違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

うな重

食べ物の違い

うなぎと穴子(あなご)の違いをわかりやすく解説!味や産地をチェック

投稿日:

うなぎと穴子は、昔から日本で親しまれてきた食材です。

蒲焼きにして食べられることが多く、どちらもとても美味しいですよね。

また、生き物として、うなぎと穴子を見ても、黒っぽく長細い体は、よく似ています。

 

そんな、うなぎと穴子ですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、うなぎと穴子の違いについて解説します。

スポンサーリンク

うなぎと穴子の見た目の違い

うなぎの見た目

うなぎ

うなぎ

うなぎは、全体的に

薄い黒色の体

をしています。

その体をよく見ると

下あごが出ていて、尾びれに丸みがある

という特徴があります。

 

また、日本でよく見られる『ニホンウナギ』という種類のうなぎは大きさは

約60センチ

ですが、なかには1メートルを超える、うなぎもいます。

穴子の見た目

一方で、穴子は

薄茶色の体の側面に、一列に並んだ白い斑点

があります。

そして

上あごが出ていて、尾びれがとがっている

という特徴があります。

 

また、代表的な『マアナゴ』という種類の穴子の体長は

メスが約90センチ

オスが約40センチ

と、穴子の性別で、大きさが倍ほどに違います。

一見すると、そっくりな見た目ですが、よく観察すると、うなぎとの違いがわかりますよ。

 

うなぎと穴子の生息地の違い

うなぎの生息地

うなぎは、主に河川などの真水で生活する

淡水魚

です。

そのため、その生涯の多くは

河川の下流域

で過ごしています。

 

しかし実は、うなぎは遠い海の中で生まれています。

生まれた孔魚は、体がある程度、大きくなると遠い距離を泳いで河川に移動し、産卵時期になると、また海へ帰って卵を産みます。

その移動距離は5000㎞ともいわれますが、うなぎの生態に関する多くは、まだ不明のままなのです。

穴子の生息地

穴子は海で生活する

海水魚

です。

お寿司などでよく食べられている『マアナゴ』という種類の穴子は、特に

浅い海

で生活しています。

 

また、水族館でも人気のある『チンアナゴ』は、敵から身を隠すため

サンゴ礁回りの砂底

で暮らしています。

同じ穴子でも、種類によって住む場所が違うんですね。

チンアナゴ

チンアナゴ

 

うなぎと穴子の食べ物としての違い

うなぎの味と栄養素

最近、うなぎを食べましたか?

うなぎの価格は、最近高価になっているので、頻繁に食べることは難しいかもしれませんね。

 

そんな、うなぎの味は

脂っぽくこってり

としていますね。

その味からわかるように、うなぎは

脂質が多くカロリーが高い

食べ物です。

 

しかし、うなぎはとても栄養価が豊富な食べ物で、とくに

ビタミンやミネラルが豊富

なのです。

夏バテ予防など、スタミナ食として人気があります。

穴子の味と栄養素

うなぎの価格が高いため、

穴子はうなぎの代わり

として食べられることも増えてきました。

 

穴子の味は、うなぎと比較して

さっぱりとした味

をしていますね。

穴子は、

うなぎと比べて脂質が少なく、低カロリー

なので、ヘルシーな食材として人気があります。

 

また、こうした特徴から、天ぷらの食材としても好まれています。

うなぎには劣りますが、穴子も他の魚より

ビタミンが豊富

です。

特に美容や健康に良いといわれるビタミンAは、

魚介類のなかでもトップクラス

に多く含まれています。

健康に気を使う人は、うなぎよりも穴子を食べると良いかもしれませんね。

 

うなぎと穴子の生産地の違い

うなぎの生産地

うなぎの生産はほどんどが

養殖

です。

しかし、一般的な養殖のように産卵時期からの養殖ではありません。

これは、うなぎを育てて産卵させることができないからです。

 

また、うなぎが産卵する場所も不明です。

卵を入手することも困難なため、

『海を泳ぐ仔魚を捕まえて、その仔魚を育てる』

という方法で、うなぎは養殖をしています。

 

日本では、多くの都道府県で、うなぎの養殖をしていますが、特に

  • 鹿児島県
  • 愛知県
  • 静岡県

は、うなぎの生産量の多い都道府県です。

愛知県では『ひつまぶし』、静岡県では『ウナギパイ』といった、うなぎを使った食べ物が全国的に有名ですね。

穴子の生産地

穴子は近年まで

養殖は不可能

とされていました。

しかし、様々な研究により現在では、養殖の穴子もわずかですが流通しはじめています。

 

それでも、まだまだ養殖は一部で始まったばかり。

実際に、食べられている穴子は、

ほとんどが天然物

です。

都道府県別の漁獲量をみると

  • 長崎県
  • 島根県

が、穴子の漁獲量の多い都道府県となっています。

 

とくに長崎県の対馬では

『黄金あなご(こがねあなご)』

と呼ばれる、脂がのった大きな穴子が有名です。

現地では、穴子が刺身としても食べられているんですよ。

スポンサーリンク

まとめ

うなぎと穴子の違い、それぞれの特徴をまとめてみましょう。

うなぎのポイント

  • 薄い黒色の見た目で、下あごが出ていて尾びれに丸みがある
  • 淡水魚
  • 脂っぽく、こってりした味
  • 脂質が多くカロリーが高いが、栄養豊富
  • 鹿児島県、愛知県、静岡県などで養殖されたうなぎが多く流通している

穴子のポイント

  • 薄茶色に白い斑点のある見た目で、上あごが出ていて尾びれがとがっている
  • 海水魚
  • さっぱりとした味
  • 脂質が少なくカロリーが低い
  • 長崎県、島根県などでとれた天然物が多く流通している

以上の違いがありました。

うなぎと穴子は、スーパーや飲食店で販売していますが、年々その数が少なくなっています。

価格も高くなっています。

ただ、どちらも美味しくて栄養の豊富な食材ですから、機会があればぜひ食べてみてくださいね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.