスが求められます。

 

いずれにしても、どちらの読み方も受け入れているあたりに日本人らしい寛大さがうかがえますね。。

ちなみに、スポーツの国際試合などで連呼される『にっぽん』。

英語の表記では『NIPPON』よりも『JAPAN』とする場合が多いそうです。

雑誌などでもこれまで『NIPPON』としていた部分を『JAPAN』に、というのも最近のトレンド。

 

しかし、これもまたひとつの説ですが『ジャパン』は『じっぽん』から生まれた言葉である、とも言われています。

要するに、日本の国号は『日本』である、と。

ここさえはっきりさせておけば、発音など気にしなくていいのかもしれません。

使い分けにも違いはないし、厳密な決まりもありません。

あるのはニュアンスの違いのみで、どのように読んでも間違いはない。

ここに至るまでの長い歴史が『にほん』や『にっぽん』であり、日本人の国民性なのでしょう。

スポンサーリンク

おわりに

はじまりは『やまと』。

次に『にっぽん』や『じっぽん』になり、さらに『にほん』が加わり、『じっぽん』が消えた。

そして『にっぽん』が優勢だった戦前から、『にほん』が人気の現在。

けれど、またもや『にっぽん』が盛り返し、それでも『にほん』も頑張っていて…

 

そう、日本人は物事に対する許容範囲が広いのです。

だから現在でも、両方の読み方を受け入れている。

それでいいのですね。

どちらを使ってもいい

ということさえ、分かっていれば、それでいいのです。

 

長い歴史があれば、さまざまな変化は常にあるものです。

今後、『日本』がどう変化して、いつか統一されることもあるかもしれません。

気にはなりますが、今後の歴史にゆだねるしかないわけです。

 

いかがだったでしょうか。

『にほん』、『にっぽん』の違いについて、いくらかでもスッキリしてもらえれば、幸いです。

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.