違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

テニスボールとラケット

違い

軟式テニスと硬式テニスの違いをわかりやすく解説!おすすめは?

最近、何かと世間の注目を浴びるテニス

部活やサークル、同好会など、学生の頃から親しみのあるスポーツです。

ただし、テニスには

軟式テニス』と『硬式テニス』

があります。

テニスの経験がある人は、この違い、説明できますか?

なんとなく違いは分かるような気がしますが、はっきりと説明できませんよね。

 

実は、このふたつ、かなり違いがあります。

はたして、おすすめのテニスはどちらのテニスでしょうか?

スポンサーリンク

分かりやすい『軟式テニス』と『硬式テニス』の違い

テニスをする男性

『軟式テニス』と『硬式テニス』の最大の違いは

ボールの硬さ

にあります。

軟式=軟らかい

硬式=硬い

という、字を見れば簡単に想像できる違いです。

もちろん、他にも違いがあります。

例えば、ラケットの種類や打ち方、ポイントの読み方などです。

『軟式テニス』とは?

『軟式テニス』では、

空気の入ったゴム製のボール

を使用します。

原則、指定カラーは

白か黄色

となります。

重さの規定は、30~31g

硬式と違って軽いのです!

そのため、

ラケットの強度やガットの硬さも柔らかいもの

で対応することができます。

ガットは、自分で張り替えることも可能です。

ただし、強い風や雨の影響で、コントロールが効きづらいことがあります。

悪天候でなくても硬式と比べると、ボールを飛ばすために力を込めて打つ必要があります。

しかし、日本では昔から『軟式テニス』の普及が目覚ましく、今でも老若男女問わず人気があるのは『軟式テニス』です。

また、ラケットの軽さも魅力のひとつといえます。

試合形式はダブルスです。

気の合うペアを見つけたら、『軟式テニス』はさらに楽しくなりますね!

『硬式テニス』とは?

『硬式テニス』のボールは、2種類あります。

ひとつは『プレッシャーライズド』。

『コア』と呼ばれる、ゴムでできた丸い空間にガスを封入し、それをフェルトで包んだものです。

国際テニス連盟の規定では、『中空ゴムにフエルト』とあるため、公式試合では『プレッシャーライズド』が使用されます。

 

もうひとつは、『ノンプレッシャーボール』です。

こちらは中にガスを入れず、『コア』の弾力のみでボールを飛ばします。

そのため、空気が抜けることによるボールの劣化がありません。

値段は『ノンプレッシャーボール』のほうが安いです。

ボールがたくさん必要なテニススクールでは、『ノンプレッシャーボール』を使用することが多いです。

ラケットも、硬いボールを使用するため、強度があるものが必要です。

ラケットに張るガットも、硬く強度のあるものを使用します。

一見難しそうに見えますね。

 

しかし、『硬式テニス』のメリットはボールの硬さにあります

ボールがラケットの面に当たれば、ちゃんと飛んでくれるからです。

弾力性があるので、初めはどこへ飛んでいくかは分かりませんが、練習次第でよく飛ぶようになります。

なお、試合形式は『シングルス』か『ダブルス』です。

 

『軟式テニス』と『硬式テニス』のさまざまな違い

他にも、『軟式テニス』と『硬式テニス』の違いがあります。

ラケットの使い方

ラケットそのものにも違いがありますが、握り方や打ち方も違います。

『軟式テニス』の場合、

手の甲を上にしてラケットを持ったとき、ラケットの面が地面と水平になるように握ります。

『フォア(右側からのボール)』も『バック(左からのボール)』も同じ面で打ち返します。

この持ち方を『イースタングリップ』といいます。

 

一方、『硬式テニス』の場合、

ほぼ90度の角度で握ります。

左手で持ったラケットの面の部分に右手のひらをあてて、そのままグリップまでおろすと、自然とその形になります。

この持ち方を『ウエスタングリップ』といいます。

『硬式テニス』では、

『フォア』と『バック』をそれぞれ表面、裏面で使い分けます。

ボールのバウンド

『軟式テニス』では、軽くて柔らかいボールを使用します。

そのため、思い切り叩かないとなかなか飛んでくれません。

また、飛んだボールにある程度スピンがかかり、バウンドした後にどちらに跳ねるか読みづらい傾向にあります。

一方、

『硬式テニス』で使用する硬めのボールは飛ばしやすいこと

が特徴です。

バウンドした後に高く跳ねるのか、低いまま加速をつけて飛ぶのか見極める必要があります。

ポイントの読み方

『軟式テニス』では、ポイントは0、1、2、3と数えます。

0を『ラブ』と呼び、例えば2-0の場合は『ツーラブ』、2-2の場合は『オールツー』です。

『硬式テニス』でも、0を『ラブ』と呼ぶのは同じです。

しかし、『硬式テニス』では、それ以降は15、30、40と数えます。

どちらも、あと1点でお互い勝利する場合、軟式では3-3、硬式では40-40になったときに『デュース』となります。

『デュース』になった後、2点差がつくまで試合が続きます。

1点先取したほうを『アドバンテージ○○』でコールします。

サーバー側の選手が先取したら『アドバンテージサーバー』です。

相手側の選手が失敗したら『アドバンテージレシーバー』となります。

ルール

『軟式テニス』と『硬式テニス』どちらも1ゲーム4ポイント先取制です。

『デュース』のルールは同じです。

『軟式テニス』は4ポイント先取を1ゲームとし、4セット先取したほうの勝利となります。

一方、

『硬式テニス』は6ゲーム先取で勝利

となります。

これを見ると、必要な時間と体力の差にも違いがあることがわかります。

その他

少し、日本にテニスが伝わった頃までさかのぼってみましょう。

『硬式テニス』に使用されるフエルト地の硬いボールは、当時の日本ではとても高価でした。

そのため、日本が独自にゴム製のボールを改良しました。

そのボールが、現在『軟式テニス』で使用されているボールの元祖といえます。

 

ゴムボールは軽いため、欧米人に比べて体力のない日本人に人気になったのです。

この効果で『軟式テニス』は日本に瞬く間に広がりました。

現在も、中学校の部活では『軟式テニス』が主流です。

このように、

日本で触れる機会が圧倒的に多いのは『軟式テニス』

といえます。

どのくらい身近かということも『硬式テニス』との大きな違いですね。

 

『軟式テニス』と『硬式テニス』おすすめは?

『軟式テニス』と『硬式テニス』おすすめはどっちでしょうか?

『軟式テニス』はここがおすすめ!

『軟式テニス』はもともと日本人に合わせたテニスという強みがあります。

また、『軟式テニス』は生涯スポーツといわれ、今もなお、年齢性別を問わず人気のスポーツです。

テニスを始めようと思っている方は、『軟式テニス』がおすすめです!

『硬式テニス』はここがおすすめ!

日本人は、『軟式テニス』に触れる機会が多いものですが、全米オープンや全英オープンなど、

世界の大きな大会は『硬式テニス』

となっています。

テニスは、世界的にメジャーなスポーツなので、世界では『硬式テニス』のプレー人口も多いです。

海外に行った際は『硬式テニス』の話題で盛り上がれるかもしれません!

世界大会に興味が湧いた方は『硬式テニス』を始めるか、『軟式テニス』から転向してみては?

スポンサーリンク

おわりに

以上が、『軟式テニス』と『硬式テニス』の違いです。

どちらもさまざまな特徴があり、それぞれ魅力を感じさせてくれます。

日本でなじみがあるのは『軟式テニス』です。

これからテニスを始める人であれば、『軟式テニス』から始めてみるのもいいかもしれません。

一方、世界に浸透しているのは『硬式テニス』です。

テニスの経験があり、現在も『硬式テニス』を続けている人は、ぜひ継続してください!

テニスをするうえで『軟式テニス』と『硬式テニス』の違いを参考に、さらにテニスを楽しんでくださいね!

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.