違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

LANケーブル

ITの違い

モデムとルーターの違いをわかりやすく解説!意味や役割をチェック

家庭でインターネットを利用するときに『モデム』や『ルーター』といった機械が必要になりますよね。

 

はなこ
昔から、『モデム』とか『ルーター』が家に設置されているんだけど、あれって何に必要なの?
わからないな。

僕の家には『ルーター』はあるけど『モデム』はないよ。

たろう
はなこ
じゃあ、『モデム』は絶対に必要ということはないわけ?

 

ということで、今回は『モデム』と『ルーター』の意味について調べ、その違いについて解説します。

スポンサーリンク

『モデム』と『ルーター』の意味

まずは、『モデム』と『ルーター』の意味について調べてみましょう。

『モデム』とは?

アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機械

のことです。

パソコンやスマホ、サーバなどが普段やり取りするネットワーク通信は『デジタル信号』です。

『デジタル信号』とは、電圧の高いところを1、低いところを0として、1/0だけで表される信号のことを指します。

それに対して『アナログ信号』は、連続した波形で表される信号のことを指します。

例えば、電話回線を流れる信号は『アナログ信号』です。

ダイヤルアップ接続やISDN、ADSLなどのサービスでは電話回線を使ってインターネットへと接続します。

しかし、電話回線を流れる『アナログ信号』を、そのままコンピュータ用のネットワークに流すことはできません。

そのために必要なのが『モデム』です。

『モデム』が、電話回線からの『アナログ信号』をネットワーク用の『デジタル信号』に変換し、またその逆のことを行うわけです。

 

『ルーター』とは?

コンピュータをつなぐネットワークにおいて、データを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する通信機器

のことです。

インターネットの世界では、様々なネットワークが存在しています。

例えば、会社や学校、一般家庭などでもネットワークが構築されています。

ネットワークにつながれたパソコンやサーバには、目印となる番号が必ず割り当てられています。

それを『IPアドレス』といいます。

例えば、パソコンから世界のどこかにあるWebサーバにアクセスしたい時は、この『IPアドレス』を頼りにしています。

しかし、その間にはいくつものネットワークが張りめぐらされているので、一つずつたどりながら目的のサーバへとつなぐ必要があります。

目的のサーバへのルートを判断するために使われるのが『ルーター』です。

つまり、『ルーター』がなければ、ブラウザでいろいろなページやコンテンツを見たり、ゲームでネットワーク対戦することはできないわけです。

 

『モデム』と『ルーター』の違い

LANケーブル

LANケーブル

『モデム』と『ルーター』は、その使用目的が異なります。

 

『モデム』は、電話回線とネットワークの橋渡しをするために必要な機器です。

『ルーター』は、相手先サーバへのルートを判断するために使われる機器です。

 

『ルーター』は、『モデム』によって変換されたデジタル信号を送受信します。

つまり、あなた側から見れば、『モデム』の内側に『ルーター』がつながれているわけです。

ネットワークには階層があります。

 

最下層には『物理層』…つまりLANケーブルなどの通信に必要なケーブルがあります。

最も上に『アプリケーション層』つまりWebサーバなどが使う通信が定義されています。

 

『モデム』は、『ルーター』よりも下層の部分とも言えます。

『モデム』も『ルーター』も、インターネットを使うためには必ず必要になる機器です。

 

はなこ
私の家は、ADSLを使っているからモデムが必要なのね。
僕の家は、光通信を使っているよ。

だから、モデムはいらないということかな?

たろう

 

光通信の場合、その名の通り光ファイバーを通る光によって通信を行います。

そのため『モデム』の代わりに『光回線終端装置』という機器が使われます。

『光回線終端装置』は、光信号を電気信号に変換するために使われる機器です。

よって、『モデム』に近い役割を持っていることになります。

 

はなこ
光通信も、『モデム』のような機械が使われているということね。
確かに、機械が1台設置されていたな。

あれが『光回線終端装置』なのかな?

たろう

 

最近では、『モデム』と『ルーター』が一体型になった機器もあります。

そのような機器がある場合は、わざわざ『ルーター』を用意する必要はなくなります。

さらには無線LANが使えるようにWi-Fi機能が付いていたり、複数のパソコンがつなげられるようにLANケーブルの差し込み口が複数あるような高機能なタイプもあります。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『モデム』は、デジタル信号とアナログ信号を相互に変換する機器のことである。
  • 『ルーター』は、相手先サーバへのルートを判断するために使われる機器である。
  • 『モデム』も『ルーター』も、インターネットを利用するためには必ず必要な機器である。
  • 光通信の場合は、『モデム』ではなく『光回線終端装置』が必要になる。

インターネット回線を利用するためには様々な機械が必要になります。

間違えて不要なものを買ってしまったり、必要なものが足りないというような事のないように、あらかじめ調べておきましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.