違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

叔父と伯父・叔母と伯母の違いをわかりやすく解説!覚え方をチェック

投稿日:

お正月やお盆、結婚式や法事などで親戚が集まると、自分の親の兄弟姉妹とも会ったりしますよね。

親の兄や弟は『おじ』、姉や妹は『おば』と言います。

 

でもこの『おじ』『おば』という言葉には、

  • 『伯父』と『叔父』
  • 『伯母』と『叔母』

と、それぞれ2通りずつの書き方があります。

同じ『親の兄弟や姉妹』なのに、どうして字が違うのでしょうか?

また、どのように使い分けるのが正しいのでしょうか。

 

この記事では、

『伯父』と『叔父』、『伯母』と『叔母』の違いや使い分け方、覚え方

をお話しします。

こういう細かい使い分け方をしっかり知っていると、ちょっとカッコいいものですよ!

スポンサーリンク

『伯父』と『叔父』、『伯母』と『叔母』の違いは?

『伯父』と『叔父』、『伯母』と『叔母』、どう使い分ければいいの?

『伯父』と『叔父』の違い

まず、『伯父』と『叔父』の違いです。

これは、

呼ぶ対象の人が自分の親より年上か年下か

によって、どちらを使うかが変わります。

 

  • 自分の親の兄が『伯父』
  • 自分の親の弟が『叔父』

となります。

 

母親の兄でも、父親の兄でも、親より年上なら『伯父』となり、年下なら『叔父』となります。

『父方』『母方』での使い分けは、ありません。

『伯母』と『叔母』の違いと使い分け方

『伯母』と『叔母』の違いも、同じです。

  • 自分の親の姉が『伯母』
  • 自分の親の妹が『叔母』

 

これも、父方、母方での使い分けはありません。

『伯』と『叔』の違いの覚え方と、使い分けの由来

『伯』と『叔』の違いは、親より年上か年下か

ということは、これで分かりました。

でも、

「どっちがどっちだったかわからなくなってしまう…」

なんてこともありますよね。

 

ここで、覚え方と、なぜこの2つの字が使われるようになったのかをお話ししましょう。

 

『伯』と『叔』の使い分けの覚え方

「伯爵は位が高い⇒伯爵の『伯』が付く方が上」

と覚えましょう。

 

もう1つは、

『伯仲叔季(はくちゅうしゅくき)』

という四字熟語で覚えて、

「頭に付く『伯』が年上」

と覚えても良いです。

 

ただ、ちょっとなじみのない四字熟語ですよね。

実は、この言葉は『伯』と『叔』を使い分けるようになった由来とも関係しています。

 

『伯』と『叔』を使い分けるようになった由来は?

『伯仲叔季』という言葉は、昔の中国で使われていた、兄弟姉妹を上から順に呼ぶ言葉です。

何番目に生まれたかによって

  • 長男・長女…伯
  • 次男・次女…仲
  • 三男・三女…叔
  • 末っ子…季

と、字(あざな)が区別されていて、

この字(あざな)を名乗ると、兄弟の何番目かがわかる

という仕組みになっていました。

 

この言葉から『伯』と『叔』を使うようになった、というのが通説です。

もっとも、なぜ『仲』ではなく『叔』が選ばれたのかは不明です。

 

義理のおじ・おばはどう呼んだらいい?

おじやおばの配偶者はどう呼ぶの?

自分の親の兄弟姉妹をどう呼ぶかは、わかってもらえたでしょう。

では、

伯父や叔父、伯母や叔母の配偶者

は、どうなるのでしょうか?

『義伯父(ぎおじ)』と『義叔父(ぎおじ)』の使い分け

義理の父や母を『義父』『義母』と呼ぶのと同じように、

義理の伯父・叔父は『義伯父』『義叔父』と言います。

 

『義伯父』と『義叔父』の使い分け方は

  • 親の兄や姉の、男性の配偶者…『義伯父』
  • 親の弟や妹の、男性の配偶者…『義叔父』

となります。

 

なお、調べたところ、

親の兄の配偶者は義伯母、親の姉の配偶者は義伯父

親の弟の配偶者は義叔母、親の妹の配偶者は義叔父

というように書いている情報しかありませんでした。

でも、同性パートナーシップ制度を導入する自治体も少しずつ増えていますし、同性の配偶者の場合もありますよね。

そのことから、筆者の判断でこのように書いています。

『義伯母』と『義叔母』の使い分け

『義伯母』と『義叔母』の使い分けも、同じです。

  • 親の兄や姉の、女性の配偶者…『義伯母』
  • 親の弟や妹の、女性の配偶者…『義叔母』

となります。

 

このように、『義伯父』と『義叔父』、『義伯母』と『義叔母』についても、『おじ』『おば』と同様、

『親の兄・姉の配偶者か、弟・妹の配偶者か』

というところで『伯』と『叔』を使い分けています。

こんな場合はどう使い分ける?

ところで

親の兄や姉の配偶者が、親より年下

親の弟や妹の配偶者が、親より年上

ということもありますよね。

その場合は、どうなるかというと

『親の兄や姉の配偶者が親より年下』という場合であっても、男性の配偶者なら『伯父』、女性の配偶者なら『伯母』になります。

 

同様に、

親の弟や妹の配偶者なら、男性の配偶者は『叔父』、女性の配偶者は『叔母』となります。

 

つまり、親と親の兄弟姉妹の配偶者本人の関係ではなく、

あくまでも親と兄弟姉妹との関係で、『伯』と『叔』を使い分ける

ということです。

『伯父』と『叔父』、『伯母』と『叔母』まとめ

ここまでお話したことを図にまとめると、このようになります。

伯父伯母・叔父叔母の呼び分け方

 

ポイントは、繰り返しになってしまいますが、

  • 親より年上か年下かで『伯』と『叔』を使い分ける
  • 読み方は、『伯』が付いても『叔』が付いても同じで、男性なら『おじ』、女性なら『おば』

ということです。

 

『おじ』『おば』に関係する、そのほかの言葉について

関係する言葉もチェックしてみよう

せっかくなので、『伯父』と『叔父』、『伯母』と『叔母』に関係する、ほかの言葉もチェックしてみましょう。

祖父母の兄弟での『伯』と『叔』の使い分け

祖父母の兄弟姉妹を『大おじ』『大おば』

と呼んだりしますよね。

この時も、『大伯父』と『大叔父』、『大伯母』と『大叔母』を使い分けます。

 

使い分け方は、『伯父』と『叔父』、『伯母』と『叔母』と同じで

  • 祖父の兄…『大伯父』
  • 祖父の弟…『大叔父』
  • 祖父の姉…『大伯母』
  • 祖父の妹…『大叔母』

と使い分けます。

『親の従姉妹・従兄弟』の呼び方

親のいとこ(従姉妹・従兄弟)、つまり祖父母の兄弟の子どもの呼び方にも、『伯』と『叔』を使います。

 

この場合は

  • 大おじ、大おばの息子で、父母より年上の男性…『従伯父(じゅうはくふ)』
  • 大おじ、大おばの息子で、父母より年下男性…『従叔父(じゅうしゅくふ)』
  • 大おじ、大おばの娘で、父母より年上の女性…『従伯母(じゅうはくぼ)』
  • 大おじ、大おばの娘で、父母より年下の女性…『従叔母(じゅうしゅくぼ)』

というように使い分けます。

ここでも、

『自分の父母より年上か年下か』で、『伯』と『叔』どちらを使うかが決まります。

 

もっとも、このような言葉は、なかなか使う場面がないかもしれません。

でも、ちょっと知っておくと、この言葉が出てきた時に人の関係がわかりやすくなりますよ。

『小父さん』『小母さん』という言葉もある

『おじさん』『おばさん』という言葉は、

『小父さん』『小母さん』と書く場合もあります。

 

これは、

近所の人や通りすがりの人など、血縁関係のない相手で、自分より年上の人を呼ぶ場合

に使う言葉で、

  • 相手が男性だったら『小父さん』
  • 相手が女性だったら『小母さん』

という使い方をします。

 

最近では、『小父さん』も『小母さん』も、漢字で書くことはあまりないですね。

また、『おじさん』『おばさん』という呼び方に、あまりいい印象を持たない人も多いようです。

でも、こうして漢字で書いてみると、そんなに悪い雰囲気ではないな…と思うのは、筆者だけでしょうか。

英語の場合はどうなる?

英語の場合は、親より年上か年下かは関係なく、

  • 伯父・叔父…uncle
  • 伯母・叔母…aunt

となります。

 

英語では、『兄弟』『姉妹』も、年上か年下かの区別なく、『brother』『sister』と言いますよね。

年上か年下か、ということをあまり表現する必要がないのでしょう。

 

一方、先ほども出てきましたが、中国や日本では、年齢が上か下かで言葉が変わります。

この違いはおそらく、文化として『年齢が上かどうか』をどのくらい重視するかによるのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

『伯父』と『叔父』、『伯母』と『叔母』の使い分け方は

『親より年上か、年下か』

で決まります。

具体的には、

『伯父』…親の兄

『叔父』…親の弟

『伯母』…親の姉

『叔母』…親の妹

というように使い分けます。

 

義理の叔父や伯母などについても、

  • 伯父・伯母の配偶者…義伯父・義伯母
  • 叔父・叔母の配偶者…義叔父・義叔母

という使い方をします。

 

『伯』を使うか『叔』を使うか、忘れてしまいそうですが、

「『伯』は『伯爵』の『伯』だから(位が)上」

と覚えると、覚えやすいでしょう。

 

さらに『小父さん』『小母さん』という言葉もあります。

これは、

親族以外の年上の人

に対して使う言葉です。

 

このように、話し言葉だと同じ『おじさん』『おばさん』でも、漢字で書くと違って、それぞれに使い方があるのです。

日本語は、人との関係を表す言葉が豊かなんですね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.