違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

面接

その他の違い

就活や転職活動における面談と面接の違いをわかりやすく解説!

投稿日:

就活や転職活動で避けては通れない出来事が面接です。

企業によっては、面接の他にも面談の機会を設けているところもあります。

 

どちらも応募企業に赴き、直接話をすることには変わりません。

しかし、面接と面談では実施する目的や方法に違いがあるのです。

 

企業をよく知り、自分を上手くアピールするためにも、面接と面談の違いを理解し、きちんと準備をしておくことが大切です。

 

今回は、

面接と面談の違いや目的、対策

について詳しく解説します。

ポイントをおさえてから、当日に臨むようにしましょう。

スポンサーリンク

面談と面接の違い

企業の選考というと、面接をイメージする人も多いでしょう。

多くの企業が面接を実施している一方で、最近では面談を取り入れている企業も少なくありません。

そこで、面談と面接の違いについて解説します。

目的の違い

面談の目的

応募者希望のヒアリング

業務内容を説明

採用条件のすり合わせ

面接の目的

応募者の適性の確認

応募者の評価

採用試験のひとつ

実施方法の違い

面談の方法

カジュアル面談

  • 選考とは関係なく、面接前に行われる。
  • 企業理解を深めることが目的。

リクルーター面談

  • 応募者の出身大学のOB、OGが行う。
  • 自社のPR、仕事内容の説明などの話がメイン。
  • 企業だけでなく、カフェなど社外で行われることもある。
  • 就活経験者のため、よりリアルな話を聞くことができる

内定者面談

  • 採用試験後に実施される面談。
  • 研修内容や入社前準備についての説明を行う。
  • 具体的な説明を受けることで、入社までの時間を有意義に過ごせる。

面接の種類

個人面接

  • 一人の応募者に対し、採用担当者が一人もしくは複数で質問するスタイル。
  • 自己PRや志望動機、長所短所などについて質問されることが多い。
  • 二次面接以降に実施されることが多い。

集団面接(グループ面接)

  • 複数の応募者に対し、採用担当者が一人もしくは複数で質問するスタイル。
  • 身だしなみ、言葉遣い、立ち振る舞いなど基本部分が注目される。
  • ストレス耐性を見るために実施される場合もある。

グループディスカッション

  • 主に新卒採用で実施される。
  • ひとつの議題に対して、複数の応募者でディスカッションを行う。
  • 協調性や思考力、コミュニケーションスタイルなどが見られる。

このように面談と面接には、それぞれいくつかの種類があります。

選考段階のどこに何が実施されるかは、企業によって、さまざまです。

 

基本的に、面談は合否を左右するものではありません。

しかし、

談の内容が採用担当にフィードバックされること

も、よくある話です。

ネガティブなことばかりを質問したり、否定的な態度を取ったりすると、その後の選考に影響することに注意しましょう。

 

面談と面接の対策

女性

面談と面接では、それぞれ対策方法も異なります。

面談は選考外で、行われることがほとんどですが、どんなことをしてもいいわけではありません。

適切な対策方法を身につけ、当日に臨みましょう。

面談対策

面談でもきちんと対策を立てることが大切です。

面談対策

  • 面談でしか聞けない質問内容を準備する。
  • 最低限のビジネスマナーを身につける。
  • 面談後はきちんと時間を設けていただいたお礼を言う。

面談では、面談でしか聞けない質問を準備しておくことが重要です。

企業のホームページに載っている情報程度を質問しても、企業理解を深められません。

面談で聞いておきたいこと

  • 入社後の研修の流れ
  • 一日のスケジュール
  • 入社後に大変だったこと、努力したこと
  • 仕事のやりがい

面談で注意するべきこと

  • 残業時間や待遇面ばかりを質問する。
  • 口コミサイトの悪い噂の真相をストレートに聞く。
  • 上から目線で質問をする。

せっかく志望企業の社員と話せる機会のため、有意義な時間になるように心がけましょう。

面接対策

面接は選考の合否に関わる重要なチャンスです。

きちんと対策を行い、採用に繋げられるようにしましょう。

面接対策

  • 企業のホームページなどをチェックし、企業研究を行う。
  • 志望動機や将来のビジョンを明確にする。
  • 訪問時のマナーや服装、髪型の乱れをチェックしておく。

面接では、質問される内容がある程度決まっています。

質問パターンを確認しておくことも面接対策では重要なポイントです。

主な質問事項

  • 自己紹介
  • 志望動機
  • 長所、短所
  • キャリアプラン・将来の夢
  • 自己PR

転職では上記に加え、

  • 転職理由
  • 希望年収(待遇)
  • マネジメント経験の有無

このような質問をされることもあります。

面接で注意するべきこと

  • 基本的なマナーをしっかりおさえておく。
  • 自分の言葉でハキハキと話す。
  • 落ち着いて面接官の顔を見る。

面接は選考の合否を分ける大切なポイントです。

「採用したい!」

と思ってもらえるように、事前の準備をしっかりと行ってから臨みましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、面談と面接の違いとその対策方法について解説しました。

面談と面接では、実施される目的が違います。

そのため、その対策方法もそれぞれ変わってくるのです。

面談は、企業理解を深め、企業に対する志望度を確認する目的があります。

一方の面接では、応募者の適性を確認し、評価することが目的です。

 

基本的に面談は選考の合否に関わりません。

しかし、だからといって適当に面談を受けていいものでもありません。

面談でも最低限のビジネスマナーは必要です。

相手に失礼にならないよう気を付けましょう。

面談と面接の違いを理解し、適切な対策を取れるように事前に準備してくださいね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.