違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

収入と所得の違いをわかりやすく解説!意味や使い分け方をチェック

投稿日:

『働いたりして得たお金』を表す言葉は、いくつかあります。

中でも、よく聞かれるのが

『収入』と『所得』

でしょう。

 

この2つ、普段はなんとなく、どちらも似たような意味で使っていることも多いです。

『所得』は、税の申告など、手続きの時に使う言葉、というイメージがある人もいるでしょう。

 

でも、意味が全く同じなら、わざわざ使い分ける必要はないですし、1つの言葉で済みそうですよね。

言葉が違うからには、何か違うのでしょう。

『収入』と『所得』、いったい何がどう違うのでしょう?

 

そこで今回は、

『収入』と『所得』の違いや使い分け方

について調べてみました。

違いがわかると、手続きの話などもわかりやすくなりますから、ぜひ知っておいてくださいね!

スポンサーリンク

『収入』と『所得』の意味や違いって何?

収入と所得の違いとは?

『収入』と『所得』の意味は?

実をいうと、

『収入』も『所得』も、言葉としての意味は、あまり変わりありません。

 

ちょっと古いものですが、広辞苑(第三版)で『収入』と『所得』の意味を調べてみると、

収入…

金銭や品物などを手に入れ自己の所有とすること。

またその金品。

所得。

所得…

得て自分の所有となるもの、収入、利益

というように、

『収入』には『所得』という意味があるし、『所得』には『収入』という意味があるのです。

 

実際にも、同じ意味として使われることもあります。

たとえば

収入が増える

所得が増える

どちらも同じ意味で使いますよね。

このように、

『収入』も『所得』も、『働いて得たお金』という意味では同じです。

 

でも、この2つ、違う意味で使うこともあるのです。

それは、税金などの社会的な制度に関わってくる場合です。

 

では次に、『収入』と『所得』の意味はどう違うのか、お話ししましょう。

『収入』と『所得』の違いと使い分け

税金などに関する場合、『収入』と『所得』はどう違うかというと

『収入』…

事業を行ったり雇用主のもとで働いたりして得たお金

『所得』…

収入から、仕入れの費用や減価償却費などの必要経費や、控除額を除いた金額

というように、同じ『得たお金』でも、

必要経費や控除額を除いたものか、除いていないものか

という違いがあります。

 

たとえば、AさんとBさん、2人とも『収入』は同じ500万円だとしても、

必要経費が200万円かかったAさん…

所得は500万円-200万円=300万円

必要経費に450万円かかったBさん…

所得は500万円-450万円=50万円

となります。

このように、『収入』は同じでも、必要経費によって『所得』は違うのです。

 

ですから、

『収入』という言葉は、事業や仕事などで得たお金全体を表す時

『所得』という言葉は、収入から必要経費などを引いた分を表す時

というように、使い分けます。

 

また、所得税は収入にはかからず、収入から必要経費や控除額を除いた『所得』にかけられます。

もっとも、『収入』に税金が課せられるようになったら、かなり大変ですけどね。

 

ちなみに、会社員は一見すると、『必要経費』はなさそうに思えるかもしれません。

でも、『給与所得控除額』というのが、会社員にとって『必要経費』にあたるものになります。

ですから、税法の上では

  • 年収が『収入』になる
  • 収入から『給与所得控除額』を引いた分が、『給与所得』になる

という仕組みになっています。

 

年金収入の場合も、『公的年金等控除額』というものがあり、これが『必要経費』に相当するものです。

この給与所得控除額と、公的年金等控除額は、決められた式で算出されます。

そのほかにもいろいろな控除がある

『収入』と『所得』の違いから少し話がそれますが、控除について紹介しておきましょう。

納税額を算出するときには、給与所得や年金所得の控除額だけが考慮されるわけではありません。

他にも控除はいくつもあります。

 

たとえば

  • 災害や盗難に遭った…雑損控除
  • 子どもなど扶養家族がいる…扶養控除
  • 大きな病気をして医療費が高額になった…医療費控除
  • 国民健康保険や国民年金などの社会保険料を払った…社会保険料控除
  • 地震保険料を払った…地震保険料控除
  • 寄付をした・ふるさと納税をした…寄付金控除
  • 働きながら大学に通って勉強している…勤労学生控除
  • 配偶者と離婚したり死別したりした…寡婦・寡夫控除
  • 納税者本人や、控除対象の配偶者や扶養親族が所得税法上の障害者である…障害者控除

など。

 

『控除』とは、それぞれの人の事情や実情に対応して、税金の負担を考慮する仕組みです。

ですから、税金の申告では、収入や所得を確認するだけでなく、

  • 控除対象になる支払いがあったら、領収書などをきちんと保管しておく
  • 税金の申告をする時には、控除の対象になるような出来事や支払いがなかったか、よく思い出して額を調べておく

ということが大切です。

 

『収入』や『所得』に関わる他の言葉を紹介

『収入』や『所得』と似た言葉は?

『収入』や『所得』のほかにも、『得たお金』を表す、似たような言葉は沢山ありますよね。

たとえば

  • 売り上げ
  • 給料
  • 月給
  • 月収
  • 給与
  • 手取り

これらの言葉についても、ざっとチェックしておきましょう。

『売上』とは

『売り上げ』は、

商品を売ったりサービスを提供したりした対価に応じて受け取る代金

のことです。

 

たとえば、

1本180円の大根が50本売れたら、売り上げは9,000円

となります。

『売り上げ』の場合は、仕入れ値などの必要経費は差し引きません。

お客さんたちから受け取った9,000円がそのまま『大根の売上』になります。

『給料』とは

『給料』は、業務で得られる賃金のことですが、

交通費や住宅手当、残業代などの手当てなどは含みません。

通常の業務に払われる分で、『基本給』と言われる部分のことです。

『月給』とは

『月給』は、『基本給(月給)+固定手当』です。

『固定手当』というのは、たとえば役職手当や住宅手当など、1か月で支払われる額が決まっている手当のこと。

 

ですから『月給』にも、残業手当などの、その月ごとに変わる手当は含まれません。

『月収』とは

『月収』には、固定手当に加え、残業手当などの、月によって変動する手当も含まれます。

 

ただし、『今月もらえた額』ではなく、

ボーナス(賞与)や副収入などを含めた、年間にあった収入額を12か月で割ったもの

のことです。

『給与』とは

『給与』は『雇用主から支払われる金額』のことです。

基本給はもちろん、残業手当や住宅手当、ボーナスなども含まれます。

 

ですから、たとえば1か月45万円の基本給で、残業手当4万円、住宅手当2万円の場合は、

給料…45万円

給与…51万円

ということになります。

『手取り』とは

『手取り』は、月給から所得税、社会保険料、住民税などを引いた金額のことで、『もらった人が自由に使える金額』です。

『可処分所得』

という言い方もされます。

 

所得税や社会保険料などは、月給が振り込まれる時に差し引かれることも多いですよね。

(これを『源泉徴収』といいます。)

その差し引かれた後の、実際に受け取って自分の意志で使える分が『手取り』です。

日常で使うときは

ここまで『給料』や『収入』に関わる言葉を紹介してきました。

仕事探しや税金の申告などの時には、こういった細かい違いも関わってくることがあるので、一通りチェックしておくと役に立ちますよ。

 

でも、日常的な会話の中では、実際にここまで細かい使い分けをすることは、あまりありません。

『給料』『給与』『月給』『月収』が、だいたい同じ意味で使われることも多いです。

使い分けることがあるとすれば、

『手取り』は『月給』から税金などを引いた、自分の手元に入ってくるお金という意味で使われる

というくらいでしょう。

ですから、一通り理解しておけば、雑談の時などで頑張って使い分けなくても大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

『収入』と『所得』は、言葉の意味自体は、ほぼ同じです。

 

でも、税金などに関わるとなると

収入…

得たお金全体のこと

所得…

得たお金から、必要経費や控除額などを除いた分で、所得税の課税対象になる部分

という違いがあります。

 

税金の手続きで『所得額』のところに間違えて収入額を書いてしまうと、本来なら課税対象にならないはずの分まで、課税対象になってしまいます。

ですから、手続きなどの時には、『収入』と『所得』を間違えないように気を付けてくださいね。

 

他にも、『手取り』『月収』『月給』『給料』など、一見すると似たような言葉はいくつもあります。

これも、普段はあまり厳密に区別することはないでしょう。

でも、就活や納税手続きなどでは、違いを把握しておいたほうが賢明です。

 

普段は何気なく使っている言葉も、

「同じ意味のようだけど、どうちがうんだろう?」

と思ったら、確認しておくことが大切ですね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.