違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

タイピング

ITの違い

WPSとMicrosoftOfficeの違いをわかりやすく解説!機能をチェック!

投稿日:

オフィス業務に欠かせないオフィス・スイート。

ワープロや表計算ソフト、プレゼンテーション資料作成などのソフトウェアがパッケージになったものを指します。

 

はなこ
会社で『Microsoft Office』を使っているんだけど、あれって結構高いでしょ。

家でも使いたいと思っているんだけど、買おうかどうか迷っているの。

それなら、互換性のある他の製品を探すといいよ。

『WPS Office』なんてどうかな?

たろう
はなこ
へえ、そんなのがあるの?

ちょっと調べてみようかな。

 

今回は、『WPS Office』と『Microsoft Office』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『WPS Office』と『Microsoft Office』の機能の違い

討論・議論・ディスカッション・ディベート チョイスする

まずは、『WPS Office』と『Microsoft Office』それぞれの機能について調べてみましょう。

『Microsoft Office』とは?

『Microsoft Office』は有名なので、知っている人も多いのではないでしょうか。

Microsoft社が販売しているオフィス・スイートで、次のようなソフトウェアがセットになっています。

『Microsoft Office』のアプリケーション

Word ワープロ・ソフト
Excel 表計算ソフト
PowerPoint プレゼンテーション資料作成ソフト
Outlook メール・クライアント
Access データベース・ソフト

現在、販売されている製品は、『Office 365』と言って、

  • 利用1年ごとに更新して料金を支払う年間契約
  • 『Office 2019』として1製品を購入する永続ライセンス

の2つのライセンス形態を持っています。

『Word』はワープロ・ソフトであり、ドキュメントを作成する用途で利用されるソフトです。

『Excel』は表計算ソフトであり、その名の通り表を作成したり、グラフを描画することができるソフトです。

『PowerPoint』はプレゼンテーション資料を作成するためのソフトです。

『Outlook』はメール・クライアントで、メールの送受信や閲覧などが可能になります。

『Access』はデータベース・ソフトであり、表の作成や更新、削除、閲覧などを行うことができます。

 

『WPS Office』とは?

中国のソフトウェア会社KINGSOFT社が開発したオフィス・スイートで、次のようなソフトウェアがセットになっています。

『WPS Office』のアプリケーション

Writer ワープロ・ソフト
Spreadsheets 表計算ソフト
Presentation プレゼンテーション資料作成ソフト

操作性は『Microsoft Office』に合わせており、ファイルの互換性もあります。

しかし、『Microsoft Office』の完全なコピー版というわけではありません。

あまり利用されないと思われる機能については、省いていたりすることがあります。

また逆に、『Microsoft Office』にはない、オリジナルの機能が付いている場合もあります。

 

『WPS Office』と『Microsoft Office』の機能面での違いをまとめると、次のようになります。

『WPS Office』と『Microsoft Office』の機能面での違い

  • 『WPS Office』には、メール・クライアントとデータベース・ソフトがない。
  • 『WPS Office』は、使えるフォントが少ない。
  • 『WPS Office』には、印刷のプレビュー機能がない。

『WPS Office』には、メール・クライアントとデータベース・ソフトがありません。

しかし、メール・クライアントには、無償のソフトウェアとしてThunderbirdなどの代替品があるので、それほど困ることはないでしょう。

また、データベースを構築したいような場合も、PostgreSQLやMySQLなどの本格的なソフトウェアが無償で利用できます。

 

WPS Officeに使えるフォントが少ない

のは、見栄えを重視する人にとっては、気になるところでしょう。

例えば、『メイリオ』や『MSゴシック』などは『WPS Office』では利用できません。

 

印刷を多用する人には、プレビュー機能がないのは致命的な問題になります。

通常は、プレビュー機能を使って印刷時の状態を確認することが多いです。

特に表計算ソフトで確認ができないのは、困る場合が多いでしょう。

 

はなこ
こうやって見ると、『Microsoft Office』の方が機能としては豊富なようね。
他にも、マクロ機能が完全に互換性があるわけじゃないみたいだね。
たろう
はなこ
なに、マクロ機能って?
表やグラフを自動的に作成したりできる機能のことだよ。

プログラミングの知識があれば、かなり高度なこともできるんだ。

たろう
はなこ
そういった機能を使うコアなユーザには『Microsoft Office』の方がいいということね。

 

『WPS Office』には利点がないように見えますが、ちゃんとしたメリットもあります。

まずは、

価格が安いこと

です。

『Microsoft Office』の場合、製品を永続ライセンスとして購入するのであれば、4万円近くかかります。

しかし、『WPS Office』なら、

最も高いものでも1万円ちょっと

で購入することができます。

また、

動作が軽いこと

も特徴のひとつです。

『Microsoft Office』は、

多機能なために動作が重い

という問題を持っています。

非力なPCでオフィス・スイートを利用したい場合は、『WPS Office』のほうがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『WPS Office』は、『Microsoft Office』と互換性があり、安価に購入できるオフィス・スイートである。
  • 『WPS Office』には、メール・クライアントとデータベース・ソフトは含まれていない。
  • 『WPS Office』には、使えるフォントが少なく、印刷プレビュー機能がないなどのデメリットがある。

手軽にワープロや表計算ソフト、プレゼンテーション資料作成などを行いたい場合、『WPS Office』は良い選択肢のひとつになります。

オフィス・スイートを購入しようと考えている人は、一度検討してみることをおすすめします。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.