違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

コーヒーのフィルターの違いと使い方をわかりやすく解説!

更新日:

コーヒーは、使うフィルターによって味が変わります。

『道具を揃え、入れ方にも気を遣っているのに、何かが足りない…』

という人。

実は、フィルターが、自分の好みと合っていないのかもしれません。

 

せっかく飲むのですから、コーヒーを美味しく飲みたいですね。

素材も形も違えば、使い方だって違うはず。

コーヒーフィルターの違い、知っていますか?

 

この記事では、

  • コーヒーのフィルターの種類
  • フィルターによる味の違い
  • フィルターの使い方の違い

について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

代表的なコーヒーフィルター3つ

紙のフィルター

コーヒーフィルターの定番は、

ペーパーフィルター』

です。

ペーパーフィルターの形はおもに、

  • 台形
  • 円錐型
  • バスケット型

の3種類があり、手持ちのドリッパーに合った形を使います。

 

ペーパーフィルターの色は、

  • 白(漂白済み)
  • 薄茶色(未漂白)

の2種類があります。

色の違いは、コーヒーの味や香りに、ほとんど影響しません。

どうしても気になる人は、後で解説する『湯通し』をすれば、問題ないでしょう。

布のフィルター

布のフィルターは、

ネルフィルター

と呼ばれます。

起毛のコットン生地フランネルを、袋状に縫ったものです。

取っ手を通して使うので、ドリッパーを兼ねることもできます。

もちろん、専用ドリッパーを使うものもあります。

 

フランネルは、シャツの素材として有名ですね。

着つぶしたシャツで、フィルターを自作する人

も、いるそうですよ。

金属のフィルター

金属のフィルターでよく見かけるのは、

  • ステンレス
  • 純金メッキ

の2種類です。

形は、

  • 台形
  • 円錐形

の2種類があります。

そして、ネルフィルターと同じく

  • ドリッパーが必要なもの
  • 単体で使えるもの

に分けられます。

 

フィルターによるコーヒーの味の違い

ペーパーフィルターの味:すっきり

ペーパーフィルターを使うと、

すっきり

した味わいのコーヒーになります。

コーヒーの油分や雑味が、紙の繊維に吸収されるためです。

 

重要なポイントとして、

フィルターは、ドリッパーの形に合ったものを使ってください

ドリッパーの形によって、注ぐお湯の流れが変わるからです。

お湯の流れによって、さらに味の違いが生まれます。

バスケット型:

お湯は均一に流れる⇒均等にコーヒーとなじむ。

テクニックいらずの初心者向き。

台形:

お湯は対流する⇒コーヒー豆の濃さが出やすい。

初心者・中級者向き。

円錐形:

お湯は中心に向かって流れ落ちる⇒お湯を注ぐスピードで味と濃さを調節できる。

上級者向き。

ペーパーフィルターで入れるコーヒーは、飲みやすい味です。

ただし、酸味の強い豆にペーパーフィルターを使うと

『より酸味が増す』

とも言われるので、注意してくださいね。

ネルフィルターの味:マイルドでくっきり

ネルフィルターで入れるコーヒーの味は

マイルドでくっきり

しています。

 

布は紙よりも油分を通すため、口当たりはとても滑らか。

マイルドな風味になります。

しかし、コーヒーの細かい粉は、ネルがしっかりキャッチします。

雑味が漉し取られるので、コーヒーの味がくっきり浮かびます。

 

ネルフィルターでコーヒーを入れるには、テクニックが必要です。

その分、自由がきき、好みの味をあれこれ追求できます。

コーヒー通の人に向いているかもしれませんね。

金属フィルターの味:コーヒーそのもの

金属フィルターは、ペーパーやネルほど目が細かくありません。

コーヒーが持つエッセンスが、そのまま抽出されます。

そのため、風味の強い、コーヒーそのものの味になります。

 

深煎り豆を使う場合は、味が濃すぎて重いと感じる人もいます。

細かな粉が一緒に入ってしまうので、ザラっとした舌触りに。

コーヒー本来のガツンとした味を楽しみたい人には、金属フィルターはピッタリです。

 

金属フィルタ―の入れ方は、それほど複雑ではありません。

出来あがりの味は、通好みと言えます。

 

コーヒーフィルターの使い方

ペーパーフィルター:エコではないがお手軽

ペーパーフィルターの使い方は、とても簡単です。

ドリッパーにかぶせるようにしたら、お湯を注いで全体を湿らせます。

これを湯通しと言います。

 

薄茶色のフィルターは未漂白のため、中には、

紙臭さが気になる

という人もいます。

そもそも紙は匂いを吸収しやすく、フィルターの保管場所によっては、匂いがうつってしまいます。

そこで、湯通しをすることで、紙フィルターに付着した匂いをすすぎます。

 

コーヒーが入れ終わったら、水分が抜けるのを待って、ゴミ箱へポイ!

片付けは、とても楽ですね。

エコではありませんが、

とにかくお手軽

であることがペーパーフィルターです。

ネルフィルター:エコだけどお手入れ必須

ネルフィルターは、繰り返し使えるので、かなりのエコです。

そのかわり、お手入れには手間がかかります。

 

新品のネルフィルターは、コーヒー液を足したお湯で、20分ほど煮てから使います。

コーヒー豆の出がらしを入れたお湯でも構いません。

こうすると、糊や細かな汚れが落ち、コーヒーが馴染みやすくなります。

 

使い終わったら、普通のお湯で煮て、匂いや油分を落とします。

その後、水を張った蓋つき容器に入れて、冷蔵庫で保管します。

水は、毎日交換しましょう。

 

ネルフィルターには、

絶対にしてはいけないこと

が2つあります。

  1. 洗剤で洗ってはダメ!洗剤の匂いがうつってしまいます。
  2. 乾燥させてはダメ!布に残った油分が酸化し、次に入れるコーヒーの味や香りが台無しになります。

 

ネルフィルターはかなりエコですが、永遠に使えるわけではありません。

布の繊維が、だんだん目詰まりしてくるからです。

コーヒー液がスムーズに流れなくなったと思ったら、交換時期です。

 

金属フィルター:最もエコだが目詰まり注意

何度でも洗って使えるのが、金属フィルターのいいところ。

ステンレス製なら洗っても錆びないので、衛生的です。

お値段は高めですが、繰り返し使えるため、経済的ですし、一番のエコですね。

 

ただし、

ステンレスの網目に、コーヒーの細かい粉が詰まること

があります。

使い終わったら、早めにコーヒーかすを払い、洗剤できれいに洗ってください。

最後は、流水でよくすすいでおいてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーは、どのタイプのフィルターを使うかによって味が変化します。

ペーパーフィルター:すっきり

ネルフィルター:マイルドでくっきり

金属フィルター:コーヒーそのものの味

ペーパーフィルターの場合は、

ドリッパーの形に合ったものを選ぶこと

が大切です。

バスケット型:テクニックいらず、万人向けの味

台形:濃さが出やすい

円錐型:味も濃さも調整可能

 

そして、それぞれのフィルターには、使い方の注意点があります。

ペーパーフィルター:お手軽

ネルフィルター:ていねいなお手入れが必須

金属フィルター:目詰まりに注意

 

相手の好みに合わせて、フィルターを変えるもよし。

自分のこだわりに合わせて、フィルターを変えるもよし。

フィルターひとつとっても、コーヒーの楽しみ方は奥深いものですよ。



自宅でコスパ最強のコーヒー

を飲むなら、ネスカフェをオススメします。

コーヒーマシンが無料【ネスレ日本公式】

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.