違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

メールを受け取ったOL

ITの違い

【メール】imapとpopの違いを解説!メリットとデメリットを紹介!

投稿日:

パソコンを持っている人は、たいていメールを利用していますよね。

 

はなこ
この間、メール用のソフトを変えたの。

それで設定をやり直したんだけど、『IMAP』と『POP』のどちらを選択すればいいのかわからなくてね。

プロトコルを選択するところだね。
たろう
はなこ
何、そのプロトコルって?
僕もよく知らないよ。

とりあえず、『POP』を選んでおけばいいんじゃないかな?

たろう
はなこ
でも、なにが違うのか、ちゃんと理解しておきたいわね。

 

ということで、今回は『IMAP』と『POP』の違いを調べ、そのメリットとデメリットについて解説します。

スポンサーリンク

『IMAP』と『POP』の違い

『IMAP』も『POP』も、メールを受信するための『プロトコル』です。

『プロトコル』の定義

『プロトコル』とは、

サーバやパソコンの間でデータをやり取りする時の約束事

のことです。

 

例えば、電話をかけた時、

「もしもし、○○さんですか?」

「はい、そうです。」

などとやり取りをしますよね。

このような通信のやり取りを定義した規則のことを『プロトコル』といいます。

 

メールを受信するときも規則が定義されていて、

その規則が『IMAP』と『POP』の2種類ある

ということです。

 

では、『IMAP』と『POP』では何が違うのでしょうか。

メール用のソフトを起動すると、メールサーバからメールの一覧やその内容がパソコン側に送られます。

『IMAP』と『POP』では、メールの内容の扱い方が異なります。

『IMAP』とは

『IMAP』は"Internet Message Access Protocol"の略で、

メールの内容はサーバ側に保存されたままで、パソコン側にはダウンロードされません。

『POP』とは

『POP』は"Post Office Protocol"の略で、

メールの内容は全てパソコン側にダウンロードされます。

 

はなこ
なるほど、『IMAP』はメールがサーバ側にあって、『POP』はパソコン側にダウンロードされるということね。
でも、それで何が変わるんだろうね?
たろう

 

『IMAP』と『POP』のメリット・デメリット

郵便ポスト

郵便ポスト

『IMAP』はメールの内容がサーバ側に、『POP』はパソコン側にあります。

このことから、次のようなメリット・デメリットが発生します。

『IMAP』のメリット

  • 複数の端末(例えばパソコン・スマホなど)でメールを利用している場合、どの端末からも同じ状態で見ることができる。
  • パソコンが故障しても、メールが紛失してしまう恐れがない。

『IMAP』のデメリット

  • 常時インターネットに接続していなければならない。
  • サーバの方にメールがあるので、もしサーバが何らかの理由で故障した場合、メールを見ることができなかったり、紛失してしまったりする。

『IMAP』は、

複数の端末からメールを見たい場合に便利です。

メールはサーバにあるので、どの端末から見ても同じ状態で見ることができるからです。

 

例えば、メールの未読/既読などの状態も、どの端末から見ても変わることはありません。

その他のメリットとして、

『パソコンが故障してもメールが紛失しない』

という点がありますが、サーバ側が故障するとメールが紛失する恐れがあります。

また、

常時インターネットに接続していないとメールが確認できない

という点もデメリットになる場合があります。

 

例えば、従量制と言われる、使った通信の使用量に応じてお金がかかる方式の場合、『IMAP』ではよけいに料金がかかることになります。

インターネットが利用できない環境でメールを見ることができない点も、問題になる場合がありますね。

『POP』のメリット

  • インターネットに接続していなくてもメールを見ることができる。
  • サーバが故障しても、メールが紛失してしまう心配がない。

『POP』のデメリット

  • 複数の端末でメールを利用している場合、それぞれの端末で同じ状態にすることができない。
  • パソコンが故障した場合、メールが紛失してしまう。

『POP』の場合、最初にメールの内容をパソコンの方へ保存するので、

インターネットに接続していなくてもメールを見ることができます。

 

その代わり、複数の端末でメールを見ている場合は、最悪の場合、メールが複数の端末にバラバラに保存されてしまうようなこともあります。

なので、『POP』の場合は

1台の端末でメールを見ることが前提となります。

また、パソコンが故障した場合、メールが紛失してしまう問題もあります。

たいていは、サーバのほうが信頼性は高く、めったに故障することはありません。

そのことから、『POP』の方がメールを紛失してしまう可能性は高くなります。

 

はなこ
私の家はインターネットに常時接続しているし、スマホでもメールを読みたいから、『IMAP』の方がよさそうね。
でも、『IMAP』が使えるかどうかは利用するメール・サーバに依存するから、使えるかどうか調べたほうがいいよ。
たろう

 

『IMAP』も、キャッシュ(一時的にパソコン側へメールの内容を保存する機能)によって、インターネットに接続していなくてもメールを見ることができる場合があります。

また、『POP』の場合、サーバの方へ一定期間のメールは保存しておくような設定ができるので、複数の端末を使っていてもメールがバラバラになることが防げます。

メールの設定をうまく活用して、上手に使い分けするようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • メールを受信する時のプロトコルには『IMAP』と『POP』の2種類がある。
  • 『IMAP』はメールをサーバ側で保存し、『POP』はメールをパソコン側にダウンロードする。
  • 複数の端末を使ってメールを見たい時は『IMAP』の方が便利である。
  • インターネットに常時接続できない環境にある場合は『POP』の方がよい。

『IMAP』も『POP』もそれぞれ便利な部分と苦手な部分があります。

それぞれの特色をよく理解して上手に活用するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.