違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

コーヒーの挽き方や入れ方の違いをわかりやすく解説!美味しい飲み方は?

更新日:

コーヒーには、挽き方の種類や、入れ方の違いがあります。

そして美味しく飲むために、挽き方と入れ方の組み合わせがあります。

コーヒーを美味しく飲むための組み合わせ方を知っていますか?

 

この記事では、せっかくのコーヒーを、より美味しく味わうために、

  • コーヒー豆の挽き方
  • コーヒーの入れ方
  • 挽き方と入れ方の美味しい組み合わせ

についてお話していきます。

スポンサーリンク

コーヒー豆の挽き方

自宅で豆を挽く時に、気を付けることがあります。

それはまず、

必要な分だけの豆を挽くことです。

 

コーヒー豆は、挽いて細かくなると湿気を吸いやすくなります。

空気に触れやすくなり、酸化もはやまります。

毎回、使い切る分だけのコーヒー豆を挽きましょう。

 

また、コーヒー豆を挽く時は、

粉の粒が均一に

なるように挽くことです。

挽き方にムラがあると、コーヒーの味もバラつき、まとまりません。

 

手動のミルで挽く

手動ミルは、コーヒー豆を挽くには、少々時間がかかります。

挽いた粒の大きさに、多少のバラつきが出ますし、ミルのお手入れも必要です。

『そんな手間暇さえ楽しみたい!』という人にはピッタリですね。

 

手動ミルで挽く時は、力を入れてハンドルを回さないようにします。

なぜなら、ミルの内側にある刃が熱くなり、コーヒーの風味を損なってしまうからです。

ハンドルはゆっくりと回し、均一な粒の粉ができるように挽きます。

電動のミルで挽く

電動ミルを使えば、あっという間にコーヒー豆が挽けます。

多めの豆を、一度に挽くこともできますし、挽いた粒は均一で、使った後の手入れも簡単!

実にお手軽なコーヒー道具です。

  • 毎日大量にコーヒーを飲む人
  • ちょっと面倒くさがりな人

に特に向いています。

コーヒーは豆の挽き方によって味は変わる

手動ミル、電動ミルのいずれも、挽き方を調整できます。

挽き方は、粒の細かさによって、5段階に分けられています。

コーヒー豆の挽き方(5段階)

  • 粗挽き
  • 中挽き
  • 中細挽き
  • 細挽き
  • 極細挽き

挽き方による味の変化として、

挽き方が粗いと酸味が出やすく、細かいと苦味が出やすい

と言われています。

 

コーヒーの入れ方

コーヒーの入れ方は、国や地方によって様々です。

代表的なコーヒーの入れ方としては

  • ペーパードリップ
  • フレンチプレス
  • サイフォン
  • ネルドリップ
  • コーヒーメーカー

が挙げられます。

ペーパードリップで入れる

ペーパードリップは、

最もお手軽でポピュラー

な入れ方です。

紙のフィルターが、コーヒー豆の油を適度に吸うので、スッキリした味になります。

道具も、フィルターとドリッパーさえあればよく、後片付けも簡単。

ただし、

一度にたくさんのコーヒーを入れることはできません。

フレンチプレスで入れる

  • 『取っ手のついた細長い筒』のような本体
  • 棒を通したフィルター付きの蓋

でコーヒーを入れます。

紅茶を入れたり、手軽にエスプレッソを入れる時にも使える、便利な道具です。

お湯をコーヒーが触れている時間が長いので、豆の味を安定して抽出できます。

ただただ、お湯を注いで待つだけ。

フレンチプレスは、コーヒー初心者には、うってつけです。

サイフォンで入れる

サイフォンは、科学の実験装置みたいな道具です。

アルコールランプで下から水を温めると、フラスコ内の気圧が変化します。

お湯が上に押し上げられ、コーヒーの粉と混ざり、抽出されたコーヒーが下りて来ます。

 

このサイフォンは、見ていて、とても楽しい入れ方です。

また、手順さえ覚えれば、

安定して同じ味を作り出せる入れ方

でもあります。

ただ、道具の扱いには、注意してくださいね。

ネルドリップで入れる

『フランネル』

という布をフィルターに使うのが、ネルドリップです。

紙よりも繊維がゆるく、コーヒー豆の油を通すことから、

コーヒーの口当たりが滑らか

に仕上がります。

または、

コーヒーの風味を存分に味わえる入れ方

とも言われます。

ただし、ネルフィルターは、お手入れが大変!

コーヒー初心者には、ちょっとハードルが高いかもしれませんね。

コーヒーメーカーで入れる

『ボタン一つ』で、好みの量を入れられるコーヒーメーカー。

忙しい時には、とても便利なアイテムです。

時間予約機能や浄水機能、ミル機能までが付いたコーヒーメーカーもあります。

 

『機械が自動で入れてくれる』とはいえ、コーヒーの量や水の量を自分で調整することはできます。

注意点としては、保温プレートで、飲み残しを煮詰まらせないでくださいね。

 

コーヒーの挽き方と入れ方の美味しい組み合わせ

コーヒーには、『こうしたら必ず美味しい』という決まりはありません。

それでも、

入れ方に合わせた挽き方

を選ぶことは大切です。

今回紹介した5種類の挽き方と、それに合った入れ方を、一覧表にしてみました。

参考にしてみてください。

挽き方 粒の大きさ 味の特徴 入れ方
粗挽き ザラメ程度 酸味 フレンチプレス
中挽き ザラメとグラニュー糖の中間 やや酸味 ネルドリップ、サイフォン
中細挽き グラニュー糖 一般的なバランス ペーパードリップ、コーヒーメーカー
細挽き グラニュー糖と上白糖の中間 やや苦味とコク ペーパードリップ、水出し
極細挽き 上白糖(パウダー状) 苦味 エスプレッソ、トルココーヒー

手持ちの道具に合わせて、挽き方を変えたり。

飲みたい味に合わせて、挽き方と入れ方を調整したり。

いろいろと楽しめるので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

コーヒー豆の挽き方と、入れ方の違いをお伝えしてきました。

コーヒー豆の挽き方

  • 粗挽き:酸味
  • 中挽き:やや酸味
  • 中細引き:バランス
  • 細挽き:やや苦味とコク
  • 極細挽き:苦味

コーヒーの入れ方5つ

  • ペーパードリップ:初心者向き
  • フレンチプレス:初心者向き
  • サイフォン:意外と初心者向き
  • ネルドリップ:コーヒー通向き
  • コーヒーメーカー:忙しい人向き

そして、コーヒーを美味しく飲むためのコツは、

豆の挽き方に合った入れ方を選ぶこと

でしたね。

 

不器用さんは、コーヒーメーカーから。

初心者は、中細挽きのペーパードリップあたりから。

組み合わせの一覧表を参考に、組み合わせの妙を楽しんでください。



自宅でコスパ最強のコーヒー

を飲むなら、ネスカフェをオススメします。

コーヒーマシンが無料【ネスレ日本公式】

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.