違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

LANケーブル

ITの違い

固定IPとグローバルIPの違いをわかりやすく解説!メリットをチェック

投稿日:

インターネットを利用する時に、欠かせないのが『IPアドレス』です。

 

はなこ
家で使っているパソコンをインターネットにつなぐ時に、『IPアドレス』を設定しなければならなかったの。
『固定IP』ということだね。
たろう
はなこ
いや、『グローバルIP』だと聞いたんだけど。
『グローバルIP』?

『固定IP』とは違うものなの?

たろう

 

今回は、『固定IP』と『グローバルIP』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『固定IP』と『グローバルIP』の違い

そもそも、『IPアドレス』とは何でしょうか?

コンピュータをネットワークに接続したとき、そのコンピュータが誰なのかを識別するための識別子が必要になります。

その識別子のことを『IPアドレス』といいます。

電話で言えば、電話網がネットワークで、

電話番号が『IPアドレス』のようなもの

と考えれば分かりやすいでしょう。

 

『固定IP』とは?

コンピュータに常に同じ『IPアドレス』が割り振られている状態

のことを意味します。

つまり、あらかじめ手動で設定された『IPアドレス』のことを『固定IP』というのです。

その逆もあって、『動的IP』といいます。

『動的IP』では、ネットワークにコンピュータが接続された時に自動的に振り分けられる『IPアドレス』のことを指します。

接続のたびに毎回変わる可能性があるので『動的IP』というのです。

この、『IPアドレス』を自動的に割り当てる仕組みのことを

『DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)』

といいます。

『グローバルIP』とは?

世界中で一意に割り当てられた『IPアドレス』

のことを表します。

つまり、『グローバルIP』は、

世界にひとつしかない『IPアドレス』

なのです。

その逆は『プライベートIP(ローカルIP)』といいます。

『プライベートIP(ローカルIP)』は、複数のコンピュータが同じ『IPアドレス』を持つことが許されているということになります。

 

はなこ
『固定IP』と『グローバルIP』は意味が異なるのね。

『グローバルIP』であっても『固定IP』であるとは限らないということね。

でも、『IPアドレス』は相手先を特定するために使われるんだよね。

『固定IP』でなければその相手先が毎回変わることになるし、『グローバルIP』でないということは誰と通信すればいいか分からなくなるんじゃない?

たろう

 

『プライベートIP』は、次のような『IPアドレス』のことをいいます。

『プライベートIP』

クラスA 10.0.0.0~10.255.255.255
クラスB 172.16.0.0~172.31.255.255
クラスC 192.168.0.0~192.168.255.255

『IPアドレス』の中には、『ネットワーク・アドレス』と『ホスト・アドレス』の2つの部分に分けられます。

例えば、クラスAにあたる 10.1.1.1 の場合は、最初の 10 が『ネットワーク・アドレス』を、後ろの 1.1.1 が『ホスト・アドレス』を表しています。

『ネットワーク・アドレス』は、どのネットワークに属しているかを表す部分です。

同じネットワーク内にいるコンピュータは、全て等しい番号を持っています。

『ホスト・アドレス』は、コンピュータ一台ずつに異なる番号が割り当てられています。

インターネットは、ネットワーク同士が、つながって構成されています。

それぞれのネットワークは『ルーター』という特別な機器でつながっています。

個々のネットワークは異なる『ネットワーク・アドレス』を持っていて、各ネットワーク上にあるコンピュータは、等しい『ネットワーク・アドレス』を持っていることになります。

そのネットワークの中に、『グローバルIP』で構成されたものと『プライベートIP』で構成されたものが混在するわけです。

 

『グローバルIP』で構成されたネットワーク上のコンピュータは、世界中でただ一つの『IPアドレス』を持っていることになります。

しかし、『プライベートIP』で構成されたネットワーク上のコンピュータは、他のネットワーク上にも同じ『IPアドレス』が重複していることになります。

そのネットワークにある『ルーター』さえ『グローバルIP』を持っていれば、ネットワークが『グローバルIP』でも『プライベートIP』でも関係なくインターネットにつながることができます。

 

しかし、『プライベートIP』ではできないことがあります。

それは、他のネットワーク上にあるコンピュータから問い合わせを受けることができないのです。

『プライベートIP』は、複数存在するわけですから、問い合わせを受けることができないのは当然ですね。

つまり、自分から発信することしかできないわけです。

そのため、Webサーバやメールサーバのような、外部のネットワークが利用するためのサーバに『プライベートIP』を使うことはできません。

同様の理由で、サーバに『動的IP』を使うこともできません。

毎回、問い合わせ先が変わってしまっては、発信するほうが困ってしまいますよね。

 

はなこ
なんとなくわかったわ。

自由に使っていいのが『プライベートIP』で、決められた番号を付けなければいけないのが『グローバルIP』ね。

コンピュータが固定で持っているから『固定IP』で、毎回変わる場合は『動的IP』ということか。
たろう

 

『固定IP』と『グローバルIP』のメリット

LANケーブル

LANケーブル

『グローバルIP』は、勝手に使うことができません。

プロバイダと契約するとき、『グローバルIP』がオプションとして用意されている場合があります。

では、『グローバルIP』や『固定IP』を利用するメリットは何でしょうか?

 

『固定IP』『グローバルIP』のメリット

  • 外部からアクセス可能なコンピュータを立ち上げることができる。
  • 問い合わせ先が毎回変わる心配がない。

サーバを立ち上げたい場合は、『グローバルIP』の取得は必須になります。

また、その問い合わせ先が常に同じであるようにしたければ、『固定IP』を導入する必要があります。

例えば、外出先から自分のパソコンへ自由にアクセスするようなことが実現できるようになります。

 

もちろん、デメリットもあります。

『固定IP』『グローバルIP』のデメリット

  • 『IPアドレス』の取得のためにお金がかかる。
  • 外部からの不正なアクセスを受ける場合がある。

通常、『IPアドレス』の取得はオプションで、料金が別になっています。

また、『グローバルIP』を持つということは、

外部からアクセスができること

になるので、当然、不正なアクセスを受ける危険性も発生します。

不正なアクセスに対応する知識がなければ、『グローバルIP』を利用することはおすすめできません。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『固定IP』は、コンピュータにあらかじめ割り当てられた『IPアドレス』のことである。
  • 『グローバルIP』は、世界中でただ一台だけに割り当てられる一意な『IPアドレス』のことである。
  • 『グローバルIP』を取得することで、外からアクセスできるサーバを立ち上げることができるが、不正なアクセスを受ける危険もある。

もし、『グローバルIP』を取得することを検討している場合は、

不正な攻撃を受ける可能性がある

ことを、きちんと理解するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.