違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

和室

その他の違い

江戸間と団地間の違いをわかりやすく解説!畳の広さをチェック!

投稿日:

部屋の広さを表すとき、『○畳』という言い方をよくしますよね。

 

はなこ
この間、通販できれいな模様のカーペットを見つけたの。
買ったのかい?
たろう
はなこ
うん。

でも、6畳の部屋のカーペットを買ったんだけど、寸法が合わなかったの。

畳のサイズにもいろいろあるんだよ。

『江戸間』とか『団地間』とか。

たろう
はなこ
えっ、そうなの?

 

今回は、畳のサイズを表す『江戸間』と『団地間』について、その違いを解説します!

スポンサーリンク

畳の広さについて

畳の縦と横の長さの比は、

2 : 1

で統一されています。

しかし、その長さによって様々な種類があるのです。

畳の大きさ

種類 大きさ(縦 x 横)
京間(本間) 1.91m x 0.955m
中京間(三六間) 1.82m x 0.91m
江戸間(五八間) 1.74m x 0.87m
団地間(五六間) 1.7m x 0.85m

 

はなこ
こんなに畳の種類があるなんて知らなかったわ。
でも、どうしてこんなにもいろいろな畳の大きさが誕生したのかな?
たろう

 

畳の大きさがいくつも登場した背景には、

時代によって長さの単位が変化した

ことがあります。

畳の大きさを表す単位に『間』というものがあります。

織田信長の時代、一間の大きさは六尺五寸と定められていました。

これが豊臣秀吉の時代になると六尺三寸、江戸時代になると六尺と変化していきます。

この大きさの変化が、畳の大きさにも影響を及ぼしました。

 

また、

家の建て方が地域によって異なる

ことも理由の一つに挙げられます。

『畳割り』は、畳の寸法を基準に家が建てられます。

それに対して、『柱割り』は、柱どうしの距離を基準に家が建てられます。

『畳割り』は関西地方でよく使われますが、『柱割り』は関東地方でよく使われます。

このため、地域によって畳の大きさが変わることになったわけです。

 

はなこ
同じ六畳でも、京間と団地間では随分と大きさが違うのね。
京間の部屋に住んでいた人が、団地間の部屋に移ったら、狭くなったと感じるだろうね。
たろう

 

『江戸間』と『団地間』の違い

『江戸間』と『団地間』の違い、それは畳の大きさです。

『江戸間』は1.74m x 0.87mの大きさなのに対し、『団地間』は1.7m x 0.85mと、わずかに小さいサイズとなります。

六畳の部屋の大きさを比べてみると、

  • 『江戸間』・・・9.27m2
  • 『団地間』・・・8.67m2

と、0.6m2もの差が生じます。

 

『江戸間』とは

『江戸間』は、その名の通り、東京を中心とする関東地方で多く使われています。

縦の長さが五尺八寸あることから、

正式には『五八間』

と呼ばれます。

『団地間』とは

『団地間』は、地域には関係なく公団住宅やアパート、マンションなどの集合住宅でよく利用されています。

縦の長さが五尺六寸となることから、

正式には『五六間』

と呼ばれます。

『団地間』は、1950年代に団地が多く建てられるようになった頃に誕生した比較的新しい畳の大きさになります。

 

その他の畳の種類についても簡単に見ていきましょう。

『京間』は、西日本でよく使われている畳の種類です。

畳の大きさとしては最も大きく、六畳の大きさは10.94m2になります。

『中京間』は東海地方で多く用いられています。

六畳の大きさは9.93m2で、縦が六尺、横が三尺なので、

正式には『三六間』

と呼ばれます。

 

はなこ
こんなに畳の種類が複雑だとは思わなかったわ。
もし、他の場所に引っ越さなきゃならなくなったら、畳の大きさも確認しておいた方がよさそうだね。
たろう

 

ちなみに、畳の大きさには明確なルールが存在するわけではありません。

例えば、畳の縦の大きさが六尺一寸の『六一間』は、広島や岡山などで使われる大きさです。

また、畳の縦の大きさが六尺二寸の『六二間』は、佐賀や長崎など、九州地方の一部で使われています。

 

畳は、家の図面に合わせて作られるので、言わばオーダーメイドに近いところがあります。

○畳という言い方も、一般的には4.5畳、6畳、8畳などがありますが、もっと中途半端な3.8畳などという注文もあります。

部屋が完全な長方形ではなく、角に出っ張りがある場合に、そのような注文があり、そのときは0.2畳分をカットした畳が作られるわけです。

 

はなこ
確かに、きれいな長方形の部屋ばかりとは限らないものね。
なかには、円形の部屋のように奇抜なデザインのものもあるよね。

そんな部屋も和室にしたいとか言われたら、どうするんだろうね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 畳には、その長さによって様々な種類がある。
  • 『江戸間』と『団地間』は、畳の種類の一つである。
  • 『江戸間』の大きさは、1.74m x 0.87mである。
  • 『団地間』の大きさは、1.7m x 0.85mである。
  • 『江戸間』は主に東京などの関東地方で多く使われるのに対し、『団地間』は地域に関係なく集合住宅でよく使われる畳の種類である。

カーペットを購入する際は、『○畳』という表記の場合、それがどの畳の種類なのかを確認するようにしましょう。

また、『○畳』の表記だけでなく、○m x ○m という実寸も、きちんと確認したほうがより確実ですよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.