違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

神殿

その他の違い

文明と文化の違いをわかりやすく解説!使い分けや使い方を具体例を交えてチェック

日本や世界において、

『文明と文化』

は、重要な意味を持つものとなっています。

 

それまで、数多くの人が築き上げてきたものであり、

『歴史や価値観を共有する』

ために、これからも残していかなければならないものです。

ですが、そもそも、

「文明と文化の違いは何か」

と聞かれれば、はっきりと答えにくいものでしょう。

 

似たような言葉なので、

『意味するところの違いが分からない』

ことも多くなっています。

 

そこで、今回は、

『文明と文化の違い』

について解説します。

それぞれの意味の違いが気になっていた人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

文明と文化の違いとは?

文明と文化は、とても似ている言葉です。

しかし、

『意味している概念が少し違う』

言葉となっています。

 

それぞれ、独自の解釈が存在しており、

『使い方によって、意味することが違ってくる』

のです。

文明の意味と使い方や使い分け

まず、文明について解説します。

文明は、一言で言うと、

『見えるもの・形あるもの』

を指しています。

 

文明の例えを出してみれば、

  • 技術
  • 機械
  • 社会制度
  • 建造物

などがあります。

 

これらは全て、目に見えるものばかりですよね。

『文明は時代によって、姿形を変えている』

ことが分かります。

100年前にはなかったものが、生まれることもあれば、逆に、

『100年前だからこそ使われていたもの』

なども存在します。

それぞれが影響を受けながら、発展してきたものなのです。

 

『文明開化』という言葉がありますが、あれは、

『今まで存在しなかった技術が導入され、新しいものが誕生する』

ことを意味しています。

これは、人間が持っている知識が深まり、

『新たな世界の可能性を見つけた』

ことを意味しており、これからさらに続いていくことになるでしょう。

 

その為、文明という言葉を使う際は、

『目に見えるものを対象にする』

ことを心掛けておきましょう。

 

使い方の例としては、

  • 文明が発達して、交通網が増えた
  • 機械文明が出来たため、ロボットが作れるようになった
  • 農耕文明は、古くから続く人間の源になるものだ
  • 文字という文明は、人に新たな可能性をもたらした
  • 文明は、破壊と再生を繰り返している

などになりますね。

文化の意味と使い方や使い分け

次に、文化の意味と使い方を解説します。

文化は、文明とは違い、

『人が作った無形のもの』

を指しています。

 

つまり、

『芸術・哲学・科学・宗教』

などが、文化と呼ばれるものになります。

 

有形のものも、文化になるのですが、

『概念としては無形』

を表すことが多くなっています。

人が考え得るものなら、

『その全てが文化』

と言っても過言ではないでしょう。

 

また、文化の特徴として、

『地域が、ある程度限定される』

こともあります。

その地域特有の文化として、広く根付くものが多く、これは、

『世界規模で起きていること』

でもあります。

 

例えるなら、

『西洋文化と日本文化の違い』

といった感じですね。

 

文化を使った言葉の使い方としては、

  • 日本文化は、こだわりを持ったものが多い
  • オタクという概念は、日本の文化になっている
  • 地域特有の考え方があり、それは文化となっている
  • アメリカの文化は、派手で楽しい
  • 独自の文化による考え方をしている

などがあります。

 

文明や文化の具体例とは?

鳥居

文明や文化について解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『有形か無形かで、文明と文化は区別できる』

ということが言えます。

 

ここからは、

『文明や文化の具体例』

を、もう少し深く解説します。

文明は『生活を豊かにするもの』

文明は、先程解説したように、

『人が作り出した有形のもの』

を指しています。

 

これは、つまり、

『人の発展=文明』

ということになるのです。

 

世界には、文明と名が付くものがたくさんあり、具体例を挙げると、

  • インダス文明
  • メソポタミア文明
  • エジプト文明
  • 黄河文明

と呼ばれる、4大文明が有名です。

 

これらの4つの文明及び、これに関係する文明は、

『物作りからなっている』

ことは、よく知られていることでしょう。

そして、時代によって作られた物が、更に発展して、

『機械文明や化学文明』

にまで発展しているのです。

 

これら全ては、

『人類が発展していく上で、欠かすことの出来ないもの』

であり、これからも多くの文明が作られていくと予想されます。

文化は『人が作り出した数多くの思想や概念』

次に、文化ですが、先程解説したように、

『思想や概念』

を表すものになります。

 

具体例を挙げると、

  • 歌を歌って、人の心を動かすこと
  • 理念を掲げ、大志を抱くこと
  • 人生は、常に前向きに生きるべきという考え方
  • 昔から続いてきた風習を守り続けること
  • 奉仕の精神は、無償で提供してこそ価値があるもの

などがあります。

 

例を挙げると、キリがありませんが、

『個人や団体が考える思想や概念の全て』

が、文化というものを形成しているのです。

 

つまり、文化は、

『考え方全てに当てはまるもの』

だと言えます。

 

たまに、文化を作ることに対して、

『過度な不安』

を持っている人がいますが、あまり心配する必要はありません。

文化は、

『その人が考え始めた時点から、すでに始まっているもの』

なので、積極的に、自分の考えを実践していけば良いのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『文明と文化は、有形か無形かの違いだけがある』

ということが言えます。

 

人によっては、

『文明と文化は同じもの』

と考えることはありますが、これも、ある意味1つの文化となります。

ですが、今回の場合は、

『意味を分かりやすくするため、文明と文化の違いを明確化している』

ため、解釈としては、解説したことを参考にしてもらって構いません。

 

文明と文化は、今も昔も、

『人によって作り出され、その意味も常に変化している』

ものです。

その為、時代によって変わる解釈を、しっかりと理解しておくようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.