違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

コーヒー自販機

違い

コーヒー飲料と液体コーヒーの違いをわかりやすく解説!意味をチェック

「ご注文はお決まりでしょうか?」

「コーヒー、ブレンドで」

「ぼくはコーヒー飲料で」

「すみません、コーヒー飲料は当店ではお出しできません」

……意味がよく分からない会話です。

コーヒー飲料って、『コーヒー』って名前なのに、喫茶店じゃ頼めないの?

じゃあ、最近耳にするようになった『液体コーヒー』っていうのは何?

そもそもコーヒーって液体なのに、何でわざわざ『液体』コーヒーって言うの?

昨日もコンビニで買って飲んだ『コーヒー』。

あれって『コーヒー飲料』?

それとも『液体コーヒー』?

気になりだしたら眠れなくなりそう……。

『コーヒー』と『コーヒー飲料・液体コーヒー』の違いや成分について、せっかくのリラックスタイムにモヤモヤした気持ちにならないよう、しっかり解説していきます。

スポンサーリンク

『コーヒー・コーヒー飲料・液体コーヒー』の違い!

缶コーヒー

『コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約』

という規定があります。

消費者庁長官および公正取引委員会の認定を受け、事業者が作る自主的なルールのことです。

 

それによると、一般に『コーヒー』とされているものは3種類あるのです。

それは、

内容量100g中の生豆の使用量

によって分類されます。

コーヒー

⇒生豆5g以上

コーヒー飲料

⇒2.5g以上5g未満

コーヒー入り清涼飲料

⇒1g以上2.5グラム未満

中でも、牛乳の量の多いもの(乳固形分3%以上)については、『飲用乳』に関する規定により『乳飲料』になります。

コーヒー以外の紅茶やココアも、乳固形分3%以上なら『乳飲料』に分類されるのです。

 

そんなこと言っても、『生豆使用量』なんて見ても分からないし……

それに『生豆』って?

 

では、まず『生豆』から。

読み方は『なままめ』もしくは『きまめ』、生のコーヒー豆のことです。

生豆は、緑色をしています。

新鮮なものほど深い緑色で、時間がたって水分が抜けると、次第に白っぽい色に。

これを火で煎ることを『焙煎』と言います。

焙煎後のコーヒー豆は、お馴染みの深い茶色になります。

コーヒーは『コーヒーノキ』という木の種子。

真っ白な花から赤い実ができ、その果肉を取り除いたものがコーヒー豆(生豆)なのです。

 

『コーヒー』が、ただの茶色い粉じゃなかったこと、だんだん分かってきましたね。

次は、すべての基本である『コーヒー』について少し見ていきましょう。

『コーヒー』とは?

喫茶店で、マスターが淹れてくれる本格的なものは『レギュラーコーヒー』。

家庭で、お湯を注いで作る『インスタントコーヒー』。

さらには自販機などで買う『缶(またはボトル)コーヒー』。

『コーヒー』には、さまざまな種類があります。

 

実は『コーヒー』とは、正式には『レギュラーコーヒー』のみを指す言葉です。

『レギュラーコーヒー』とは、

焙煎し、粉砕したコーヒー豆からお湯や水で抽出したモノ。

砕かれた豆が、お湯や水に触れると、中からコーヒーの成分が出てくるのです。

この『レギュラーコーヒー』を乾燥させ、粉末にしたものが『インスタントコーヒー』になります。

『コーヒー』の成分

次は、気になる成分についてです。

コーヒーの健康効果について、さまざまな話がありますね。

ダイエットやアンチエイジング効果、脳の活性化、その逆のリラックス効果などなど。

 

代表的な成分である『カフェイン』をはじめ、酵素を活性化させる『クロロゲン酸』、『抗酸化作用』を持つビタミンも豊富です。

脳の活性化やリラックスには、コーヒーの香りが効果てきめん。

仕事などでピリピリしている時でも、あの香りを嗅ぐとやる気が出て来たり、あるいはゆったりした気分になったり。

 

食後に飲めば、消化液の分泌が促進されて消化が良くなります。

また二日酔いの原因である『アセトアルデヒド』も、カフェインの利尿作用によって、すみやかに排出されます。

コーヒー、いいことずくめですね。

 

ただし、コーヒーは飲み過ぎると成分が舌に残り、口腔内が酸性になって口臭の原因になります(水で洗い流せばOK)。

空腹時に飲めば、空っぽの胃に消化液が分泌されて胃を荒らすことにも。

『タンニン』が鉄分の吸収を阻害するので、食前の1時間は控えましょう。

『カフェイン』には、強い覚醒効果があり、寝つきが悪くなったり睡眠の質が低下したりするので、眠る前に飲むのはNG。

個人差もありますが、寝る4~6時間前には止めておきましょう。

ただし、昼寝などのちょっとした仮眠の前に、コーヒーを飲んでおくと、スッキリと目が覚めるとも言われています。

カロリーについては、コーヒーだけなら100g中たったの4キロカロリー。

ダイエット中の人でも、ブラックで飲めば問題なしです。

 

コーヒー抽出液100gに含まれる主な成分は、以下の通り。

カロリー:4キロカロリー

水分:98.6g

たんぱく質:0.2g

脂質:微量

炭水化物:0.7g

灰分:0.2g

カルシウム:2㎎

リン:7㎎

鉄:微量

ナトリウム:1㎎

カリウム:65㎎

ビタミンB2:0.01㎎

ナイアシン:0.8㎎

カフェイン:0.06g

タンニン:0.25g

※灰分(かいぶん):カルシウム、鉄、ナトリウムなどのミネラルのこと。

『コーヒー飲料』とは?

レギュラーもインスタントも『飲み物』だから、みんな『コーヒー飲料』なんじゃないの?

一瞬「そうかも?」と思いますが、公正競争規約によれば『コーヒー飲料』の生豆使用量は2.5g以上5g未満。

専門店などではコーヒー1杯につき、10〜12g前後の豆を使用します(しかも生豆ではなく、焙煎後の水分の飛んだ状態で)。

それが『コーヒー飲料』だと、2.5gから5g未満……。

はっきり言って薄いです。

『コーヒー風味飲料』と言ってほしいぐらいです。

自動販売機で買える缶やボトルのコーヒー、またパック入りのものなどの大半が、これですね(品名の表記も『コーヒー飲料』です)。

コンビニで、冷蔵庫などに並んでいるのが分類上の『コーヒー飲料』。

店員さんに淹れてもらったり、自分でコーヒーメーカーを操作して作るのが『コーヒー』です。

 

種類としては缶、ボトル缶、ペットボトル等がありますが、現在はボトル缶とペットボトルが優勢。

容量の多さが人気の理由であり、飲みきれなくてもキャップつきなので安心です。

タクシーや長距離トラックのドライバーが、眠気覚ましに飲むもの。

そういうイメージを払拭したかったのでしょう、各メーカーは一時『フレーバー系』などの商品に力を入れていました。

しかしコンビニ等で提供される『レギュラーコーヒー』に対抗できる商品へと方針を再変更。

『薄い、甘い』からの脱却を目指し、いかにレギュラーコーヒーに近づけるかを目標にしています。

 

そして最近のボトル缶では、品名の表示が『コーヒー』となっているものも増加中。

分類上は、ついに同じものとなったのですね。

また、『コーヒー入り清涼飲料』というものも存在します。

カフェインレスだったり、ミルクコーヒーのような微量(1g~2.5g未満)のコーヒー成分が含まれているものです。

コーヒーというより、『清涼飲料』なのですね。

 

飲んでみると、まさに「コーヒー……?」な感じの飲み物。

ただし、カフェインレスはカフェインが90%以上除去されているだけで、ちゃんとコーヒーらしい味がします。

つまり『コーヒー飲料』とは、缶・ボトル缶・ペットボトルなどのうち、『コーヒー入り清涼飲料』ではなく、さらに『5g以上の生豆使用のボトル缶』以外のもの。

 

この『コーヒー飲料』の一般的な成分は以下の通り。

  • 乳成分(乳固形分が3%以上になると『乳飲料』)
  • 甘味料(100g中7.5gが標準)
  • 香料
  • 乳化剤

使用されるコーヒー豆も、ミルクコーヒーが主力商品だった時代には、えぐみの強い『ロブスタ種』が使用されていました。

ミルクの味に負けないように、です。

本格路線を目指している現在では、『アラビカ豆』のような上品な味わいが特徴のものが多く使われています。

香料は、コーヒーらしい香りを強調するために用いられます。

乳化剤は乳成分とコーヒーが分離しないようにするため、加えられるもの。

そして生豆使用量は2.5~5g未満。

生豆の量が少ないので、コーヒーらしさを出すためにいろいろな『成分』が添加されているのです。

カロリーも、ブラックであれば、100gあたり4キロカロリー前後ですが、ミルクや砂糖が入れば、その分のカロリーが増えます。

たんぱく質、脂質も同じ。

商品ごとに加わった成分により、独自の数値になります。

 

運動の20~30分前にカフェインを取ると脂肪が燃焼しやすくなる、と言われています。

ですが、生豆使用量の少ない『コーヒー飲料』ではカフェインも少なめとなり、その効果はあまり期待できません。

しかも『コーヒー飲料』を飲んだ場合は、糖分によってむしろ逆効果となってしまいます。

ダイエットやアンチエイジングなどへの期待は、『コーヒー飲料』にはちょっと難しいかもしれません。

『液体コーヒー』ってなに?

『コーヒー』も『コーヒー飲料』も液体だし、全部『液体コーヒー』では?

……悔しいことに、ちょっと正解です。

『液体コーヒー』とは、ペットボトルや紙パックなどに抽出したコーヒーを詰めたもののことを言います。

『リキッドコーヒー』とも呼ばれていますが、ボトルコーヒーと言ったほうが分かりやすいかもしれません。

商品名で言うと、ブレンディーボトルコーヒーなど。

無糖や加糖、微糖などがあり、大手チェーン店のカフェなどでも売っているので自宅でお気に入りの味が楽しめます。

そのままストレートで飲んでも良し、ミルクを入れて飲んでも良し。

また、濃縮したコーヒー液を1杯分ずつ小さなパックに入れたポーションタイプのものも、『液体コーヒー』に含まれます。

場所を取らないので、冷蔵庫に常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。

また、こちらも分類上、生豆の使用量で『コーヒー』と『コーヒー飲料』に分かれます。

カフェなどで売られているものの多くは、『コーヒー』表記となっていますよ。

 

『コーヒー・コーヒー飲料・液体コーヒー』の違いアレコレ

自動販売機

もともと、『レギュラーコーヒー』という名前はありませんでした。

かつては、ただの『コーヒー 』だったものが『インスタントコーヒー』の誕生を受け、『レギュラー』をその名に付け加えたのですね。

そして『コーヒー』としては微妙な立場の『インスタントコーヒー』や、自販機に並ぶ缶コーヒーに多い『コーヒー飲料』。

家族みんなで、家庭で飲む『液体コーヒー』。

細かく分けられています。

 

では、ここで『コーヒー飲料・液体コーヒー』に、基本の『コーヒー』を加え、違いや成分等についておさらいです。

3つはそれぞれ、どんなコーヒー?

コーヒー:本来はドリップで入れる『レギュラーコーヒー』。

コーヒー飲料:自販機、コンビニ等で売っているタイプ。

⇒コーヒー液に添加物を加え、レギュラーコーヒーに近い味にしたもの。

液体コーヒー:多くが1リットルサイズの、紙パック、ペットボトル等で販売されるコーヒー液。

⇒無糖、加糖、微糖があり、『コーヒー』、『コーヒー飲料』の両方が存在。

何によって分けられてる?

コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約による

コーヒー:内容量100gにつき、生豆を5g以上使用したもの。

コーヒー飲料:100gにつき、生豆が2.5g以上5g未満。

コーヒー入り清涼飲料:100gにつき生豆が1g以上2.5g未満 (乳固形分が3%のものは『乳飲料』)。

コーヒーって身体にいいの?

カフェイン

脂肪燃焼や二日酔いの防止などが期待できます。

しかし耐性ができやすい成分なので、常に飲んでいると効果が徐々に弱まります。

ビタミン

抗酸化作用で、アンチエイジングが期待できます。

香り

リラックス効果や脳の活性化をもたらします。

その他、肝臓の機能を高める、消化促進などのメリットがあります。

 

デメリットは胃を荒らす、寝つきが悪くなり睡眠の質も悪化、口臭、貧血につながるなど。

デメリットについては空腹時や睡眠前は控える、飲み過ぎないなどの注意が必要になります。

身体にいいとはいえ、やっぱりコーヒーは嗜好品。

そもそも、健康効果を期待して飲むものではないのです。

また『コーヒー飲料』等に関しては、乳成分、甘味料、香料、乳化剤などにより、効果はさらに弱くなります。

リラックス効果などは、『おいしい』と感じるだけで、かなりプラスになります。

スポンサーリンク

おわりに

生豆の使用量が、すべての『コーヒ-』『コーヒー飲料』『コーヒー入り清涼飲料』を分けているのです。

『液体コーヒー』も含め、すべてのコーヒーが改良を重ね、さらなるおいしさを目指しています。

でも、糖分たっぷりの『コーヒー飲料』は、少し控えたほうがいいかも……。

 

いえいえ、飲み過ぎにさえ気をつければ、『ホッとひといき』のリラックスタイムが手に入るのです。

ブラックで飲めば身体にもいいかも知れません。

飲む人の好みに合えば、それが『おいしいコーヒー』。

分類や健康効果など、二の次なのですね。

コーヒー、大好きです!

 

コーヒーの分類をめぐるモヤモヤは、いくらか晴れましたか?

今日も仕事や家事の合間に、コーヒー片手のリラックスタイムを楽しんで下さいね!



自宅でコスパ最強のコーヒー

を飲むなら、ネスカフェをオススメします。

コーヒーマシンが無料【ネスレ日本公式】

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.