違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

CPU

ITの違い

32bitと64bitの違いをわかりやすく解説!メリットとデメリットを紹介

投稿日:

Windowsに32bit版と64bit版があることを知っていますか?

 

はなこ
よく32bit版だとか64bit版と聞くけど、結局なにが違うの?
よくわからないけど、最近は64bit版の方が多いんじゃないかな。
たろう
はなこ
じゃあ、32bit版が必要な場合って、どんなとき?
うーん、それはよくわからないな。
たろう

 

ということで、今回は32bitと64bitの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

『bit』とは何?

そもそも、『bit』とは何を表しているのでしょうか。

パソコンの心臓部は『CPU』と呼ばれるところになります。

『CPU』は、

プログラムを実行するための装置

ですが、内部で使用する信号は、電気のONとOFFで表されます。

 

ONを数字の1、OFFを数字の0

とすれば、信号は2進数という数字で表すことができます。

 

普段使っている数字は、0から9までの10個の数字が使われていますね。

これを10進数といいます。

それに対して、0と1の2個の数字しか使えない数のことを2進数というのです。

2進数の最初の数は0です。

その次の数は1で、ここまでは10進数と同じです。

ところが、次の数を2とすることはできません。

2進数は0と1しか使えないことを思い出してください。

10進数の9の次は、位がひとつ上がって10になりますよね。

それと同じことをすればいいのです。

2進数では1の次は10になり、その次は11になります。

 

『CPU』が扱うことのできる信号の最小単位を『bit』

といいます。

"1bit"が、表すことのできる2進数は0と1の2つですね。

これが"2bit"になると、

00、01、10、11

の4つに増えます。

以上のようにして、bit数が増えていくにつれて、表すことの出来る数字が増えていくのです。

 

『CPU』が、一度に扱うことができるbit数は、

  • 32bitであれば32bit CPU
  • 64bitであれば64bit CPU

となります。

32bitでは、0と1が32個並んだ2進数を表すことができ、64bitになると64個ならんだ2進数を表すことができます。

 

では、どれくらいの数を表すことができるでしょうか。

32bitの場合、

4294967296個の数

を表すことができます。

これが64bitになると

18446744073709551616個の数

を表すことができます。

bit数が増えれば、とても大きな数を表すことができるわけですね。

 

はなこ
よくわからないけど、64bit CPUの方が一度に扱える信号が多いから、速く処理できるということかな?
そうかもしれないね。

最近のパソコンにあるCPUは、たいてい64bit CPUのようだね。

たろう

 

Intelの『CPU』の場合、Pentium 4やCeleronと呼ばれる『CPU』あたりから64bit CPUに切り替わり始めました。

これらはもう10年以上も前の製品ですから、最近のパソコンにあるCPUは64bit CPUです。

 

『32bit』と『64bit』の違い

『32bit』と『64bit』では、一度に扱うことのできる信号の長さが異なります。

『CPU』は、主に計算処理を内部で行っています。

計算できる数字の大きさも、64bitの方が大きいということですね。

そのため、

プログラムも32bit版と64bit版では異なることになります。

だから、Windowsにも32bit版と64bit版が存在するわけですね。

 

はなこ
じゃあ、最新のパソコンには64bit版のWindowsしかインストールできないということかな?
でも、僕の友達はわざわざ32bit版のWindowsをインストールしていると聞いたことがあるよ。
たろう

 

64bit CPUが入ったパソコンでも、32bit版Windowsはインストールすることができます。

32bit版Windowsが動作するような工夫がされているからなのですが、これを『互換性がある』といいます。

当然のことですが、

32bit CPUの入ったパソコンでは64bit版Windowsは動作しません。

 

『32bit』と『64bit』のメリット・デメリット

CPU

CPU

最近のCPUは64bitなので、『32bit』と『64bit』それぞれのWindowsをインストールした場合のメリットとデメリットを見てみましょう。

『32bit』のメリット

  • 32bit版のソフトウェアが確実に動作する。
  • プログラムが使用するメモリ領域が64bit版ソフトウェアより小さくて済む。

『32bit』のデメリット

  • 64bit版のソフトウェアが動作しない。
  • 利用できる最大メモリが4GBより小さい。
  • 起動ディスクの最大容量が2TBまでしかない。

64bit版Windows上では動作しないソフトウェアがあって、それがどうしても必要な場合

は、32bit版Windowsを選択しなければなりません。

32bit版Windowsには、

『プログラムが利用するメモリの大きさが64bit版よりも小さい』

というメリットはありますが、利用できるメモリ容量が4GBもないというデメリットがあるので、あまり意味がないですね。

また、32bit版Windowsの場合、起動ディスクの最大容量は2TBまでという制約があります(その他のディスクは2TBより大きくすることができます)。

 

『64bit』のメリット

  • 64bit版のソフトウェアが動作する。
  • 32bit版のソフトウェアの大半が動作する。
  • 利用できる最大メモリが4GBより大きい。
  • 起動ディスクの最大容量を2TBより大きくすることができる。

『64bit』のデメリット

  • 一部の32bit版のソフトウェアが利用できない場合がある。
  • プログラムが使用するメモリ領域が32bit版ソフトウェアより若干大きい。

64bit版Windowsの唯一のデメリットは、

動作しない32bit版ソフトウェアがある

ということでしょう。

どうしてもそのソフトウェアが必要であるならば、32bit版を選択する必要があります。

しかし、利用できるメモリは4GBより小さくなり、起動ディスクも2TBより小さいという制約を受け入れる必要があります。

 

はなこ
こうして見ると、32bit版にするメリットはほとんどないわね。
64bit版を入れてみて、どうしても必要なソフトウェアが動作しなかったら32bit版に切り替えることになるのかな。
たろう
はなこ
でも、パソコンにたくさんのメモリやディスクがあったら、もったいないわね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『32bit』と『64bit』では、一度に扱うことのできる信号の長さが異なる。
  • 64bit CPUが入ったパソコンでも、32bit版Windowsはインストールすることができる。
  • 特別な理由がない限りは、64bit CPUには64bit版Windowsを入れる。
  • 64bit版Windows上では動作しないソフトウェアがあって、それがどうしても必要な場合は、32bit版Windowsを選択しなければならない。

現在は、よく使われるソフトウェアは64bit版Windowsに対応しているものが、ほとんどです。

『よくわからない』という人は、とりあえず64bit版Windowsをインストールすることをおすすめします。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.