違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

契約社員と正社員の違いをわかりやすく解説!収入や待遇をチェック

最近では、働き方もかなり多様化していますよね。

『社員』だけ考えてみても、以前は『正社員』がほとんどでした。

それが現在では、『契約社員』として働く人も、珍しくなくなっています。

 

でも、

『正社員』も『契約社員』、この2つの違いは、いったい何でしょうか?

また、『正社員のほうが有利』というイメージが強いのですが、実際のところは、どうなのでしょうか?

契約社員にも、メリットはあるのでしょうか?

 

この記事では、

契約社員と正社員の、特に収入や待遇面での違い

を解説します。

あなたに合った働き方を考える手掛かりにしてくださいね。

 

なお、一般的な場合を想定して、解説しています。

いろいろな制度や手当の有無など、細かいところは企業や雇用契約によって違うので、自身で確認してください。

スポンサーリンク

『契約社員』と『正社員』の違いって何?

契約社員と正社員の違いは?

『契約社員』と『正社員』の一番の違い

契約社員と正社員、何が一番違うかというと、

雇用期間が限られているかどうか

です。

 

一般的に正社員の場合は、一度雇用されたら定年退職まで勤めるのが前提です。

現状では、めったなことでは解雇されません。

安定して継続的に働くことができ、つまり収入も途絶える心配がありません。

 

一方、契約社員は、雇用される時点で雇用契約の期間が決められています。

仕事の状況や能力などによっては、契約期間が終わっても更新できることもあります。

でも、必ず更新されるとは限りません。

契約期間が終わったら、次の仕事を探さなければならなくなります。

 

この点が、正社員と契約社員の一番の違いと言えるでしょう。

契約社員と正社員の違いを比べてみると

他にも、正社員と契約社員では、いろいろな違いがあります。

表でざっと比べてみましょう。

 

契約社員 正社員
雇用期間 契約期間内 基本的には定年まで
給与 時給、日給、月給など、給与の形態は企業によって違う。

月給制であっても、基本給が正社員より低いことが多い。

基本的には月給で、月々の基本給が決まっている。
各種手当 正社員が受けられる手当が受けられないこともある。 企業により、通勤手当や住宅手当などが上乗せされる。
ボーナス(賞与) ボーナスがもらえることは少なく、もらえたとしても、正社員より少ないことがほとんど。 夏と冬にボーナス、場合により『決算賞与』をもらえる。

 

退職金 企業が退職金制度を設けていたとしても、退職金をもらえるケースはほとんどない。 企業が退職金制度を設けていれば、もらえる。
昇給 契約更新の時に交渉すれば、実績や交渉次第で上がる可能性もある。 その企業で働いている期間や実績に応じて、昇給することがある。
仕事での位置づけ 企業による。

正社員の補助的な仕事をすることもあるが、正社員と同等の仕事をすることも。

企業の中心となって仕事をする社員と位置付けられる。
雇用 雇用期間に限りがあり、期間が終わったら更新するか、次の仕事を探すか。

必ず更新できるとは限らないので、不安定。

安定している。よほどのことをやらかして解雇されるか、自分から辞めるか、会社が倒産したりしなければ、雇用は継続される。
昇進・昇給 できない。ステップアップしたい場合は、転職する必要がある。

昇給については、更新時の交渉次第。

長く働いたり仕事で成果を上げたりすれば、昇進や昇給の可能性もある。
福利厚生 正社員より使える範囲が小さいことがほとんど。 住宅手当など、福利厚生がある。
仕事の内容 自分の知識や専門のスキルを活かした仕事ができる。 配属された部署やそこの業務内容によっては、やりたい仕事ができないこともある。
転勤 勤務地が契約書に明記されていれば、転勤はない。 転勤の可能性があり、断りにくいケースがほとんど。
時短勤務 雇用契約の条件によるが、時短勤務が可能なことも多い。

ライフスタイルに合わせて就業することもできる。

企業の制度によるが、時短勤務が難しいこともある。
有給 取れる 取れる
副業 副業して良い企業も多い。

ただし、禁止されている事もあるので、確認が必要。

副業禁止のことが多い。

まれに副業OKの会社もあるが、確認が必要。

キャリア 長期的にキャリアを積み上げるという面では弱い。 キャリアを積むことができる。
社会的信用度など 住宅ローンなどの審査では、正社員より不利になりがち。 社会的な信用度は契約社員より高い。

ローン審査なども正社員の方が有利。

 

こうしてみてみると、契約社員と正社員では、いろいろな違いがあることがわかります。

では、それぞれの違いについて、詳しく見ていきましょう。

契約社員と正社員での収入の違いは?

仕事を考える時の、とても重要な要素の1つが、収入ですよね。

収入の面では、『契約社員は正社員より不利』とよく言われます。

では、契約社員と正社員では、収入がどんな風に違うのでしょうか。

 

給与の違い

まず、給与についてです。

 

正社員の給与は、基本的には『月給』制。

1カ月にいくらと決まっています。

 

契約社員の給与は、時給、日給、月給という形があり、どれになるかは企業や雇用契約によって違います。

月給の場合は、これも月にいくらもらえるか決まっていますが、

正社員より基本給が低いことがほとんどです。

 

日給、時給の場合は、メリットもデメリットもあります。

日給、時給のデメリットは、

休んだ日のある月や、祝日や休日の多い月は収入が減る

ということ。

一方でメリットは、

多く働くほど収入が増える

ということです。

 

どちらにしても、契約社員のほうが正社員より給与が低いことは多いです。

ただし、高度な専門技術を持っている人の場合、

『正社員の給与では見合わないので、契約社員として雇い、正社員より高い給与を払う』

というケースも中にはあります。

 

ボーナス(賞与)の違い

ボーナスについては、契約社員と正社員では明らかに違います。

 

社員は、基本的に夏と冬にボーナスがあります。

さらに、企業の業績が良ければ『決算賞与』がもらえることもあります。

 

一方で、契約社員がボーナスをもらえることは、ほぼありません。

 

まれに企業によっては、契約社員にもボーナスを出すところもあります。

でも、これも給与同様、正社員より少ないことがほとんどです。

 

各種手当の違い

契約社員だと、正社員であれば受けられる手当が受けられないこともあります。

さすがに、契約社員だからと言って通勤手当を出さない企業はないと思いますが、

  • 住宅手当を受けられない
  • 残業手当が正社員より少ない

などといった例もあります。

 

退職金の違い

そして退職金も、正社員はもらえますが、契約社員はもらえないことがほとんどです。

 

契約社員は雇用期間が短く、

最長が3年で、特別な場合でも5年くらい

となります。

この雇用期間の短さも、契約社員に退職金を出さない理由なのかもしれません。

 

昇給はどう違う?

正社員だと、雇用年数の長さや実績に応じて、昇給することもありますよね。

 

契約社員はどうかというと、

契約更新の時に交渉すれば、実績や交渉によっては上がる可能性もある

という感じです。

ただこれも、正社員の人が昇給するのと同じような上げ幅で、ということは、あまり期待できないと考えられます。

契約社員と正社員では待遇はどう違うか

次に、待遇面での違いを見てみましょう。

 

仕事の内容の違い

多くの企業では、正社員を

『会社の事業を、中心となって担う社員』

と位置付けて雇用しています。

 

一方、契約社員にどんな仕事をしてもらうかは、企業によります。

契約社員は、正社員の補助的な仕事をすることも多いです。

でも企業によっては、正社員と同等の仕事をすることになる場合もあります。

正社員と同じ仕事をしているのに、給料や待遇が違うのは、納得いかないですよね…。

 

研修について

先ほど書いたように、正社員は事業を担う中心的役割として働いてもらうわけです。

ですから、正社員には研修や社員教育などをし、会社は、そのための投資もします。

さらに、企業によっては資格取得のための手当てを出すところもあります。

 

契約社員はというと、正社員ほど研修がない、契約社員には教育投資をしない企業も多いです。

『職場の研修で技能を身に付けよう』という期待は、あまりできないかもしれません。

 

福利厚生はどう違う?

福利厚生も、契約社員は正社員よりも使える範囲が小さいことがほとんどです。

 

たとえば、

  • 正社員なら住宅手当があるが、契約社員にはない
  • 正社員は産休育休が取れるが、契約社員だと難しい

といったようにです。

 

特に産休や育休については、

契約社員だと、産休、育休を挟んで元の職場に戻ることは、難しいことも珍しくありません。

契約社員と正社員、そのほかの違い

ここまで、契約社員と正社員での、収入や待遇の違いを見てきました。

でも、ほかにも契約社員と正社員では違うところがあるのです。

 

勤務や働き方についての違い

働き方で違うのは

  • 契約社員は、勤務地が契約書に明記されていれば転勤はないのに対して、正社員は転勤の可能性もある
  • 契約社員は時短勤務が可能なことが多いが、正社員は難しいことも多い(企業の制度による)
  • 正社員は副業禁止のことが多いが、契約社員は副業して良い企業も多い

ということです。

 

全国に支社があるような企業だったりすると、

正社員は転勤を命じられることもありますよね。

転勤は断りにくいものです。

運が悪いと

「家を建てたばかりなのに、転勤を命ぜられてしまった」

なんてことも…。

でも、契約社員の場合は、正社員ほど転勤になることはありません。

 

また、時短勤務に関しても、契約社員のほうが、柔軟に対応してもらえることが多いです。

ですから、

「子育てや介護などをしながら働きたいから、あえて契約社員を選ぶ」

という人もいます。

 

そして副業ですが、

多くの企業では、正社員には副業を許可していません。

これは、

「良い待遇で雇う代わりに、この会社の仕事に専念してほしい」

という意図もあります。

一方、契約社員には副業を許可していることは、よくあります。

 

ただし副業に関しては、企業によって

  • 正社員でも副業OK
  • 契約社員でも、副業禁止

ということもあるので、

副業をしながら働きたい場合は、必ず勤務先に確認してくださいね。

 

キャリアや昇進についての違い

『長期的にキャリアを積み上げる』

という面でも、契約社員は正社員に比べて弱いです。

 

契約社員は、専門知識や技術を生かして仕事をすることはできます。

でも先にも書いたように、企業は契約社員には、あまり教育投資をすることが少ないです。

そのため、長く仕事をしても、新たな専門知識や技術を身に付けられる可能性は、高くはありません。

 

また、正社員は仕事の成果によって、昇進することができます。

一方、契約社員には昇進がなく、ステップアップするには転職する必要があります。

これも、契約社員は雇用期間が限られているため、企業側としても昇進の対象にはしていない、ということなのでしょう。

 

 社会的信頼感はどう違うか

『その人が信頼できるかどうか』

って、本来は正社員でも契約社員でも、その人によりますよね。

しかしこれも、

正社員のほうが社会的に信用されやすい

と言えるでしょう。

 

たとえば、家のローンを組むときにも、正社員が有利です。

契約社員は、雇用期間が限られていて、転職もありえます。

『収入の安定』という面では、どうしても不安視されがちなのです。

 

また、転職の時も、正社員で働いた実績があるほうが有利なのが実情。

これは、正社員のほうが採用されるハードルが高いため、

『そのハードルを越えられた人』

と見られるからでしょう。

 

ライフワークバランスの違い

契約社員は、正社員よりは自分の生活を重視して勤務の仕方を選べる可能性が高いです。

 

たとえば、時短勤務をしたり、勤務日数を調整したりして

  • 子育てや介護との両立
  • 自分の体力に合わせて無理なく働く
  • 本業だけでは生活できないので、契約社員として働きながら本業をする
  • 自分がやりたいことのために時間を確保する

というようなことも、できます。

 

契約社員は収入や待遇の面では、正社員よりも不利になってしまうことが多いです。

でも、

考え方や暮らし方によっては、契約社員の方が自由度が高く、メリットが大きい

という人もいます。

 

契約社員と正社員で共通していること

契約社員と正社員で同じことは?

さて、ここまで契約社員と正社員の違いを見てきました。

ただ、違いがある一方で『契約社員と正社員で変わらないこと』もあります。

それは

  • 『労働者』であるということ
  • 社会保険の面
  • 有給休暇が取れること
  • 解雇予告のルール

です。

契約社員も正社員も、法的には同じ『労働者』

『契約社員』『正社員』という呼び方に慣れていると、違う種類の働き方のように思えますよね。

でも、

法的には、区別はありません。

どちらも『労働者』でしかありません。

『正社員』というものについても、法的な定義はないのです。

どういう働き方を『正社員』『契約社員』と言うかは、それぞれの企業が決められます。

 

つまり、

定年まで雇用するのが前提

⇒『正社員』

期間限定での雇用契約で雇用する

⇒『契約社員』

という区別は慣例のようなものなのです。

言い方や区別に、企業も働く側も慣れてしまっているだけなんですね。

 

ちなみに、定義がなく、企業で正社員や契約社員は何かを決められるということは、

「正社員だと思って雇用契約を結んだら、契約社員だった」

「正社員で、明らかに仕事内容も契約社員よりハードなのに、契約社員と同等の待遇だった」

というようなこともあり得るとも言えます。

 

正社員でも契約社員でも、就業する時は必ず雇用契約や就業規則を確認して、自分がどんな形や待遇で雇われるのか、しっかりチェックしてくださいね。

社会保険や有給休暇は同じ

社会保険や有給休暇についても、契約社員も正社員も、同じです。

 

社会保険は

  • 国民年金
  • 健康保険
  • 雇用保険

といったものがありますが、これは任意ではなく強制加入です。

ですから、正社員、契約社員の区別なく入ることができます。

 

ただし、

契約社員として雇用保険に入っていても、被保険者である期間が1年未満の場合は、失業手当(失業給付金)は受け取れません。

気を付けてくださいね。

 

有給休暇も労働基準法で定められたもので、契約社員にも正社員にも適用されます。

決められた労働日のうち、一定数以上勤務していれば、契約社員でも正社員でも、同じように取得できるはずです。

ですから、万が一

「あなたは契約社員だから、有給は取れませんよ。」

などと言われた場合は、法律違反です。

労働基準監督署などに相談した方が良いでしょう。

解雇予告について

解雇予告は、

『30日以上前までにしなければならない』

と労働基準法で定められています。

 

労働基準法では、正社員も契約社員も同じ『労働者』として扱われます。

正社員であっても契約社員であっても同じです。

ですから、『契約社員はいつでも解雇できる』というのは、間違いです。

 

ただ、契約社員の場合は、契約期間が終わった後、再契約や契約の更新が必ずできるとは限りません。

この場合は、契約の更新や再契約をしなくても、違法にはなりません。

 

契約社員と正社員、選ぶならどっち?

もしかしたら契約社員の方が、自分には合うかな…。

正社員もメリットばかりではない

こうしてみてみると、やはりどうしても正社員が有利に見えてしまいますね。

でも、良いことばかりではありません。

 

正社員には

  • 転勤を命じられることもある
  • 配属された部署で、自分に合わない仕事をすることになってしまうこともある
  • この会社に入りたくて入ったのに、別の会社に出向を命ぜられるケースもある
  • 昇進したものの、責任が重くなった
  • もう少し仕事のペースを落としたくても、思うように落とせないことがある

などのデメリットもあります。

 

また、正社員であっても、必ずしも定年まで勤められるとは限らないものです。

会社の業績が落ちてリストラに遭ったり、会社が倒産してしまったりすることもありますから。

 

ですから、正社員であれば良いことばかりとも言えないのが、実際のところです。

契約社員はデメリットばかりなのか?

一方、契約社員はどうしても『不利』に見えがちですよね。

収入や待遇、福利厚生などの面を見ても、どうしても正社員より手薄くなりがちです。

 

でも、『誰にとっても正社員の方が良い』とは限りません。

たとえば

  • 転勤をしたくない
  • 1つの企業だけでなく、いろいろな職場で働いて経験を積みたい
  • 一箇所で長く働くより、時々職場が変わった方が働きやすい
  • 業務内容を絞って、特定のスキルを集中的に高めたい
  • 育児や介護などと両立できる時間で働きたい
  • 自分の体力や精神力の範囲内で、無理なく働きたい
  • 他の本業や個人的な活動、趣味などにしっかり時間を取りたい
  • 昇進するよりも、決まった範囲の仕事をしっかりやる方が、自分に合っている

という場合には、契約社員のメリットを生かせる可能性があります。

 

人生って、働くだけではありませんよね。

自分らしく、無理なく生活できて、働いて、好きなこともできるのがベストです。

ですから、仕事を選ぶときには、収入や待遇の面だけでなく、

  • 働き方が自分の生活や考え方に合っているかどうか
  • 目指したいことを目指したり、やりたいことをしたりするのに合っているかどうか

ということも大切です。

正社員への登用や、契約社員で安定して働く方法について

ここまで読んできて、

「契約社員から、正社員になる方法はないだろうか?」

「契約社員で働くとしても、もう少し安定して働く方法はないの?」

と思った人もいるでしょう。

 

これについては、

  • 正社員への登用制度
  • 無期転換ルール

というものがあります。

 

この2つについて、簡単にお話ししましょう。

 

契約社員から正社員への登用について

企業によっては、

正社員への登用制度

があることもあります。

ただし、

『制度があっても、正社員になれることは少ない』

というのが実情です。

 

正社員として雇うということは、企業側から見れば、

給与や待遇の面でコストがかかる

ということになるわけですよね。

企業としては、正社員で雇うよりも、契約社員で更新を続けた方が、コストを抑えられるケースが多いのです。

だから、正社員への登用が少ないのでしょう。

 

こんなことを書くと、がっかりしてしまうかもしれませんね。

でも、可能性がまったくないわけではないので、

検討する価値は十分にあります。

 

契約社員から社員への登用を目指すなら

  • その企業では、具体的にどういう登用制度があるのか
  • これまでに、契約社員から正社員に登用された例や実績はあるのか

など、詳しいことをできるだけ具体的に、確認しておくことが大切です。

 

『無期転換ルール』について

もう1つ、2013年4月から導入された、

無期転換ルール』

というものがあります。

 

『無期転換ルール』というのは、期限を決めて労働契約を結んだ場合でも

  • 5年を超えて更新される
  • 契約者(働く人)からの申し込みがある

という場合に、

もともとは雇用期限のある契約社員でも、無期労働契約に変えられる

というルールです。

このルールは、

有期労働契約の雇用の不安定さを改善するため

に導入されたものです。

 

ただしこの『無期転換ルール』は、

雇用期限は無期限になりますが、必ずしも正社員と同等の待遇になれる、というわけではありません。

どのような雇用形態にするかや、労働契約の内容は、企業が決めることができるのです。

そのため、

無期契約になっても、給与や賞与、福利厚生などが、契約社員の時と変わらない可能性もあります。

 

ですから、無期転換ルールを使って無期雇用にしたい場合は、

労働条件や待遇などを、しっかり確認してください。

 

この『無期転換ルール』は、有期労働者にとっては、仕事の不安定さを軽減する良さはあります。

でも同時に、企業側から考えると

『職場にも仕事にも慣れていて、経験も積んでいる労働者を、正社員より安いコストで雇う』

ということができてしまう面もあります。

そのことを頭において、この制度を利用することをお勧めします。

 

『有能な労働者はしっかりとした給与と待遇で雇う』

ということが、常識の世の中になってほしいものですね。

スポンサーリンク

まとめ

契約社員も正社員も、

『社員』であり『労働者』であることは、同じ

です。

 

でも、

  • 契約社員は雇用期間が限られている
  • 契約社員は、正社員より給与が安く、ボーナスももらえないことが多い
  • 契約社員は昇進できないことが、ほとんど
  • 正社員は転勤を命じられることがあるが、契約社員はほとんどない
  • 契約社員の方が、勤務形態や勤務時間などを、自由に選びやすい

などの違いがあります。

 

『時短勤務もしやすく、自分のライフスタイルに合わせやすい』

という面では、契約社員という働き方もメリットになり得ます。

 

契約社員も正社員も、メリットもデメリットもあるものの、それをよくわかったうえで、

『生活の中で何を重視するか』

『仕事と、生活や自分がやりたいことのバランスをどう取るか』

なども考えながら、仕事を選択することがおすすめです。

 

もちろん、どういう形で働くとしても、

雇用契約の内容や雇用条件、就業規則などは、しっかり確認してくださいね!

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.