違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

HUB

ITの違い

ルーターとハブの違いをわかりやすく解説!意味と使い分け方を紹介

投稿日:

家庭でインターネットを利用するときに『ルーター』や『ハブ』といった機械が必要になりますよね。

 

はなこ
インターネットが利用できるように工事してもらったんだけど、『ルーター』とか『ハブ』とか、よくわからない機械を設置したの。

あれって、何に使うものなの?

僕にもよくわからないんだ。

必要だと言われて付けているけどね。

たろう
はなこ
『ルーター』や『ハブ』って、何のために必要なんだろうね。

 

ということで、今回は『ルーター』と『ハブ』の意味について調べ、その違いについて解説します。

スポンサーリンク

『ルーター』と『ハブ』の意味とその違い

まずは、『ルーター』と『ハブ』の意味について調べてみましょう。

『ルーター』とは?

コンピュータをつなぐネットワークにおいて、データを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する通信機器

のことです。

……

………

この説明だけでは、よくわかりませんよね。

インターネットの世界では、様々なネットワークが存在しています。

例えば、会社や学校、一般家庭などでもネットワークが構築されています。

ネットワークにつながれたパソコンやサーバには、目印となる番号が必ず割り当てられています。

それを『IPアドレス』といいます。

 

例えば、パソコンから世界のどこかにあるWebサーバにアクセスしたい時は、この『IPアドレス』を頼りにしています。

しかし、その間には、いくつものネットワークが張りめぐらされているので、

一つずつたどりながら目的のサーバへとつなぐ

必要があります。

 

目的のサーバへのルートを判断するために使われるのが『ルーター』です。

つまり、『ルーター』がなければ、ブラウザでいろいろなページやコンテンツを見たり、ゲームでネットワーク対戦することはできないわけです。

 

『ハブ』とは?

ネットワークにおいて中心に位置する集線装置

のことです。

家庭でADSLや光通信などのネットワーク回線を引いたとき、『ルーター』からは一本のLANケーブルが接続できます。

しかし、複数のパソコンをネットワークにつなぎたいとき、このままでは足りませんね。

そこで、『ハブ』を使います。

『ハブ』には、LANケーブルの差し込み口が複数あります。

これによって、複数のパソコンをネットワークにつなぐことができるわけです。

 

『ルーター』と『ハブ』の違い

以上の話を整理しましょう。

『ルーター』は、相手先サーバへのルートを判断するために使われる機器です。

『ハブ』は、複数の端末をネットワークにつなげるための機器です。

二つは、利用する目的が異なるわけです。

 

はなこ
『ルーター』は、相手先を見つけるための重要な機械だということね。

でも、一台しかパソコンをつながないんなら、『ハブ』はいらないということね。

おかしいな、家にある『ルーター』は、複数のパソコンをつなげるように、差し込み口が複数あるよ。

あれは、『ルーター』ではなくて『ハブ』ということなのかな。

たろう

 

今では、『ルーター』と『ハブ』が一台の機械に集約されたものもあるので、『ルーター』と『ハブ』の区別が付きにくいようになりました。

なので、わざわざ『ハブ』を買わなくても、『ルーター』だけで、十分に間に合う場合もあります。

 

『ルーター』と『ハブ』の使い分け方

『ルーター』と『ハブ』は、その利用目的が違うことが分かりました。

それでは、どのように使い分ければいいのでしょうか。

 

まず、

インターネットを利用するためには『ルーター』は必ず必要になります。

また、

スマホやゲーム機などで無線LANを使いたい場合は、Wi-Fi機能のついた『ルーター』がお勧めです。

『Wi-Fiルーター』には、有線LAN用の差し込み口も、ほとんどの機器で用意されています。

ただ、あらかじめ仕様を確認しておくことをお勧めします。

 

会社などで、たくさんのパソコンをネットワークにつなげたいような場合、『ルーター』に付いている差し込み口だけでは足りないので、『ハブ』が必要になります。

『ハブ』には『リピータハブ』と『スイッチングハブ』の2種類があります。

 

『リピータハブ』は、送信された信号を、その『ハブ』につなげられた、すべてのコンピュータに分配するという単純な仕組みです。

それに対して『スイッチングハブ』は、相手先のコンピュータだけに信号を送る仕掛けがあるため、少し複雑な仕組みになっています。

 

今では、『リピータハブ』はほとんどありません。

たいていは『スイッチングハブ』でしょう。

しかし、販売されている中で安い『ハブ』の中には、まだ『リピータハブ』もある可能性があります。

『リピータハブ』を使うと、つながっているパソコンが多くなるほど『コリジョン(衝突)』という現象が発生して回線速度が低下します。

たくさんのパソコンをつないで利用したい場合は、必ず『スイッチングハブ』を選ぶようにしましょう。

 

はなこ
私は、パソコンとスマホしか使わないから、『Wi-Fiルーター』が1台あれば十分かもしれないわね。
そうだね。

スマホで無線LANを使うなら普通の『ルーター』だけでは足りないものね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ルーター』は、相手先サーバへのルートを判断するために使われる機器である。
  • 『ハブ』は、複数の端末をネットワークにつなげるための機器である。
  • 『ハブ』には『リピータハブ』と『スイッチングハブ』があり、たくさんのコンピュータをつなぐなら『スイッチングハブ』のほうがよい。

『ルーター』も『ハブ』も、ネットワークを構成するためには欠かせない装置です。

故障すれば、ネットワークがしばらく使えなくなるほど重要な機器なので、大切に使いましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.