違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アイキャッチ リクルートスーツ ビジネススーツ 違い

ファッションの違い

リクルートスーツとは?ビジネススーツとの違いをチェック!

大学生などは、卒業が近づいてくると、

『就職活動』

を行うことが多くなりますよね。

 

その時、必ずと言って良いほど購入されているのが、

『リクルートスーツ』

となります。

ですが、このリクルートスーツ、

『普通のビジネススーツ』

と比べて、何が違うのかは、あまり知られていません。

 

実際、一目見ただけでは、

『違いがあまり分からない』

という人も多いでしょう。

 

そこで、今回は、

『リクルートスーツとビジネススーツの違い』

について紹介します。

気になっていた人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

リクルートスーツとは?

結論から言うと、

『リクルートスーツとビジネススーツに、明確な違いはない』

とされています。

 

実際、見た目も同じであるため、

『リクルートスーツと言って、販売されているもの』

が、リクルートスーツになるのです。

ですが、これではあんまりなので、

『リクルートスーツと判断できる要素』

を紹介していきます。

リクルートスーツは、短期間しか着用できない

リクルートスーツは、

『就職活動期間しか着用しない』

ことを、想定したスーツです。

 

その為、一般的なスーツと比べて、

『耐久度が、かなり低い』

とされています。

 

生地自体も、

『かなりの安物を使っている』

ことが多く、まさに、最低限のスーツを作ったものと言えるのです。

ちなみに、スーツの生地としては、

  • ポリエステル
  • ウール

がほとんどです。

 

中には、

『上質な生地を使ったスーツ』

も存在していますが、これは、もはやリクルートスーツとは呼べないかもしれません。

 

それでも、店舗がリクルートスーツだと言えば、一応、

『リクルートスーツ』

として、認識しても良いでしょう。

価格が安いものが多い

リクルートスーツは、『耐久度が低い』と紹介しました。

そして、これが意味することは、

『価格が、全体的に安い』

ということになるのです。

 

実際、就活生用のリクルートスーツを見ると、

『2~3万円』

で購入できるものが、大半を占めています。

これは、

『あまりお金がない就活生を考えての価格帯』

とされています。

 

ですが、先程も紹介したように、

『上質な生地を使ったリクルートスーツ』

も存在しているため、一概に安いとも言えません。

 

ですが、世間一般の流れとしては、就活時に、

『リクルートスーツ』

を着用して、その後、余裕が出来たらビジネススーツに移行するようになっています。

就活だけに使うスーツなので、

『安くて当然』

と言えるでしょう。

色やデザインが、ほとんど同じ

リクルートスーツの特徴として、

『色やデザインが、ほとんど同じ』

というものがあります。

 

リクルートスーツの色は、主に、

  • 濃紺
  • 濃いグレー

となっています。

これ以外の色は、就活生としては、

『あまりふさわしくない』

とされており、就活先でも目立つものとなっているのです。

 

また、デザインについても、

『無地』

が、リクルートスーツの基本となるでしょう。

 

薄いストライプ柄などもありますが、

『少しでも柄が入っているのは、就活生としてふさわしくない』

とされることが多いため、結局は、無地が無難ということですね。

 

ビジネススーツとリクルートスーツの違いとは?

リクルートスーツについて紹介しました。

次は、一般的に着用されている、

『ビジネススーツ』

について紹介します。

リクルートスーツとの違いを、確認してみてください。

生地が、長持ちしやすい

ビジネススーツは、元々、

『仕事用に作られているスーツ』

となっています。

 

その為、

『なるべく長い期間、使えるように作られている』

のです。

よって、リクルートスーツとは違い、

『何年でも使い続けられる』

という特徴があります。

 

ビジネススーツの生地は、

『リクルートスーツと同じような素材が使われる』

ことが多いですが、その使い方が、リクルートスーツとは違う場合が多いです。

つまり、

『素材が同じでも、丈夫になるような工夫が凝らされている』

ということですね。

 

とにかく、スーツを着て動くことが多い社会人にとって、

『丈夫かどうかは、かなり重要な要素』

となります。

スーツを販売している各店舗も、それが分かっているため、

『丈夫さを競っている』

ことが多いのです。

値段は高くなっていることが多い

リクルートスーツと比べて、ビジネススーツは、

『値段は高い傾向にある』

という特徴があります。

 

先程、リクルートスーツの相場が、

『2~3万円』

と紹介しましたが、ビジネススーツはそうもいきません。

最低でも、

『3万円以上』

はかかるでしょう。

 

つまり、

『リクルートスーツの平均相場で最も高い価格が、ビジネススーツの最低価格』

というわけですね。

この値段より、安いスーツは、

『ダメになりやすいものが多い』

ため、ビジネススーツと表示されていても、あまりおすすめできません。

色やデザインが凝っている

リクルートスーツと比べて、ビジネススーツは、

『デザインが凝っている』

という特徴もあります。

 

リクルートスーツは、無地一択ですが、

『ビジネススーツは、様々なデザインがある』

ため、着る人によって、個性が出やすいのです。

 

デザインの違いとしては、

  • スーツのサイズ
  • ボタンの数
  • ボタンの位置
  • 襟のデザイン
  • 裾のデザイン
  • ポケットのデザイン
  • 生地の種類

などがあります。

 

また、スーツの色も、

『自分の好きなものを仕立てることが出来る』

ため、リクルートスーツより、自由度がかなり上がります。

 

突き詰めれば、

『自分だけのフルオーダーメイド』

も作ることが出来ますよ。

 

リクルートスーツとビジネススーツは、性質が真逆の存在

リクルートスーツ ビジネススーツ 真逆

リクルートスーツとビジネススーツについて、紹介しました。

ここまで紹介して分かることは、

『リクルートスーツとビジネススーツは、性質が真逆になっている』

ということです。

 

リクルートスーツは、就活に特化しているため、

『耐久力がなく、デザインや色も均一』

となっていることがほとんどです。

それに比べて、ビジネススーツは、就職した後を想定しており、

『耐久力が高く、デザインや色を自由に選択できる』

ものとなっています。

 

ようするに、

『ニーズが全く異なるスーツ』

だということですね。

 

中には、就職した後のことを考えて、

『ビジネススーツを、リクルートスーツ代わりに着用している人』

もいます。

しかし、あくまで例外と考えてください。

違いを聞かれたときは、

『リクルートスーツは就活用、ビジネススーツは仕事用』

と答えておけば、特に問題ないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『リクルートスーツは、あくまで就活だけに使うスーツ』

ということが言えます。

 

スーツを販売している店舗も、

『あまり就活生にお金を使わせない』

ことを意識して、リクルートスーツを取り扱っています。

その為、これからリクルートスーツを購入しようとしている人は、

『あくまでも、就活にしか使えないスーツ』

だと認識しておくことをおすすめします。

 

そして、無事就活が終われば、

『長く使えるビジネススーツ』

を購入してみてくださいね。

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.