違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

ペプシとコーラの違いをわかりやすく解説!成分や原材料をチェック

投稿日:

世界で人気の炭酸飲料、コーラは好きですか?

仕事の気分転換に、ポテチやピザのおともに。

子供からお年寄りまで、馴染みのある飲み物です。

 

その代表格といえば、

  • コカ・コーラ
  • ペプシコーラ

でしょう

『王道のコカ・コーラ』

『独創性のペプシコーラ』

とも呼ばれ、シンボルカラーは、コカ・コーラがで、ペプシコーラが

とはいえ、そもそもコーラ飲料って、何なのか知っていますか?

コカ・コーラとペプシコーラだと、いったいどこが違うのでしょう?

今回は、コカ・コーラとペプシコーラの違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

そもそもコーラって?コカ・コーラとペプシコーラの歴史

コーラって実は、

アフリカの熱帯雨林に生えている植物の名前

なんです。

当時は、コーラの実から抽出した、ほろ苦いコーラエキスを使った飲み物を

『コーラ』

と呼んでいました。

 

コカ・コーラ、愛称:コークの始まりは、1885年にさかのぼります。

ペンバートンという人が、

モルヒネ中毒の治療薬

として、

コーラエキスにワインなどを合わせた薬用酒

を販売しはじめたことが、きっかけです。

この薬用酒には、現在では違法性の高い成分も含まれていましたが、体力回復や中毒症状の緩和という効能のため、当時は規制がなかったのです。

 

その後、1886年には、

ワインではなく炭酸水を加えた『コカ・コーラ』

を売るようになりました。

 

そこから遅れて1894年、薬剤師だったブラッドハムが

消化不良の治療薬

を作ります。

この薬には、『消化酵素ペプシン』が含まれていたことから『ペプシコーラ』という名前が付けられたのです。

ところが1930年代に会社の経営が危なくなり、

薬の配合を、コカ・コーラと似たもの

に変更して、そして安く販売することにしたのです。

それで、見た目も味もよく似た、コーラ飲料が二つ生まれた、というわけです。

 

コカ・コーラとペプシコーラの原材料や成分の違い

公表されているコカ・コーラとぺプシコーラの原材料は、

実はどちらも同じです。

配合の比率や、香料の名前などは、企業秘密となっています。

コカ・コーラとペプシコーラの原材料

  • 糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)
  • 炭酸
  • カラメル色素
  • 酸味料
  • 香料
  • カフェイン

ちなみにコカ・コーラにもペプシコーラにも、

コーラエキスは入っていません。

現在は、カフェインを原材料としています。

コーラを飲むと、

『目が覚める』『元気が出る』

と感じる人もいるかもしれませんね。

それは、コーラに含まれたカフェインの効果なんですね。

 

次に、コカ・コーラとペプシコーラの成分を比べてみます。

ペプシのほうが、少しだけ詳しく公表されていましたよ。

コカ・コーラ(100mlあたり)

エネルギー:45kcal

タンパク質:0g

脂質:0g

炭水化物:11.3g

食塩相当量:0g

ペプシコーラ(100mlあたり)

エネルギー:48kcal

タンパク質:0g

脂質:0g

炭水化物:11.9g

塩相当量:0g

カフェイン:10mg

カリウム:1mg未満

リン:約20mg

比較すると、エネルギーや炭水化物の量に、ちょっと違いがあるだけですね。

 

コカ・コーラとペプシコーラの味やブランド評価の違い

コカ・コーラは、炭酸を強めにした、爽やかな飲み口とバニラの香りが特徴です。

一方、柑橘系フレーバーのペプシコーラは、炭酸を抑えて甘みを強くしています。

 

成分表では、

ペプシの炭水化物量が、コカ・コーラよりも多かった

ですよね。

炭水化物が多い=糖質が多い

だから、甘さを強く感じるんです。

 

人間は、

味の濃いものを美味しいと感じる

そうです。

 

このペプシの甘みの強さが、面白い結果を引き出したことがありました。

1970年代、アメリカ・ペプシコ社が企画した『ペプシ・チャレンジ』でのことです。

一般人を対象に、ブランド名を隠してペプシコーラとコカ・コーラを飲み比べてもらい、

どちらをおいしいと感じたか?

を調査したのです。

すると、

ペプシコーラを選んだ人の数がコカ・コーラの数より多かった

のです。

それで慌てたコカ・コーラが、社内で調査を行いましたが、同じ結果が出たそうです。

1980年代に日本でもペプシ・チャレンジが行われましたが、やはり結果は同じでした。

 

このペプシ・チャレンジには、おまけがあります。

ブランド名を隠さずに同じ調査をしたら、コカ・コーラを選んだ人の数がペプシコーラを上回った

というのです。

つまりブランド評価は、コカ・コーラの方が高いというわけですね。

スポンサーリンク

まとめ コカ・コーラとペプシコーラの違い

世界で人気のコーラ飲料、コカ・コーラとペプシコーラの違いを解説してきました。

  • コカ・コーラは、モルヒネ中毒、ペプシは消化不良の薬が由来
  • コカ・コーラは、炭酸が強め、ペプシは甘みが強め
  • コカ・コーラはブランド評価が高く、ペプシはライバルの立ち位置

もともとは、

コーラエキスを配合した薬

だったことや、

原材料や成分はほぼ同じ

など、共通点もありましたね。

 

コーラ界で永遠のライバル、コカ・コーラとペプシコーラ。

それぞれの良さがあるので、味の好みは分かれるかもしれません。

これらの違いを意識しながら、飲み比べてみるのも面白いですよ。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.