違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

LANケーブル

ITの違い

MACアドレスとIPアドレスの違いをわかりやすく解説!意味や役割をチェック

ネットワーク設定をするときに『IPアドレス』を入力しなければならないときがあります。

 

はなこ
会社で新しいパソコンを立ち上げたんだけど、ネットワーク設定で『IPアドレス』を入力したの。
コンピュータを識別するのに必要な番号だね。
たろう
はなこ
でも、ネットワークで使う番号には『MACアドレス』というのもあると聞いたことがあるのに、それは設定しなかったわ。
『MACアドレス』もコンピュータを識別する番号だと聞いたことがあるけど、いったいなにが違うんだろうね?
たろう

 

今回は、『MACアドレス』と『IPアドレス』の意味や役割について調べ、その違いを解説します。

スポンサーリンク

『MACアドレス』と『IPアドレス』の意味や役割

まずは、『MACアドレス』の意味について調べてみましょう。

『MACアドレス』とは?

ネットワーク上で、LANカードなどのネットワーク機器のハードウェアに一意に割り当てられる物理アドレス

のことです。

ネットワークにつなげるためには、コンピュータに専用のネットワーク機器を用意する必要があります。

このネットワーク機器は、コンピュータ内に内蔵されているのもあれば、取り付けて用いるタイプのものもあります。

ネットワーク機器には、それぞれ固有の番号が割り当てられ、識別できるようになっています。

その番号のことを『MACアドレス』といいます。

 

次は『IPアドレス』です。

『IPアドレス』とは?

『インターネット・プロトコル(IP)』においてデータを送受信する機器を判別するための番号

のことです。

『インターネット・プロトコル(IP)』という難しい言葉が登場しましたが、ネットワーク上を流れる信号を定義した規格のことです。

その信号を識別するための番号が『IPアドレス』ということになります。

 

はなこ
どちらも、ネットワーク上を流れる信号を識別する番号ということになるのかな?
つまり、ネットワーク上を流れる信号がどこから来たもので、どこへ送ればいいのかを識別するための住所のような役割を持っているということだね。
たろう
はなこ
でも、どうして二つも必要になるのかな?

別に、一つあれば十分じゃないの?

 

『MACアドレス』と『IPアドレス』の違い

LANケーブル

LANケーブル

『MACアドレス』も『IPアドレス』も、ネットワーク上の信号を識別するための番号であることが分かりました。

それでは、何が違うのでしょうか?

それを理解するためには、ネットワークの階層について知る必要があります。

ネットワークには、その機能によっていくつかの階層に分けられています。

これを『OSI参照モデル』といいます。

OSI参照モデル

アプリケーション層 HTTP, SMB
プレゼンテーション層 SMTP, FTP, Telnet
セッション層 TLS, NetBIOS
トランスポート層 TCP, UDP
ネットワーク層 IP, ICMP, ARP
データリンク層 イーサネット, 802.11a/b/g/n
物理層 RS-232, 10BASE-T, 100BASE-TX, 電話線, 光ケーブル

『OSI参照モデル』を見ると、『ネットワーク層』という階層の中に『インターネット・プロトコル(IP)』が含まれていることが分かります。

つまり、『IPアドレス』は『ネットワーク層』で用いられる識別番号であるということになります。

それに対して、『MACアドレス』は下から2番めの『データリンク層』で用いられる識別番号です。

このように、

『IPアドレス』と『MACアドレス』は対象となる階層が異なるわけです。

 

『MACアドレス』と『IPアドレス』では、その他にも異なる特徴があります。

まず、『MACアドレス』はネットワーク機器ひとつずつに割り当てられた固有の番号です。

ネットワーク機器に最初から決められた番号が割り振られていて、使用者が勝手に変更することはできません。

そのため、『MACアドレス』は『物理アドレス』とも呼ばれます。

それに対して『IPアドレス』は、使用者が、利用するネットワーク環境に合わせて設定を行います。

もちろん、決められた固有の番号を割り振る必要がありますが、接続する環境が変わった場合は使用者が変更する事ができます。

そのため、『IPアドレス』のことを『論理アドレス』とも言うことがあります。

 

もう一つの違いは、利用される対象の範囲です。

インターネットの世界では、ネットワーク同士が『ルーター』を使って接続して成り立っています。

例えば、会社内のネットワークや学校のネットワーク、家庭内で利用しているネットワークなど、様々なネットワークがお互いに接続しあっているのです。

『IPアドレス』は、信号を最終的に送信したいコンピュータを指定するための番号です。

それは、自分が属するネットワーク以外の場所でもあり得るわけです。

それに対して『MACアドレス』が使われるのは同じネットワーク内のみになります。

たとえるなら、

はがきを送るとき、宛先の住所が『IPアドレス』

はがきが経由される郵便局が『MACアドレス』

と考えると分かりやすいでしょう。

 

はなこ
なるほど、階層が違うということは、もし『インターネット・プロトコル(IP)』以外のプロトコルを使う場合は『IPアドレス』は不要になるということね。
でも、今ではIPが主流だから、必ず『IPアドレス』が必要になるけどね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『MACアドレス』とは、ネットワーク上でLANカードなどのネットワーク機器のハードウェアに、一意に割り当てられる物理アドレスのことである。
  • 『IPアドレス』とは、『インターネット・プロトコル(IP)』においてデータを送受信する機器を判別するための番号のことである。
  • 『MACアドレス』と『IPアドレス』では、『OSI参照モデル』での階層に違いがある。
  • 『MACアドレス』は個々のネットワーク機器に最初から割り振られており、変更することはできない。
  • 『IPアドレス』は、利用するネットワーク環境に合わせて利用者が変更することができる。

『MACアドレス』も『IPアドレス』も、ネットワークを利用する上で大事な番号です。

その違いについて、よく理解しておくようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.