違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

野球道具

スポーツの違い

ソフトボールと野球の違いをわかりやすく解説!ルールをチェック!

投稿日:

野球の観戦に慣れている人が、ソフトボールの試合を観戦すると、そのルールに戸惑うことでしょう。

 

ソフトボールと野球は、試合に出場する人数やルール、道具、球場やユニフォームまで、そっくりですよね。

しかし、それぞれを詳しく見ていくと、たくさんの違いがあるのです。

 

そこで今回は、ソフトボールと野球の違いについて解説していきます。

スポーツ観戦では、違いを理解して観戦することで、試合をより楽しく感じることできますので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ソフトボールと野球のボールの違い

ソフトボール

ソフトボールで使用されるボールは野球ボールより一回り大きい。

ソフトボールと野球の違いについて考えたとき、

使われるボールの大きさが違うこと

に、まずは気がつくのではないでしょうか。

この結論としては、

ソフトボールのほうが大きくて重いボール

を使用しています。

ソフトボールと野球は、使用するボールについて、ルールで決められていますので、それぞれ確認していきましょう。

ソフトボールで使われるボール

ソフトボールの試合で使われるボールには、

重さ:6.5~7オンス(177.5g~198.8g)

ボールの周りの長さ:12インチ(30.2cm~30.8cm)

と決められています。

また、プロでは革製のボールが使われていますが、

学生や、ほとんどの社会人はゴム製のボールを使っています。

野球で使われるボール

プロ野球で使われるボールは、

重さ:5〜5オンス1/4(141.7g~148.8g)

ボールの周りの長さ:9〜9インチ1/4(22.9cm~23.5cm)

と決められています。

ソフトボールと同じく、野球にも

  • 革製のボール(硬式球)
  • ゴム製のボール(軟式球)

があります。

 

ただ、野球の場合は、小学生でも革製のボール(硬式球)を使用するリトルリーグがあるなど、

革製のボール(硬式球)が、広く使われています。

プロ野球や、甲子園大会など、世間一般でよく見る野球では、革製のボール(硬式球)を使用していますね。

 

また、ゴム製のボール(軟式球)には、大きさが主に3段階あります。

多くの少年野球では、

手の小さい子供でも、しっかりと握って投げられるように

小さいボールを使用しています。

 

ソフトボールと野球の球場の違い

野球場

野球場。ホームベースからはセンターのフェンスが最も遠い。

ソフトボールのほうが、ボールが大きく重いので、野球と比べて、打球を飛ばせる距離も短くなります。

野球と同じ広さの球場でソフトボールをすると、ホームランが出ることは、まずありません。

そのため、

ソフトボールでは野球よりも狭い球場

を使っています。

また、ピッチャーからホームベースまでの距離や、塁と塁の間の距離もソフトボールと野球では違います。

これもルールで決められていますので、それぞれ確認していきましょう。

ソフトボールと野球の球場の広さの違い

ルールでは、

ホームベースから外野のフェンスまでの距離

が決められています。

 

ソフトボールは

男子が76.20m以上、女子が67.06m以上

と決められています。

 

一方の野球では、

76.199m以上が必須で、97.534m以上が望ましい

というルールになっています。

 

また、ほとんどの野球場は、センターのフェンスが最も遠く、両翼のフェンスが最も近い扇型をしていますが、

ソフトボールではホームベースからフェンスまでの距離は、どの部分でも同じ

となってることも、大きな違いです。

ソフトボールと野球のピッチャーとホームベースの距離の違い

ソフトボールは、ピッチャーが投げる位置とホームベースまでの距離が

男子が14.02m、女子が13.11m

と決まっています。

野球では

18.44m

となっていますので、ソフトボールのほうが、かなり距離が近いですね。

これだけ距離が近いと、

野球のような速球を投げられたら、バッターはまず打てません。

しかし、ソフトボールのピッチャーは、下手投げで投げなければいけないため、野球のように時速150kmを超えるボールを投げることもできないのです。

そのため、ピッチャーとの距離が近くても、バッターがボールを打ち返せます。

ソフトボールと野球の塁間の距離の違い

ソフトボールと野球では、球場の広さやピッチャーとホームベースの距離が違うので、塁と塁の距離(塁間)も、やはり違います。

塁間の距離はソフトボールが

18.29m

野球では

27.431m

です。

似ているように見えて、

実は10m近くも違うんですね。

 

ソフトボールと野球の試合ルールの違い

ここからは、試合をするうえでの大切なルールの違いについて、紹介していきます。

ボールや球場も違いますので、試合のルールでも、大きな違いがあります。

ソフトボールと野球のイニング数の違い

プロのソフトボールでは、1試合が

7イニング

で行われます。

一方野球は

9イニング

ですので、ソフトボールのほうが試合が短いですね。

なお、どちらも同点の場合には、終了イニング数が延長されます。

ソフトボールと野球の出場方法の違い

基本的には、どちらも同時に試合に出場できる人数は、9人となっています。

しかし、プロのソフトボールでは

  • 打撃専門(DP)の選手
  • 守備専門(FP)の選手

が、それぞれ出場できます。

その影響で最大で10人の選手が、同時に試合に出場することができます。

 

またプロ野球のパリーグでは、守備専門はありませんが、

打撃専門(DH)の選手

が、試合に出場できます(これをDH制と呼びます)。

野球でも、最大10人の選手が同時に試合に出場することができます。

 

なお、セリーグにはDH制がありません。

ただ、パリーグのチームと試合をする際、その試合の主催者がパリーグの球団だった場合には、DH制を利用できます。

ソフトボールと野球の走塁の違い

プロ野球を見ていると、試合中にランナーが塁を離れている(リードしている)姿が目に映りますよね。

これは、打球に反応して少しでも速く次の塁に到達するための行為ですが、実は

ソフトボールでは、ランナーがリードすることは禁止

されています。

ソフトボールのルールでは、

ピッチャーがボールを投げるまで塁を離れてはいけない

となっているのです。

そのため、ソフトボールでは野球のように、盗塁することはできません。

塁間の距離が近いソフトボールですが、ルールによって簡単には、次の塁に進めないようになっているんですね。

スポンサーリンク

おわりに

実は、ソフトボールは、

冬に野球の練習をするため

に生まれたスポーツです。

当時は、室内でもできることから

"インドア・ベースボール"

とも呼ばれていたのです。

しかしその後、ソフトボールは野球とは別のスポーツとして、独自のルールが発展していきました。

2020年の東京オリンピックでは、2008年の北京オリンピック以来、3大会ぶりにソフトボールと野球が実施されます。

どちらの種目も、日本が金メダル候補です。

違いを理解して楽しく応援してみてくださいね。

関連記事

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.