違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

スマホと携帯

ITの違い

携帯とスマホの違いをわかりやすく解説!意味や定義をチェック

投稿日:

あなたが使っているのは『携帯』ですか、それとも『スマホ』ですか?

 

はなこ
私は今でも『携帯』を使っているわ。
僕は『スマホ』だね。

友達に、通話は『携帯』で、SNSは『スマホ』っていうやつもいるよ。

たろう
はなこ
両方とも持っているなんてすごいわね。

 

今回は、『携帯』と『スマホ』の意味や定義を調べ、その違いについて解説します。

スポンサーリンク

『携帯』と『スマホ』の意味や定義

まずは、『携帯』と『スマホ』のそれぞれの意味や定義を調べてみましょう。

『携帯』の定義

『携帯』と呼んでいますが、正式には『携帯電話』のことで、

移動しながらの通話が可能な電話サービス用の無線通信機器

 

『携帯電話』が日本で初めて登場したのは1985年。

当時は『ショルダーホン』と呼ばれていました。

その名の通り、肩にかけて持ち運びするタイプのもので、カバンのような大きさで重さも3kgありました。

現在では小型化が進み、折りたたみ式のコンパクトなタイプが主流となっています。

『スマホ』と区別して『ガラケー』とも呼ばれたりしますね。

 

『スマホ』の定義

正式には『スマートフォン』のことで、

モバイル向けオペレーティングシステムを備えた携帯電話

 

つまり、『スマートフォン』とは『携帯電話』の一種ということですね。

『モバイル向けオペレーティングシステム』という難しい言葉が登場しましたが、例えばApple社のiPhoneに搭載されたiOSや、Google社のAndroidのことを指します。

パソコンで言えばWindowsやMac OS X、Linuxなども『オペレーティングシステム』の仲間です。

 

はなこ
つまり『携帯電話』には『モバイル向けオペレーティングシステム』は入っていないということ?
いや、正確には違うみたいだね。
たろう

 

『携帯電話』にも専用の『オペレーティングシステム』が搭載されていますが、昔は『携帯』を生産していたメーカーがそれぞれ独自に開発していました。

『スマホ』になって、それがだんだんと統一されてきたということですね。

 

はなこ
統一されていいことでもあるの?
例えば、よさそうなアプリがあっても、それが自分の『携帯』と違うメーカー製だと使えないわけだよね。

『オペレーティングシステム』が統一されれば、どのスマホでも動作することが保証されるんだ。

たろう
はなこ
なるほど、利用できるアプリもぐんと増えるわけね。

 

『携帯』と『スマホ』の違い

メールを受け取ったOL

メールを受け取ったOL

『スマホ』は『携帯』の一種だということがわかりました。

では、『携帯』と『スマホ』の違いは何があるのでしょうか?

1. 操作性の違い

最も大きな違いは、『携帯』と『スマホ』の操作性です。

『携帯』には、文字や絵を見るための液晶画面と、操作するためのボタンがあります。

液晶画面を見ながら、ボタンを使って電話番号を入力したり、何かを選択したりできます。

それに対して、

『スマホ』には液晶画面だけがあります。

操作は、画面上にあるアイコンやボタンなどで行います。

これを、『タッチパネル方式』といいます。

 

2. 形状の違い

操作性が違うので、形状にも差が出てきます。

『携帯』は、液晶画面と操作のためのボタンの2つの部分に大きく分かれます。

そのため、液晶画面は全体の半分程度を占めています。

また、現在では折りたたみ式のものが主流で、開くと画面と操作ボタンが現れるような形になっています。

それに対して、

『スマホ』は操作したり画面を見やすくするため、全体を液晶画面が占めています。

また、折りたたむタイプの『スマホ』は、まだほとんど見掛けません。

 

はなこ
折りたたむタイプの『スマホ』もあるの?
最近、発売されるようになったね。

画面が折りたたみ式になっているんだ。

だから、従来のものよりも大きな画面で見ることができるよ。

たろう

 

3. アプリの種類

『携帯』のアプリは、各キャリアが開発して公開しています。

個人が開発できる環境もありますが、『スマホ』に比べると広く使われてはいません。

そのため、

『携帯』のアプリの種類は『スマホ』に対して少なめです。

『スマホ』の場合、開発環境が入手しやすいため、個人でアプリを開発している人口も多くいます。

その分、たくさんの有償・無償アプリを利用することができます。

そのアプリの種類も様々です。

『SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)』という、Web上でグループが構築できるサービス用のアプリをはじめとして、ブラウザやゲーム、スケジュール管理などのアプリが利用できます。

 

はなこ
電話が使えるだけでいいのなら『携帯』で十分だけど、いろいろなアプリを利用したいのなら『スマホ』の方がいいわね。
僕は、スケジュールも全部『スマホ』で管理しているし、ゲームなんかもしたいから、『携帯』に戻ることはできないね。
たろう

 

4. 料金プラン

『料金プラン』は『携帯』と『スマホ』の違いというよりは、使い方の違いによるところが大きいですが、

『スマホ』のほうが月々の料金は高くなります。

 

『携帯』の場合、『通話とメールができれば十分』という人が多いので、その分、料金は安めに抑えることができます。

それに対して『スマホ』の場合は、様々なデータ通信を行うアプリを利用するため、どうしても料金は高めになります。

しかし、現在は『格安SIM』という新たなサービスが登場しましたよね。

これにより、安い料金で『スマホ』が利用できるようになりました。

 

はなこ
いろいろなアプリを使いたい場合は、それだけ高い料金を支払わなければならないということね。
通話しかしないのだったら、それはもったいないよね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『携帯』は、移動しながらの通話が可能な電話サービス用の無線通信機器のことである。
  • 『スマホ』は、『モバイル向けオペレーティングシステム』を搭載した『携帯』の一種である。
  • 『スマホ』と『携帯』の間には、『操作性』『形状』『アプリの種類』『料金プラン』の違いがある。

『携帯』にも『スマホ』にも、それぞれのメリットやデメリットがあります。

自分の使い方に合わせて選択するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.