違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

カフェオレとコーヒー牛乳の違いをわかりやすく解説!作り方を紹介!

更新日:

牛乳をつかったコーヒー飲料は、たくさんありますよね。

中でも、似た者同士のカフェオレとコーヒー牛乳。

このふたつの違い、考えたことはありますか?

 

焼きたてクロワッサンに添えられた、おしゃれなボウル。

お風呂上りに、ゴクゴクいきたい冷えたビン。

イメージはハッキリ分かれるのに、その違いはどこかあいまいです。

 

この記事では

  • カフェオレ
  • コーヒー牛乳

このふたつの違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

カフェオレとコーヒー牛乳の違い

カフェオレ:café au lait

は、濃く淹れたコーヒーと熱い牛乳、同量を同時に注いだものです。

café は『コーヒー』

au は『~入りの』

で、

laitは『牛乳』

 

日本語に直訳すると

牛乳入りのコーヒー

となります。

 

朝は目覚めのコーヒーが飲みたい。

でも空っぽの胃に濃いコーヒーはツラい。

そんなフランス人たちが大好きな飲み方です。

 

コーヒー牛乳は、日本の守山乳業という会社が開発した飲み物です。

当時、一般的ではなかった牛乳とコーヒーを広めることが、目的でした。

濃いめのコーヒーと牛乳、砂糖多め

で作ったところ、飛ぶように売れたと言います。

決まったレシピはなく、その後は色んな会社が、独自のレシピでコーヒー牛乳を作るようになりました。

 

市販のコーヒー牛乳は、酸味調整のためコーヒーの香りが、かなり飛んでいます。

コーヒー入りの牛乳。

それがコーヒー牛乳なのです。

 

こうして定義を比べてみると、次の違いがありました。

カフェオレ

  • コーヒーが主役
  • レシピは、コーヒーと牛乳の割合が1:1
  • 砂糖なし

コーヒー牛乳

  • 牛乳が主役
  • 決まったレシピはない
  • 砂糖あり

 

カフェオレとコーヒー牛乳:分かりにくさの理由

カフェオレとコーヒー牛乳。

ふたつの違いが、分かりにくくなってしまった理由がありました。

 

2000年に、商品名に『牛乳』と命名するための基準が厳しくなったんです。

それ以後、コーヒー牛乳は

コーヒー入り乳飲料

と呼ばれるようになりました。

企業は、商品名として

  • ミルクコーヒー
  • カフェオレ
  • カフェラテ

などの言葉を使いはじめます。

ちなみに

カフェラテは、コーヒーではなくエスプレッソにミルクを加えた飲み物です。

その結果、

『コーヒー牛乳』

『フルーツ牛乳』

といった名前は、いつの間にか消えてしまいました。

ふたつの違いは、こうしてあいまいになっていきました。

 

カフェオレの作りかた

カフェオレのレシピは、

コーヒーと牛乳が1:1

と決まっています。

コーヒーは、ドリップしたものを使います。

牛乳は、スチームミルクを加えます。

 

ただし、レシピはいつも守られているわけではありません。

  • コーヒーの種類
  • 焙煎の度合い
  • ミルクの脂肪分

などによって、おいしい!と思える割合に違いがあります。

時には砂糖を入れたり、シナモンなどの香料を足したりもできますね。

 

ここでは、カフェオレの代表的な作りかたを紹介していきます。

ホットカフェオレ

  1. コーヒー200㏄とミルク150㏄を別々のポットに用意する
  2. それぞれのポットを両手に持ち、同時に半々になるようそそぐ

基本のカフェオレですね。

量も多め。

カフェオレボウルで、たっぷりいただけます。

もしインスタントコーヒーでお手軽に作りたいなら、

ミルクとコーヒーの量が半々

になるようにすれば、よいでしょう。

 

アイスで、見た目が二層になるようオシャレに作りたい時は、次の作り方。

アイスカフェオレ

  1. コーヒー75㏄とミルク75㏄、氷を用意する
  2. ミルクを先にカップに注ぎ、氷を入れる
  3. コーヒーを氷に伝わらせながら静かにそそぐ

 

アレンジを加えたカフェオレが飲みたい時は、こちら。

メープルシナモン・カフェオレ

  1. コーヒー130㏄に、メープルシロップ大さじ2を加えて混ぜる
  2. ミルクは65℃にあたため、クリーマーで泡立ててからコーヒーにそそぐ
  3. シナモンパウダーをひとつまみ、上からふりかける

 

コーヒー牛乳の作りかた

コーヒー牛乳のレシピは、これまた山ほどあります。

なぜなら決まったレシピがないから。

牛乳多めが基本で、あとは自由なんです。

 

また、コーヒー牛乳のおいしさは甘さにあります。

量はお好みですが、この甘みを欠かすことはできません。

コーヒー牛乳の元祖・守山乳業でも、当時は砂糖多めの甘みたっぷりで作っていたそうです。

カロリーが気になる人は、砂糖の代わりに、

  • 黒糖
  • ハチミツ
  • 水あめ
  • メープルシロップ

などを使う作り方もありますよ。

 

ここでは、コーヒー牛乳の作り方の代表例を紹介していきます。

コーヒー牛乳

  1. 砂糖大さじ1杯強を、大さじ2杯のお湯で溶かす
  2. 100㏄の無糖アイスコーヒーと、50㏄の冷たいミルクを合わせる
  3. 1と2を合わせて、よく混ぜる

 

インスタントコーヒーで、お手軽にコーヒー牛乳を作ることもできます。

牛乳たっぷりレシピです。

コーヒー牛乳(インスタントコーヒー使用)

  1. インスタントコーヒー大さじ1杯弱と、砂糖小さじ1杯を、50㏄のお湯で溶く
  2. さらに牛乳250㏄を加えて、混ぜる

 

黒糖シロップを使った冷たいコーヒー牛乳のレシピもあります。

アイス黒糖コーヒー牛乳

  1. グラスに氷を入れ、黒糖シロップを20㏄注ぐ
  2. 牛乳80㏄を上から静かに注ぐ
  3. アイスコーヒー100㏄を上から静かに注ぐ

スポンサーリンク

まとめ

カフェオレとコーヒー牛乳の違いを大きく分けると、

  • 主役の違い
  • レシピの有無
  • 砂糖の有無

以上の区別がありました。

 

コーヒー多めのカフェラテは、朝の目覚めをうながすひと時に。

牛乳が多く甘いコーヒー牛乳は、夜のリラックスタイムに。

知らず知らずのうちに、目的に合わせて飲み分けていたのではないでしょうか。

 

コーヒーと牛乳の相性は抜群!

自分好みの割合を探すのも、きっと楽しいものになりますよ。



自宅でコスパ最強のコーヒー

を飲むなら、ネスカフェをオススメします。

コーヒーマシンが無料【ネスレ日本公式】

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.