違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

LANケーブル

ITの違い

ドメインのIPとアドレスの違いをわかりやすく解説!仕組みをチェック

投稿日:

Internet ExplorerやFirefoxなどのブラウザを使ってサイトにアクセスする時には、必ず『ドメイン名(アドレス)』を指定します。

はなこ
会社でWebサーバを立ち上げて、専用のホームページを作ったの。

『ドメイン名』というものを登録したんだけど、『IPアドレス』というのも必要だったのよね。

あれってなにが違うのかしら?

どちらもコンピュータを特定するために必要なんだよ。

でも、違いについてはよくわからないな。

たろう

 

今回は、『ドメイン名』と『IPアドレス』の仕組みについて調べ、その違いを解説します。

スポンサーリンク

『ドメイン名』と『IPアドレス』の仕組み

誰かの家を訪ねたり、手紙を送ったりするとき、相手先の家の住所が必要になりますよね。

また、電話をかけたい場合は相手先の電話番号が必要になります。

それと同じで、インターネットの世界でも、相手先にアクセスするために住所や電話番号にあたる識別子が必要です。

その識別子には、『ドメイン名』と『IPアドレス』が利用されます。

『ドメイン名』とは?

『ICANN』によって管理された、ネットワーク上につながるコンピュータに個々に付けられ、識別するための名称

のことです。

例えば、

www.hogehoge.co.jp

というような『ドメイン名』が付けられます。

 

『ドメイン名』は複数の『ラベル』で構成されています。

例に挙げた『ドメイン名』では、www、hogehoge、co、jpがそれぞれ『ラベル』にあたります。

一番右側にあるラベル(例ではjp)を『トップレベルドメイン』といいます。

以下、右から左へと『第2レベルドメイン』『第3レベルドメイン』と呼んでいくのです。

 

『トップレベルドメイン』から順にたどることで、対象のコンピュータが、どのようなものかを表します。

例の場合、jp(日本)、co(会社)、hogehoge(社名)、www(Webサーバ)という具合に、日本のhogehogeという会社のWebサーバということが分かるようになっています。

 

『IPアドレス』とは?

『インターネット・プロトコル(IP)』による通信を行う際に、送信元や送信先を識別するための番号

のことです。

『インターネット・プロトコル(IP)』とは通信規格のひとつであり、例えばWebでのアクセスやメールの送受信など、幅広く利用されています。

通信を行うためには、相手先がどのコンピュータなのかを指定する必要がありますよね。

その識別子として使われているのが『IPアドレス』です。

『IPアドレス』は、個々のコンピュータに対して重複することなく割り当てられた番号です。

よって、この番号を管理している団体があり、それを『インターネット・レジストリ』といいます。

 

はなこ
『ドメイン名』がわかれば、それがどんなコンピュータなのか分かる仕組みになっているのね。
でも、『ドメイン名』も『IPアドレス』もコンピュータを識別するための仕組みなんだよね。

どうして2つも必要になるんだろう?

たろう

 

『ドメイン名』と『IPアドレス』の違い

HUB

HUB

『ドメイン名』も『IPアドレス』も同じ、コンピュータを識別するためのものです。

では、両者の違いはいったい何でしょうか?

 

そもそも、

『インターネット・プロトコル(IP)』で相手先を見つけるために使われる識別子は『IPアドレス』です。

『ドメイン名』が『インターネット・プロトコル(IP)』の中で使われることはありません。

つまり、

『IPアドレス』さえあれば、相手先との通信は可能

なのです。

しかし、現在利用されている『IPアドレス』は4バイトの番号です。

その番号だけで、対象のコンピュータが、どの国にあるどんな団体の何のサーバなのかを特定することはできません。

そのため、

人間にも分かりやすいように付けられた名前が『ドメイン名』なのです。

 

はなこ
なるほど、『IPアドレス』では人間が見ても何のコンピュータなのか分からないから、『ドメイン名』という別の名前を持たせているのね。
『IPアドレス』はコンピュータが相手を特定するため、『ドメイン名』は人間が相手を特定するためのものであるということだね。
たろう
はなこ
でも、ブラウザ上で『ドメイン名』を指定しても、『IPアドレス』に変換して相手先に送らなきゃならないのよね。

どうやって変換しているのかしら?

 

『ドメイン名』と『IPアドレス』の相互変換には『DNS(Domain Name System)』という仕組みが使われています。

インターネットの世界には『DNSサーバ』という、『ドメイン名』と『IPアドレス』の変換表を持ったサーバがあります。

『ドメイン名』が渡されると、まずは『DNSサーバ』へその『ドメイン名』を送ります。

『DNSサーバ』は、送られてきた『ドメイン名』を変換表の中から探し、割り当てられた『IPアドレス』を返すわけです。

 

はなこ
『DNSサーバ』は、全ての『ドメイン名』と『IPアドレス』を管理しているということね。
でも、世界中にはたくさんのコンピュータがあるんだよ。

その変換表をすべて持つなんてできるのかな?

たろう

 

『DNSサーバ』は1台だけではありません。

それぞれの『DNSサーバ』は、ある領域のコンピュータだけを対象に変換表を持っています。

そのため、『DNSサーバ』には、他の『DNSサーバ』に関する情報も持っています。

目的の『ドメイン名』を持っている『DNSサーバ』へと順番にたどっていくことで、『IPアドレス』を得ることができるようになっています。

 

はなこ
『DNSサーバ』には管理する範囲が決まっているということね。
『DNSサーバ』が停止すると、『IPアドレス』を取得することができなくなるから通信も不可能になってしまうんだ。

だから、重要な『DNSサーバ』はバックアップ機も用意されているらしいよ。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ドメイン名』も『IPアドレス』も、ネットワーク上につながるコンピュータに個々に付けられる識別子を意味する。
  • 『ドメイン名』は、人間に分かりやすいように付けられた具体的な名称のことである。
  • 『IPアドレス』は、コンピュータが通信を行う時に使われる識別子のことである。
  • 『ドメイン名』と『IPアドレス』の関連付けは、『DNS』と呼ばれる仕組みによって行われる。

『ドメイン名』も『IPアドレス』も、ネットワーク通信を行う上で非常に重要なものです。

その違いについて、しっかり理解するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.