違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

幼稚園

その他の違い

幼稚園と保育園の違いをわかりやすく解説!費用を比較チェック!

更新日:

未就学の子供たちが通う施設には、

幼稚園

保育園

この2つがあります。

どちらも親から離れ、先生のもとで生活をするという点は同じ。

 

しかし、この2つには、目的や特徴、費用などに違いがあります。

例えば、幼稚園は3歳から預けることができ、保育園はもっと小さい頃から預けることができるなど。

これから子供を幼稚園に入れるか保育園に入れるか悩んでいるお父さん、お母さんは、今回紹介する違いを知っておく必要がありますよ。

この記事では、

『幼稚園と保育園の違い』

『幼稚園と保育園の費用の違い』

をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

幼稚園と保育園の違い

幼稚園

幼稚園

幼稚園と保育園には、いくつかの違いがあります。

まず、大きな理由として『管轄』が違います。

管轄が違うので、決まりごとも変わってきますね。

それでは、管轄の違いから見ていきましょう。

幼稚園と保育園の管轄の違い

幼稚園は

『文部科学省』が管轄で『教育施設』

に区分されます。

保育園は、

『厚生労働省』が管轄で『児童福祉施設』

となります。

 

管轄が違うことで目的にも違いがでてきます。

幼稚園と保育園の目的の違い

幼稚園と保育園では『目的』が違います。

 

幼稚園では、

『義務教育及び、その後の教育の基礎を培う』

とされます。

 

保育園では、

『保育を必要とする子供の保育を行い、その健全な心身の発達を図ること』

とされています。

 

幼稚園は教育を目的としていますが、保育園は保育できない両親に代わって子供を保育するという目的があるんですね。

幼稚園と保育園の必要免許の違い

先生の『必要免許』も違います。

幼稚園は、

幼稚園教諭免許状

で、教育施設という区分のため、教諭免許が必要になります。

一方で保育園は、

保育士資格証明書

で、保育士は国家資格になります。

幼稚園と保育園の受け入れ年齢の違い

幼稚園と保育園では『子供を受け入れる年齢』に違いがあります。

 

幼稚園では、

3歳になった春から小学校入学前まで

預けることができます。

 

保育園では、

0歳から小学校入学前までの乳児や幼児

を預けることができます。

 

保育園は、幼稚園に比べて、子供が小さい頃から預けることができます。

幼稚園と保育園の保育時間の違い

幼稚園と保育園では『保育時間』に違いがあります。

 

幼稚園では、

9時から14時頃までが基本で、標準の保育時間は4時間

となっています。

 

保育園では、

7時半から18時頃までで、標準保育時間は8時間

です。

 

保育園は、幼稚園に比べて長い時間預けることができます。

幼稚園と保育園の1年間の保育日数の違い

幼稚園と保育園では、『1年間の保育日数』が違います。

 

幼稚園では、

特別な事情を除き、39週を下回らないこと。

 

保育園では、

特別な決まりは無し

とされます。

 

幼稚園は、明確に保育日数が定められているのです。

幼稚園と保育園の給食の違い

幼稚園と保育園では、『給食』に違いがあります。

 

幼稚園では、給食は、

任意

です。

 

保育園では、給食は、

義務

になります。

 

幼稚園では、必ず給食が出るわけはないんです。

幼稚園と保育園の費用の違い

費用

幼稚園と保育園では、通うために必要な費用が違います。

では、どういった違いがあるのか見ていきましょう。

幼稚園は学費が一律

幼稚園の学費は、

世帯収入に関わらず一律

となっています。

また、公立と私立でも違いがあり、

公立:月額1万円ほど

私立:月額3万円ほど

になります。

幼稚園の学費は、教材費や給食費、施設運営費や、場合によってバスの利用料も含まれます。

その他、幼稚園には入園料や制服代、教材など

学費以外にも費用がかかる

のが特徴です。

保育園は認可保育園か認可外保育園で保育料が変わる

保育園の保育料は、その保育園が認可保育園なのか認可外保育園なのかで変わります。

 

認可保育園の場合は、

世帯収入によって保育料が変わります。

世帯収入が低い家庭は保育料が安くなり、世帯収入が多い家庭は保育料が高くなります。

これは、

『世帯収入が高いとその分、子育ての費用面での支援が必要なくなる』

という自治体の判断があるためです。

また、保育料は、

自治体や預ける子供の年齢、預ける人数によっても変わります。

子供の年齢については、子供の年齢によって必要な保育士の人数が決まっており、年齢が低いと、それだけ保育士が必要になります。

そのため、保育士が増えることで人件費がかかり、保険料が高くなるのです。

 

認可外保育園の場合は、

世帯収入に関わらず預ける施設によって保険料が変わります。

そして、

認可保育園よりも保育料が高くなる

場合が多くなっています。

幼稚園と保育園の費用を比較

幼稚園と保育園では、年間でどれくらいの費用がかかるか見てみましょう。

幼稚園の費用

学習費総額
公立幼稚園 234,000円
私立幼稚園 482,000円

平成28年度子供の学習費調査の結果について

保育園の費用

1世帯における児童1人あたりの保育料(平均値) 20,491円
児童が1人の世帯 22,381円
児童が2人の世帯 15,606円

平成24年地域児童福祉事業等調査結果の概況

 

保育園は、年間に置き換えると1世帯における児童1人あたりの保育料は、

『245,892円』

となります。

公立幼稚園の年間が

『234,000円』

ですから、

『そこまで大きな違いはない』

と言えるでしょう。

 

最も費用がかかるのは、私立幼稚園です。

『482,000円』

なので、圧倒的に高いですね。

スポンサーリンク

まとめ

幼稚園と保育園の違いとして、

『管轄』違い

が、ありました。

管轄が違えば、決まりごとも変わります。

  • 目的
  • 必要免許
  • 受け入れ年齢
  • 保育時間
  • 1年間の保育日数
  • 給食

などに、違いが見られましたね。

幼稚園と保育園の費用の違いについては、

  • 幼稚園は世帯収入に関わらず学費が一律
  • 保育園は世帯収入によって保育料が変わる

という違いがありました。

保育園は、認可保育園なのか認可外保育園なのかで変わってくることを覚えておきましょう。

認可外保育園は、世帯収入に関わらず預ける施設によって保育料が変わります。

そして、幼稚園は学費以外にも費用がかかるのが特徴です。

幼稚園と保育園を選ぶのは、家庭環境によるところが大きいので、この2つを知ったうえで家族と相談してみてくださいね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.