違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

源泉徴収票

ITの違い

MicrosoftOffice2016とOffice2019の機能と違いをわかりやすく解説!

Microsoft Officeの現在の最新版は『Microsoft Office 2019』です。

 

はなこ
家にあるパソコンに『Microsoft Office』を導入しようと思っているの。

最新バージョンは『Microsoft Office 2019』だけど、前バージョンの『Microsoft Office 2016』も売られているわよね。

どちらを選んだらいいのかな?

そりゃあ、最新バージョンの『Microsoft Office 2019』の方がいいに決まっているよ。
たろう
はなこ
でも、『Microsoft Office 2016』の方が安く売られてたりしていたら、そちらの方が得よね。

 

今回は、『Microsoft Office 2016』と『Microsoft Office 2019』について、機能などの違いを解説します。

スポンサーリンク

『Microsoft Office』の機能

まずは、『Microsoft Office』の機能について見ていきましょう。

『Microsoft Office』は、Microsoft社が販売しているオフィス・スイートで、次のようなソフトウェアがセットになっています。

『Microsoft Office』のアプリケーション

Word ワープロ・ソフト
Excel 表計算ソフト
PowerPoint プレゼンテーション資料作成ソフト
Outlook メール・クライアント
Access データベース・ソフト

『Word』は、文書を作成するためのワープロ・ソフトです。

『Excel』は、表やグラフを作成するのに便利な表計算ソフトです。

『PowerPoint』は、プレゼンテーション用の資料作成に便利なソフトです。

『Outlook』は、メールの送受信や閲覧などができるメール・クライアントです。

『Access』は、表の作成や更新、閲覧などができるデータベース・ソフトです。

オフィスでよく使われるソフトウェアを集めた製品が『Microsoft Office』だということですね。

 

『Microsoft Office 2016』と『Microsoft Office 2019』の違い

タイピング

では、『Microsoft Office 2016』と『Microsoft Office 2019』の違いには、どのような点があるのでしょうか。

サポート期間

『Microsoft Office 2016』は、2015/09/22に発売され、その後10年間はサポート期間があります。

そのうち、最初の5年間は『メインストリーム・サポート』として機能改善などを含めたアップデートが行われます。

しかし、後の5年間は『延長サポート』としてセキュリティ・パッチのみが提供されます。

 

それに対して、『Microsoft Office 2019』は、2018/09/24に発売され、その後7年間のサポート期間となっています。

最初の5年間は『メインストリーム・サポート』ですが、『延長サポート』は2年間しかありません。

なので、サポート期間が終了するのは『Microsoft Office 2016』も『Microsoft Office 2019』も同じ

2025/10/14まで

となっています。

『Microsoft Office』のサポート期間

バージョン サポート開始日 メインストリーム・サポート
終了日
延長サポート
終了日
Microsoft Office 2016 2015/09/22 2020/10/13 2025/10/14
Microsoft Office 2019 2018/09/24 2023/10/10 2025/10/14

 

対応OS

『Microsoft Office 2016』は、Windows10の他、旧バージョンのWindows7やWindows8にも対応しています。

しかし、『Microsoft Office 2019』は、Windows10しかサポートしていません。

旧バージョンのWindows7やWindows8では利用ができないわけです。

『Microsoft Officeの対応OS』

バージョン 対応OS
Microsoft Office 2016 Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10
Microsoft Office 2019 Windows10

 

新しい機能

『Microsoft Office 2019』では、新しい機能が追加されています。

例えば、『Excel』では新しい関数やグラフが新たに追加されました。

また、『Word』では数式にLaTeX構文を利用することができます。

LaTeXは、数式を記述するために幅広く用いられており、『Word』でも、その構文が利用できるようになったわけです。

その他にも、たくさんの機能が『Microsoft Office 2019』で新たに追加されています。

それらの機能を利用したい場合は、『Microsoft Office 2019』のほうがおすすめです。

 

価格

気になる価格ですが、『Microsoft Office 2016』と『Microsoft Office 2019』では、

価格は全く同じです。

『Microsoft Office』の価格

バージョン Office 2016 Office 2019
Office Personal 32,184円 32,184円
Office Home & Business 37,584円 37,584円
Office Professional 64,584円 64,584円

 

はなこ
価格もサポート終了日も同じなら、『Microsoft Office 2019』の方がお得なような気がするわね。
そうだね、機能もいろいろと追加されているみたいだしね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『Microsoft Office 2016』と『Microsoft Office 2019』では、サポート終了日は同じである。
  • 『Microsoft Office 2016』は、旧バージョンのOSにも対応しているが、『Microsoft Office 2019』はWindows10のみに対応している。
  • 『Microsoft Office 2016』と『Microsoft Office 2019』で価格に差はない。
  • 『Microsoft Office 2016』に比べて『Microsoft Office 2019』のほうが新しい機能が追加されている。

サポート期間や価格などを見ると、『Microsoft Office 2016』を買うメリットはそれほどありません。

OSがWindows10であれば、『Microsoft Office 2019』を購入することをおすすめします。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.