違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

LANケーブル

ITの違い

ルーターとブリッジの違いをわかりやすく解説!使い分け方をチェック

あなたは『ブリッジ』という言葉を知っていますか?

 

はなこ
『ブリッジ』って英語で橋のことでしょ?
いや、どうやらネットワーク用語みたいだよ。
たろう
はなこ
聞いたことないわね。
ネットワーク用語はややこしくてよくわからないよね。
たろう

 

今回は、『ルーター』と『ブリッジ』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『ルーター』と『ブリッジ』の意味

まずは、先に『ルーター』の方から意味を調べてみましょう。

『ルーター』とは?

コンピュータをつなぐネットワークにおいて、データを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する通信機器

のことです。

インターネットの世界では、様々なネットワークが存在しています。

例えば、会社や学校、一般家庭などでもネットワークが構築されています。

ネットワークにつながれたパソコンやサーバには、目印となる番号が必ず割り当てられています。

それを『IPアドレス』といいます。

例えば、パソコンから世界のどこかにあるWebサーバにアクセスしたい時は、この『IPアドレス』を頼りにしています。

しかし、その間にはいくつものネットワークが張りめぐらされているので、一つずつたどりながら目的のサーバへとつなぐ必要があります。

目的のサーバへのルートを判断するために使われるのが『ルーター』です。

つまり、『ルーター』がなければ、ブラウザでいろいろなページやコンテンツを見たり、ゲームでネットワーク対戦することはできないわけです。

 

では、『ブリッジ』はどんな意味を持つのでしょうか?

『ブリッジ』とは?

『OSI参照モデル』の『データリンク層』の情報を基に送信先を決定するコンピュータネットワーク機器

のことです。

ここで難しい言葉『OSI参照モデル』と『データリンク層』という言葉が登場しました。

ネットワークには、その機能によっていくつかの階層に分けられています。

これを『OSI参照モデル』といいます。

OSI参照モデル

アプリケーション層 HTTP, SMB
プレゼンテーション層 SMTP, FTP, Telnet
セッション層 TLS, NetBIOS
トランスポート層 TCP, UDP
ネットワーク層 IP, ICMP, ARP
データリンク層 イーサネット, 802.11a/b/g/n
物理層 RS-232, 10BASE-T, 100BASE-TX, 電話線, 光ケーブル

『データリンク層』は、下から2番めにある層のことです。

その層にある情報を使って、データを相手に送るための機器が『ブリッジ』になります。

 

はなこ
これだけでは、違いがよくわからないわね。
『ルーター』も『ブリッジ』も、ネットワーク上で相手先を見つけてデータを送信する機器ということだよね。

全く同じものじゃないのかな?

たろう

 

『ルーター』と『ブリッジ』の違い

レインボーブリッジ

『ルーター』と『ブリッジ』とでは何が異なるのでしょうか。

実は、『OSI参照モデル』にある層で考えれば違いがわかります。

 

『ブリッジ』は、『データリンク層』の情報を見て、送信先を決めています。

それに対して、『ルーター』は『ネットワーク層』の情報を見て送信先を決めています。

『ブリッジ』と『ルーター』では見ている層が異なるのです。

『ルーター』は『IPアドレス』を見てルートを判断します。

この『IPアドレス』は、『ネットワーク層』で使われる番号です。

それに対して『ブリッジ』は『MACアドレス』という、ネットワーク機器が固有で持っている番号を見てルートを判断します。

『MACアドレス』は『データリンク層』で使われる番号なのです。

 

『ルーター』同士が、つなぐものは異なる『ネットワーク』です。

『ネットワーク』が異なるというのは、簡単に言えば『IPアドレス』の種類が異なるという意味です。

しかし、

『ブリッジ』がつないだものは、同じ『ネットワーク』になります。

つまり、『IPアドレス』の種類が同一であるということですね。

同じ『ネットワーク』の中で、橋渡しをする役目を持っているので『ブリッジ』と呼ばれるわけです。

 

はなこ
なるほど、簡単に言えばネットワークをつないで仲間にするということね。
でも、それって『スイッチングハブ』と呼ばれる機器と同じなんじゃないの?
たろう

 

『スイッチングハブ』とは

ネットワークにおいて中心に位置する集線装置

のことです。

実は、『スイッチングハブ』も『ブリッジ』と同じことができます。

『ブリッジ』という言葉があるのは、

『ルーター』にも『ブリッジ』の機能を持っていることが多い

からです。

『ルーター』をブリッジモードに切り替えると、『ルーター』ではなく『ブリッジ』として働くようになります。

つまり、同じネットワークの仲間だとみなすようになるということですね。

 

はなこ
『ルーター』が『ブリッジ』の機能を持っているとは知らなかったわ。
でも、確かに似たような機能なんだから、可能なんだろうね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ルーター』は、異なるネットワークどうしを中継するための機器である。
  • 『ブリッジ』は、同じネットワークをつなげるための機器である。
  • 『ルーター』と『ブリッジ』では、その扱っている情報がある層に違いがある。
  • 『ルーター』には『ブリッジ』の機能を持っているものが多い。

『ルーター』を使うとき、ブリッジモードという言葉がよく登場します。

どちらのモードにすればいいのか、間違えないように注意しましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.