違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

HUB

ITの違い

ホームゲートウェイとルータの違いをわかりやすく解説!役割を紹介

あなたは、『ホームゲートウェイ』という言葉を聞いたことがありますか?

 

はなこ
この間、家のインターネット回線を光通信に切り替えたの。
とうとう、切り替えたんだね。
たろう
はなこ
今までは『モデム』と『ルータ』が必要だったんだけど、今度は『ホームゲートウェイ』1台でいいんだって。
『ホームゲートウェイ』?

それって、『ルータ』とはまた別のものなの?

たろう

 

ということで、今回は『ホームゲートウェイ』と『ルータ』の意味を調べ、その違いについて解説します。

スポンサーリンク

『ホームゲートウェイ』と『ルータ』の違い

LANケーブル

LANケーブル

まずは、『ルータ』の方から意味を調べてみましょう。

『ルータ』とは?

コンピュータをつなぐネットワークにおいて、データを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する通信機器

のことです。

インターネットの世界では、様々なネットワークが存在しています。

例えば、会社や学校、一般家庭などでもネットワークが構築されています。

ネットワークにつながれたパソコンやサーバには、目印となる番号が必ず割り当てられています。

それを『IPアドレス』といいます。

例えば、パソコンから世界のどこかにあるWebサーバにアクセスしたい時は、この『IPアドレス』を頼りにしています。

しかし、その間にはいくつものネットワークが張りめぐらされているので、一つずつたどりながら目的のサーバへとつなぐ必要があります。

目的のサーバへのルートを判断するために使われるのが『ルータ』です。

つまり、『ルータ』がなければ、ブラウザでいろいろなページやコンテンツを見たり、ゲームでネットワーク対戦することはできないわけです。

 

はなこ
なんだか難しいわね。

要するに、相手のコンピュータにたどり着くための道すじを決めているのが『ルータ』ということでいいのね。

その目印になるのが『IPアドレス』になるわけか。

それだけで世界中のコンピュータにつながることができるというのもすごいね。

たろう

 

では、『ホームゲートウェイ』とは何を意味するのでしょうか?

『ホームゲートウェイ』とは?

モデムなどを使い、『LAN』側から『WAN』側へのネットワークアクセスを提供する小型の消費者向け『ルータ』

のことです。

難しい言葉がたくさん登場しましたが、

『ルータ』の仲間である

ということが分かりますね。

 

『LAN』とは、Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)の略ですが、ここでは

家の中にあるパソコンやスマホを含めたネットワーク

だと考えて下さい。

それに対して、『WAN』はWide Area Network(ワイドエリアネットワーク)の略で、

家の外にある電話線や光ファイバーなどのネットワーク通信

を表します。

 

『LAN』が扱う信号は、デジタル信号なのに対し、『WAN』が扱う信号は電話線の場合アナログ信号であり、光ファイバーなら光信号です。

だから、『WAN』側から流れてきた信号は、そのままでは『LAN』側では利用できないわけです。

つまり、

『ホームゲートウェイ』は、『WAN』側の信号を『LAN』側で使えるように変換する機能を持った『ルータ』である

ということですね。

 

『WAN』側の信号を『LAN』側で使えるように変換するのは『モデム』の役割です。

その『モデム』の機能を持った『ルータ』が『ホームゲートウェイ』であるともいえます。

もちろん、『モデム』と『ルータ』を別々に設置するようなことも可能です。

その場合は、『WAN』側から『モデム』をつなぎ、さらに『ルータ』をつなぐという形になります。

 

はなこ
なるほど、『ホームゲートウェイ』は『モデム』と『ルータ』がいっしょになった機械なのね。

だから、1台だけでOKなんだ。

ひとつにまとまっていた方が、場所をとらないからいいよね。
たろう

 

『ホームゲートウェイ』には、『モデム』と『ルータ』以外にも様々な機能を持っている場合が多いです。

例えば、『スイッチングハブ』の機能を持ち、複数のコンピュータを同時に接続することができます。

また、Wi-Fi機能によって、無線LANを使ったネットワーク接続が可能であったりします。

『ファイアウォール』機能を持ち、外部からの不正なアクセスや攻撃などに対応しているようなものもあります。

設定も、ブラウザから簡単にできるようになっている場合が多いので、どんな機能があるのか、一度調べてみるのもいいかもしれませんね。

 

はなこ
ひとことで『ホームゲートウェイ』と言っても、いろいろな機能がそろっていたりするのね。
便利な機能があるのなら、ぜひとも利用したいよね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ルータ』は、相手先サーバへのルートを判断するために使われる機器である。
  • 『ホームゲートウェイ』は、『LAN』側と『WAN』側をつなぐ『モデム』の役割をあわせ持った『ルータ』のことである。
  • 『ホームゲートウェイ』が1台あれば、『モデム』と『ルータ』の両方の機能をまかなうことができる。

一度、家にあるネットワーク用の機器を調べてみて下さい。

それは『ルータ』でしょうか、それとも『ホームゲートウェイ』でしょうか?

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.